マニラ空港 非公式ガイド(ニノイ・アキノ国際空港)

マニラ空港 非公式ガイド トラベルハック
スポンサーリンク

ニノイ・アキノ国際空港(NAIA)、通称マニラ空港は、2011年〜2013年までSleeping Airportsで「世界最悪空港のワースト1位」になりました。現在は、各ターミナルの改良工事が進み評判は改善されています。この空港についてまとめます。

ニノイ・アキノ国際空港(マニラ空港)について

ニノイ・アキノ国際空港(ニノイ・アキノこくさいくうこう、英語: Ninoy Aquino International Airport、略称: NAIA ナイア)は、フィリピンのマニラ首都圏内のパサイ市とパラニャーケ市の境界上にある国際空港である。フィリピン航空およびセブパシフィック航空のハブ空港になっている。

wikipedia: ニノイ・アキノ国際空港

かつては世界最悪空港ワースト1位

これは有名な話です。マニラ空港は、2011年〜2013年まで “Sleeping Airports” で「世界最悪空港のワースト1位」になりました。

2011年、それは私が初めてフィリピンに降り立った年。混沌とした雰囲気、溢れんばかりの人、日本人を見るとやたら声をかけてくる多くの空港職員に困惑したのを覚えています。

いまでは、比較的新しいターミナル3の積極利用が推進され、旧ターミナルの改装工事も徐々にですが進んで、2015年はアジアで8番目に悪い空港まで改善、2017年ではベストにもワーストにも名を連ねないという半端な結果になっていますw

乗り継ぎしづらいターミナル構成

LIVE IN THE PHILIPPINES WEB MAGAZINE

パサイ、パラニャーケにまたがる位置、ビジネス都市マカティにも近距離という好条件の場所にある空港ですが、各ターミナル間は離れており、トランジット(乗り継ぎ)がしづらいです。徒歩で移動できる距離ではないので、何らかの交通機関を使う必要があります。

航空会社

各ターミナルで運行している航空会社は、こちらの一覧 をご覧ください。

各ターミナル間の移動

各ターミナル間(Terminal 1,2,3,4)は、15分おきに24時間運行の無料シャトルバスで移動できます。

15分おき…一応、公式HPからの情報を記載していますが、そこはフィリピン。信用しないでください。動いていればいいや的に受け取って、時間に余裕を持って利用しましょう。

マニラ空港 ガイド

マニラ空港 ターミナル1

1981年建設で、最も古いマニラ空港ターミナルです。フィリピン航空以外の多くの航空会社がこのターミナルで運行されています。(2014年に一部がターミナル3へ移動)日本からの直行便のJAL、ジェットスターは、ターミナル1を使っています。

“世界最悪の空港”と称されたのは、まさしくこのターミナルのことを指しています。老朽化した空港ビル、人の混雑、空港職員のマナーの悪さがあいまって、マニラ空港の悪いイメージを作り上げていました。

マニラ空港第1ターミナルのイミグレーション前

▲ マニラ空港ターミナル1のイミグレーションはいつも混雑します。

スポンサーリンク

空港ビル

到着階、出発階の2階層です。

  • 到着階:手荷物引渡所(baggage claim)、税関、インフォメーション・デスク、空港間乗り継ぎバス、レンタカー、遺失物係、医療局
  • 出発階:チェックイン・カウンター、VIPラウンジ、ショッピングエリア、レストラン

航空ラウンジ

出発階の保安検査場を抜けた制限エリア内に二つの航空ラウンジがあります。

  • Miascor Lounge
  • Pagstop Lounge
  • JALサクララウンジ

昨年秋にJALのサクララウンジがリニューアルしているようです。(私はANAユーザーですが)

JAL、マニラ空港ラウンジが9月新装開業 ビーフカレーも提供

マニラ空港 ターミナル2

ナショナルフラッグキャリアであるフィリピン航空専用のターミナルです。フィリピン国内、及び国際線のフライトがこのターミナルで運行されています。

ターミナルの北ウィングが国際線、南ウィングが国内線の使い分けになっています。

ANAのコードシェア便でフィリピン航空が使われることがありますが、その場合はこの空港の利用となります。
マニラ空港ターミナル2 チェックインカウンター
マニラ空港第2ターミナルのチェックインカウンター付近
▲ マニラ空港ターミナル2の出発カウンター。狭いですね、縦に長くて使いづらい空港です。チェックインカウンター、イミグレ、搭乗口とこに行っても混雑しています。

