2019年に買ってよかったもの10選+2(旅行&ガジェット)

年の瀬ですね。

イチロー・上原が引退し、令和元年となり、天皇陛下がおかわりになり、消費税が増税。色々あったものです。私はあまり変化がありませんが、購入したものくらいは整理してみました。

詳細はこちら

ザ・深夜便の睡眠対策。あなたを快眠に導くネックピロー5選。海外100フライト超えのベテランが厳選おすすめ。

ザ・深夜便の睡眠対策。あなたを快眠に導くネックピロー7選。海外100フライト超えのベテランが厳選おすすめ。トラベルハック

飛行機の深夜便、フルサービスキャリアやLCCに限らず、エコノミークラスに乗るのであれば、ネックピロー(トラベルピロー)はマストアイテムです。

ネックピローなしの深夜便なんて、ボールペンを忘れてマニラ空港に行ってイミグレ前で入館手続き書類がかけなくてなかなか入国できないことと同じくらい危険です(意味不明)。

セブパシ子
セブパシ子

マニラ空港は不親切だからイミグレ前にボールペンなくて困っている人がわんさかいるのよ

そう、私は数々のフライトに搭乗してきました。

エコノミーからビジネスクラス、LCCの早朝便・深夜便、長時間から短時間フライトなど様々です。100フライトは優に超えていますが、きちんと数えていません。2018年からブログ上に記録をしていますが、1年半でもその数は30フライトもあります。

もちろん、数々のネックピロー(トラベルピロー)を試してきました。空気を入れて膨らませるエアポンプ式、そばがらタイプ、ネットで人気だからとつられた奇想天外なタイプとか。早朝便・深夜便に搭乗するたび、新しいピローを持ち込んだ。そして、ネックピローのヘビーユーザーとなっていた…

チャンビア
チャンビア

最近、使っているものはすこぶる好調です

これはいままでにない… これがベストかどうか、私のトラベルピローを探す旅はまだまだ続きますが、現時点でおすすめできるネックピロー(トラベルピロー)を紹介・共有したいと思います。

スポンサーリンク

なぜ深夜便を使うのか、その必然性

深夜便の睡眠対策にはネックピロー(トラベルピロー)が欠かせない(機内の風景)

そもそもなぜ深夜便を使うのか。

10時間を越すような長時間フライトであれば避けられないけれど、4~6時間程度の比較的短距離でも数多くの深夜便が日本に就航しています。深夜便を選ぶ理由は人によってさまざまでしょうが、私は次の理由で選んでいます。

深夜便を使う理由
  • そんな時間にしかフライトがないから
  • 単純に安いから
  • 週末弾丸旅行を実現する有効な手段だから

LCCなんかだと就航できる枠に限りがあり、妙な時間のフライトがあります。 先日搭乗したばかりの香港エクスプレスもそう、羽田で利便性は高いものの、香港という近距離で深夜便を運航している。

また、最近はフライト数が増えたセブパシフィック。以前はマニラ発、東京への帰国便は早朝5時発しかなかった。寝坊で乗り遅れが怖いから遊んでそのまま空港に来たものです。

深夜便は空港にとっては運航効率を上げられます。昼だけだと飛ばせる数に限りがあるから地域的に24時間運用が可能であれば、航空会社に深夜枠を開放して昼より安く使わせる。コストが落ちる分、利用者の価格も落ちて安い航空券が手に入る。

深夜便を使えば、仕事が終わった金曜日に香港や台湾に飛んで日曜日の夜に帰ってくるなんて弾丸旅行も実現できる。睡眠を若干犠牲にはするが、休みに限りがある社会人・学生にとって旅行を楽しむ有力な選択肢となる。

寝れない・寝にくい、疲れる、つらい深夜初の飛行機

深夜便の睡眠対策にはネックピロー(トラベルピロー)が欠かせない(とある空港)

はじめて深夜便に搭乗する人はそのつらさに嘆くかもしれません。

フルサービスキャリア(ANA/JAL等)ならまだしも、LCCの深夜便の場合はさらにつらい。シートピッチがおよそ29インチの空間に押し込まれ、トレー・テーブルの上で寝るにも狭すぎる。座席に腰掛けながらだと、今度は首が安定しない、寝れない、眠れない。