空港ビル

到着階(1F)、出発階(2F)の2階層です。

  • 到着階:手荷物引渡所(baggage claim)、税関、インフォメーション・デスク、空港間乗り継ぎバス、レンタカー、遺失物係、医療局
  • 出発階:チェックイン・カウンター

マニラ空港 ターミナル3

ターミナル3は、ターミナル1の混雑問題を解消するために建設されました。24の搭乗ゲート、140のチェックイン・カウンターにより、年間1,300万人、1時間辺り4,000人が利用できるように設計されています。

LCCのセブパシフィック航空はこのターミナルで運航されています。デルタ航空、KLM航空、ANA、エミレーツ航空、シンガポール航空、キャセイ・パシフィック航空などもこのターミナルで運航されています。

マニラ空港第3ターミナルに新しく出来たスカイブリッジ

MANILA BULLETINE

▲ ショッピングエリア、レストラン、近辺の空港ホテルなど現状でも常に拡張、工事が進んでいます。シンガポールのチャンギ国際空港に少し似ているかもしれません。2017年には、ニューポート・シティへとつながれた220mの歩道橋が出来上がりました。

マニラ空港 第3ターミナル 2Fから1Fを見た様子(出発階)

▲ 出発階の様子。多くのチェックインカウンターはセブパシフィック航空が占拠しています。

マニラ空港ターミナル3 113番ゲート(ANAはだいたいココ)

▲ ANAはターミナル3発着。ゲートはだいたいイミグレーション付近の113番です。

セブパシフィック航空にはわりとよく搭乗します。記事内で空港の様子が少しわかると思います。

空港ビル

ターミナル3のビルは4階建てになります。

  • 1F:到着階。手荷物引渡所(baggage claim)、税関、インフォメーション・デスク、空港間乗り継ぎバス、レンタカー、遺失物係、医療局
  • 2F:出発階。チェックイン・カウンター
  • 3F:搭乗口に繋がる階層です。
  • 4F:ショッピングエリア。一部の搭乗口(118-120, 131-134)はこちらの階層になります。

航空ラウンジ

出発階の保安検査場を抜けた制限エリア内に5つ空港ラウンジがあります。制限エリア外にカプセルホテルが付いているWings Transit Loungeというのもあります。

  • Pacific Club Lounge(入りました)
  • Skyview Lounge
  • PAGSS Lounge
  • Cathay Pacific Lounge
  • Silvere Chris Lounge
  • Wings Transit Lounge(制限エリア外)
スポンサーリンク

マニラ空港 ターミナル4

最も小さいターミナルでフィリピン国内線のみが運行されています。ビルも1Fだけで非常にコンパクトです。ビルから駐機場にはバスで向かいます。利用できる航空会社は、AirAsiaZest, AirSwift, SkyJet, Cebgoなど。

2018年のGWに、マニラ空港ターミナル4経由でブスアンガ(コロン)へ行きました。こちらの記事内でターミナル4について記述しています。

マニラ空港 第4ターミナル チェックインカウンター前

空港WiFi

マニラ空港内は、無料のWiFiが提供されています。到着したら、繋いで見ましょう。

両替

フィリピンペソを持っていない方は、空港で両替しましょう。市内より多少レートが悪いので、¥5,000〜¥10,000程度の両替が良いかと思います。マニラは、日本人が滞在するエリア(マラテ・エルミタ、マカティ)であれば、両替できるところはたくさんあります。

※ 日本での両替はやめておきましょう。非常にレートが悪いです。
空港で両替をするのは、移動手段(タクシー、バス等)の支払いと、到着したホテルでのデポジットで支払うことがあるからです。
フィリピンのお金についての記事を別にまとめていますのでよろしければご覧ください。
下記の記事内であれば、現在の通貨レートも確認できます。

スマートフォン用のプリペイドSIM

Smart, Globeという二つの携帯電話会社のSIMが空港内で入手可能です。両方の会社で、無料の旅行者用のSIMも提供されていますので、もらっておきましょう。

Smart, Globeについての記事を別にまとめていますので、よろしければご覧ください。

モバイルWiFiルーター貸し出し(レンタル)

残念ながら、マニラ空港ではモバイルWiFiルーターの貸し出しは行なっていません。上述のSIMフリースマートフォンを用意して、現地SIMを利用するか国内であらかじめモバイルWiFiルーターを借りておくようにしましょう。