航空会社機材クラスシートピッチシートの広さ
セブパシフィック航空A320エコノミー29インチ
(73.66cm)
17インチ
(43.18cm)
A330エコノミー30インチ
(76.2cm)
16.5インチ
(41.91cm)
ANAB787-8エコノミー31インチ
(78.74cm)
18.6インチ
(47.244cm)
JALB789エコノミー33インチ
(83.82cm)
18.9インチ
(48.006cm)

▲ 上記の例は、セブパシ、ANA、JALとの座席の広さを表にしています。LCCだとA320ファミリーに搭乗する事が多くなります(稀にA330)。ご覧の通り、フルサービスキャリア(ANA/JAL)と比べると座席は狭くなります。

深夜便の睡眠対策にはネックピロー(トラベルピロー)が欠かせない(エアアジア AK6114 A320のシート)
エアアジア AK6114 A320のシート

▲ 近年、セブパシはほぼ先頭座席を確保して良い写真がなかったので、同じA320を多く使うエアアジアの座席例です。私は身長が174cmほどです。足元はかなり窮屈です。

2〜3時間くらいのフライトであれば我慢できますが、それ以上、かつ深夜便となるとかなり辛いです。寝る場合は広さ以外にも腰や首元のケアが必要となります。

機内での睡眠には「工夫」が必要です。旅の先人が開発した産物、それが「ネックピロー」です。ネックピローがいる・いらないなんて話す余地もなく、機内持ち込みの必須アイテムです(断言)。

深夜便に欠かせないネックピロー(トラベルピロー)

深夜便の睡眠対策にはネックピロー(トラベルピロー)が欠かせない(機内座席でうとうと...)

ネックピローの選び方

私がネックピローを選ぶ際の軸にしている考え方は次の通りです。

  • 首が疲れない・寝れる
  • 持ち運びやすさ
  • 経済性・コスト

ちなみに、空気を入れて膨らませるタイプで気持ちよく寝れた経験はない。って言うか、空港で空気を入れる作業をしたくない…

セブパシ子
セブパシ子

想像しましょう。空港の片隅でネックピローに空気を入れるあなたの姿を。

首が疲れない・寝れる

まずこのニーズが解消されなければ商品としてそもそも選ぶ余地がありません。寝たいのに寝れないピローなんて意味がない。見た目がかわいいものをなんとなく選んでしまうと実際に使ったら使いモノにならなかったなんてことになりかねない。

ネックピローが果たす役割を最優先に考えましょう。

持ち運びやすさ

LCCに搭乗する場合は、機内重量制限が5kg, ないし7kgというところがほとんど。フルサービスキャリアでも7kgに荷物を制限している航空会社があります。ネックピロー以外にも荷物はあるわけでなるべくカバンにしまいやすいものにしましょう。

経済性・コスト

ひとつ言える事は「100均」に、深夜便で快適な睡眠を促すネックピローは存在しない。快適な睡眠は、100円(+消費税)では買えない(私は答えを見つけられなかった)。ある程度のお金は捻出しましょう。

どのくらいか、感覚的に2,000円~3,000円くらい、高くても5,000円前後。ネックピローは「消耗品」です。使えばへたるし、紛失もしやすい。割り切れる程度の価格から選びましょう。

ネックピローが買える場所

街中、空港、ネットショッピングなどネックピローはどこでも変えます。ただ、購入は事前にしておいたほうが良いです。

空港は観光地の1つです(コレ重要)。

深夜便の睡眠対策にはネックピロー(トラベルピロー)が欠かせない(ハノイ・ノイバイ国際空港)
ハノイ・ノイバイ国際空港
深夜便の睡眠対策にはネックピロー(トラベルピロー)が欠かせない(スワンナプーム国際空港)
バンコク・スワンナプーム国際空港 ファースト、ビジネスクラスラウンジ
深夜便の睡眠対策にはネックピロー(トラベルピロー)が欠かせない(シドニー国際空港)
シドニー国際空港スカイチームラウンジ

2~3時間くらいしか滞在しない空港の時間でネックピローを探すために時間を使うなんてもったいない。プライオリティパスや航空会社の上級資格があれば、ラウンジで快適な時間を過ごすことができる。ピローを探すのではなく、お酒や食事を楽しんで、読書や自分なりに楽しむのが大人な空港の過ごし方。