当サイトのこちらのリンクからであれば、グローバルWiFiのモバイルWiFiルーターを5%OFFでレンタルできます。

喫煙所・喫煙場所

喫煙所の情報は別の記事にしています。ターミナル1, 3はビル内に喫煙所あり、ターミナル2, 4はビル内には喫煙所がありません。ビル外には喫煙スペースが設けられているようですが、かなり流動的に場所が変わっているようです。

マニラ空港からの移動手段

空港タクシー

目的地までの料金が固定のクーポンタクシー、日本同様にメーターを使ったイエロータクシーの2種類の空港タクシーがあります。

クーポンタクシー固定料金。イエロータクシーの2倍〜3倍程度の料金、目的地により価格が異なります。マラテやマカティで800ペソ前後だったかと思います。タクシーが行列で乗れそうにない時たまに利用しています。
イエロータクシーメーターでの従量課金。

  • 初乗り70ペソ(最初の500m含まれる)
  • 4ペソ/300m、または4ペソ/2分毎

一般タクシー

市内を走っている一般のタクシー(白いタクシー)。タクシーの中では、価格が一番安いです。ターミナルによっては、到着階に乗り入れできないので、その場合は出発階に移動する必要があります。メーターでの従量課金。

  • 初乗り40ペソ(最初の500m含まれる)
  • 13.50ペソ/km、または2ペソ/2分毎
changbeer
changbeer

実際は、この料金表通りにはなかなかいかないので相場感として把握してください。

リムジンバス(エアポートバス)

UBE Expressというリムジンバスサービスが2016年から開始されています。ターミナル1, 2, 3からマニラ主要地区へ行くことが出来ます。運賃は、通常300PHPでプロモが行われていればその半額で乗車可能です。

2018年のGWにUBE Expressを利用しました。宜しければそちらの記事もどうぞ。
出発時間はタイミングによりますが、150ペソで乗れれば、マニラ空港からの良い移動手段です。

レンタカー

いちおう、レンタルカーもあります。セルフ、またはお抱えの運転手付きで、ターミナル1, 2, 3で利用可能です。私は、マニラで車運転したくありませんw

Grab カー

配車サービスのGrabがここフィリピンで利用可能です。Uberは、2018年3月にアジアでの事業から撤退して、全事業がGrabへ引き継がれています。

Grab: https://www.grab.com/

非常に便利なサービス。タクシーとのメンドくさい交渉が不要です。Grab Payを利用すれば、小銭すら不要になります。Grabのメリットを下記の記事にまとめています。

マニラ空港第1ターミナルのGrabスタンド

▲ ここ数年で、だいたいどのターミナルにもGrabスタンドができました。Grabスタンドはスマホ不要です。係員のスマホでGrabを呼んでそれに乗り込みます。最初に代金が決まっているのでそれを払うだけ。

マニラ空港で注意しておくこと

航空券を良く見よう、印刷も

自分のチケットを良く見て、どのターミナルからの出発・着陸か把握しておきましょう。また、帰りの空港内に入るときには、入口直前のセキュリティチェックでチケットが確認されます。紙のチケットか、モバイルの画面をサクッと見せられるようにしましょう。

空港職員に注意

私は遭遇したことないのですが、結構悪いことする空港職員が多いそうです。どこでも気を抜かず。初心者雰囲気丸出しの日本人が一番カモにされます。

メーター使わないタクシー

基本的に、メーターを使わない姿勢で来られると認識しておきましょう。その上で、値切るなり、受け入れられないなら降りる姿勢を示しましょう。(いや降りてまた探すのもメンドウなんだけどw)

空港内の治安(ベンチで仮眠するときはスリに注意)

どのターミナルも基本的には、空港職員以外は飛行機を利用する人しか空港内に入れません。イメージほど治安は悪くありませんが、空港内で夜を過ごそうとしている方はスリ対策を行うようにしてください。

フィリピン旅行をハックするサイトマップ

初めてフィリピンに行かれる方向けの記事をまとめています。

最後に

初めての人は、カルチャーショックを受けるところもあるマニラ空港。「日本ならこうなのに…」という考えが通じないこともしばしば。剛に入れば郷に従え、お国柄の違いを受け入れて、楽しい旅を送りましょう。

ドンちゃん
ドンちゃん

この記事どこだっけって思ったら「マニラ 非公式」とかで検索してね♪

タイトルとURLをコピーしました