ネックピロー(トラベルピロー)おすすめ5選

数々のフライトを経験してきた私がおすすめするネックピローを5つに絞ってご紹介します。

低反発が気持ちいいカタツムリ構造

少し前に使っていたのですが、コロン島に行った時に紛失しちゃいました。低反発な素材で首元を優しく包んでくれます。

深夜便でおすすめできるネックピロー(トラベルピロー)一つめ(人間工学+低反発)
オススメポイント
  • 素材には肌ざわりのよいマイクロベルベット繊維素材が使われています。気持ちいい。
  • 低反発で適度なクッション性。
  • 首回り、アゴをしっかり固定してくれます。二重固定なので長時間の利用にも強い。
  • 折りたたみ式で持ち運びやすい。収納ポーチもついています。

絶対に首がかっくんしない

上のやつとほぼ同じタイプですが、あご下のサポートを強化したタイプ。

深夜便でおすすめできるネックピロー(トラベルピロー)二つめ(人間工学+低反発)
オススメポイント
  • なんとなく首元に支えがあると安心できる人向け。個人的にも好きなタイプで安心できます。
  • 絶対に首がカックンしない人間工学スリープデザイン。
  • 100%メモリーフォームで洗濯できます。
  • ポーチとアイマスクがついていてオールインワン♪

これも低反発。やっぱり枕がいい

やっぱり枕がいい。ちょっとかさばるので最近はご無沙汰です。

深夜便でおすすめできるネックピロー(トラベルピロー)一つめ(人間工学+低反発+枕タイプ)
オススメポイント
  • やっぱり枕がいい、という方向けです。
  • サポートがしっかりしていて、利用者の声をよく聞いて改善を繰り返しています。
  • 形状が自分なりのポジションに合わせられる。
  • ポーチに入れると半分くらいになります(それでもちょっとかさばるんだけど)

マフラー型。低価格ながら秀逸の性能

最近、使っています。低価格ながら本当に素晴らしい。マイラー界隈でも流行りつつあります。

深夜便でおすすめできるネックピロー(トラベルピロー)一つめ(人間工学+マフラータイプ)
オススメポイント
  • 最近のお気に入りです。
  • 値段が安い。実売3,000円以下
  • 人間工学設計で睡眠サポート
  • 一般的なU字型に比べてかさばらずしかも断然軽い
  • 機内が冷えるときはマフラーがわりにな
  • 口元を隠せるのでマスクがわりにもなる
  • デザインが無難、男女ともに使える

想像力を生かして自由に寝れる

次に狙っているタイプです。マフラータイプより若干高級。熟睡できそう。

深夜便でおすすめできるネックピロー(トラベルピロー)一つめ(人間工学、応用力が無限大のピロー)
オススメポイント
  • 買おうか悩んでいます(そのうち買うけど)
  • インフィニティ=無限大、応用力が無限大のトラベルピロー
  • 竹繊維を織り込んだ極上の生地
  • 絶妙なやわらかさとサポート力で頚椎を保護、負担を軽減してくれる。

まとめ

深夜便はなれないうちはつらいのですが、要領をつかむと時間を効率的に使える選択肢です。ネックピローで睡眠を攻略して、旅を楽しみましょう。

Amazonで買い物するならギフト券チャージがお得!

アマゾンのギフト券チャージをご存知でしょうか。そのまま購入するよりもチャージしたギフト券経由で品物を購入すると【お得】になります。

ギフト券チャージにはいくつかのチャージ方法がありますが、おすすめは現金経由です。チャージするたびに最大2.5%のポイントがもらえます。

アマゾンを使う多くの人が入会するAmazonプライム会員。お得すぎる会員特典は多岐に渡り、ギフト券メリットもその一つとなります。

初回チャージならさらにお得!

1,000円のポイントがもれなくもらえるキャンペーンを実施中です。

\ 初回チャージなら 1,000円もらえちゃう♪ /

チャージはコンビニ・ATM・ネットバンキングで

コメント

  1. […] チャンビアさんのブログを見て研究して購入。 […]

タイトルとURLをコピーしました