チェンマイ空港から市内への移動、アプリで送迎サービスを手軽に手配。

チェンマイ空港から市内への移動手段、アプリで送迎サービスを手軽に手配。トラベルハック
スポンサーリンク

チェンマイ国際空港(CNX)から旧市街や中心部への移動方法をご紹介します。

エアポートバス、タクシー、トゥクトゥク、ソンテウなどが主流の移動方法です。予約したホテルで送迎サービスを行っていることもあるのですぐに街に行きたい方は調べてみると良いと思います。

この記事記載の料金は、2019年5月現在のものです。

スポンサーリンク

チェンマイ国際航空(CNX)から市内への主な移動方法・手段

チェンマイ国際空港から市内へ移動する様子
チェンマイ国際空港から市内へ移動する様子

私はナイトバザール付近のデュシタニを利用しましたが、空港からホテルまでは10分くらいでした。バンコクでスワンナプームやドンムアンだともう少し時間がかかりますが、チェンマイは町がコンパクトなので移動しやすかったです。

エアポートバス(リムジンバス)

比較的新しいエアポートバスのようでツイート見ると、2018年に運営を始めたようです。バスを使うことで空港から市内いくつかの著名地に行くことができます。

比較的新しいエアポートバス
  • 運賃:一律20バーツ
  • 運行時間:AM6:00-PM10:30
  • 主な行き先:ニマンヘミン通り、旧市街北門(Chang Phuak Gate)、3人の王様記念碑(Three Kings Monument)、ターペー門、ナイトバザールなど
スポンサーリンク

タクシー(クーポン/メーター)

チェンマイ国際空港イミグレーションを抜けて到着口にあるタクシーブース
チェンマイ国際空港イミグレーションを抜けて到着口にあるタクシーブース

国際線利用の場合、イミグレを抜けて到着口に出るとほぼ正面にタクシーブースがあります。2種類のタクシーがありますが、料金はさほど変わりません。ブースでホテル名や行き先を伝えます。

タクシー
  • クーポンタクシー(固定料金)
    • 150バーツ市内一律。
  • メータータクシー(従量課金)
    • 100-120バーツくらい。また追加のサービス料金として50バーツが徴収されます。

料金を支払うとレシートと乗車場所の指示があります。

トゥクトゥク

チェンマイ空港から市内の移動にも使えるトゥクトゥク。
タイの風物詩「トゥクトゥク」

ビルの外を出ればタイの風物詩と言えるトゥクトゥクを見つけることができます。街中で何度か乗車しましたが、バンコクほど強気の価格では来ないので安心。100-150バーツくらいの間で交渉することになると思います。

ソンテウ

チェンマイ空港から市内の移動にも使えるソンテウ。
これはチェンマイではなくて、パタヤ市内を走るソンテウ

ソンテウはタイの乗合バスです。チェンマイだけではなく、タイ国内の他の地域でも見ることができます。パタヤなんて行くといたるところに走っています。乗り合いでの利用であれば40バーツ。

乗り合いの場合は、乗客が集まってから発車します。タイミングが悪いと発車までしばらく待つこととなります。

値段交渉してプライベートで乗ることもできます。人数が多ければ安く済ませる選択肢になります。

▲ チェンマイのソンテウは赤い車です。

送迎サービス(ホテルなど)

ゲストハウスとかだとわかりませんが、ある程度のホテルであれば送迎サービスを行っていると思います。現地で言葉の不安があったり、待つのが嫌な人は送迎の依頼をすると良いでしょう。

チェンマイ空港から市内の移動を快適にしたいのであればホテル送迎も選択肢。

▲ 上記はタイで有名なホテルグループ:デュシタニ(D2/プリンセス)で送迎を依頼した場合の料金です。やはりエアポートバスやタクシーに比べるとかなり割高になります。とはいえデュシタニの場合、スタッフが礼儀正しいので市内に行くまでのストレスになる心配はありません。

申し込みは英語ページになります。日本語ページから申し込みたい方はベルトラで申し込めます。

【空港送迎】チェンマイ空港⇔市内ホテル

ここまでは、一般的な移動方法をご紹介しました。ここからはアプリで手配できるサービスです。

Klookアプリで事前手配ができる

Klookというアプリをご存知でしょうか。よく海外旅行に行かれる方でまだKlookを使ったことないという方はぜひチェックしてみてください。送迎以外にも旅行中のイベントとして使いどころが満載です。

Klookで手配できるチェンマイ空港からの送迎サービス

チェンマイ国際空港からの移動手段(Klookでの送迎サービス)
チェンマイ国際空港からの移動手段(Klookでの送迎サービス)

Klookアプリで送迎サービスを手配することができます。料金(¥1,000)はホテル手配の送迎サービスの半額、タクシーに比べると2倍の料金です。

空港から市内への送迎サービス特徴
  • 24時間前までのキャンセルが可能
  • 英語スタッフ
  • 固定レート
  • プライベート利用
  • 到着口でスタッフ待機
  • チャイルドシート利用可(事前に伝える)
チェンマイ国際空港で乗客をまつKlookスタッフ

▲ 到着口を出るとスタッフが「KLOOK」の看板をぶら下げて待機しています。声をかけてバウチャー見せるだけです。予約の際にフライト便名を入れます。最大2.5時間ほど待ってくれています。(便到着から2.5時間以内でスタッフが待機していない場合は払い戻しも可能)

チェンマイの場合は、複数の乗客を待っているようでした。待機役と送迎役に別れていました。

ついでにSIMもお願いしちゃう

チェンマイ国際空港でKlookならワンコインでSIMが手に入る
KlookならワンコインでSIMが手に入る

送迎サービスだけだと現地より割高になります。一方で通信SIMは割安でワンコイン価格で現地より安く手配できます。送迎とSIM手配をセットで手配すれば、現地の空港から市内への移動がスムーズに行きます。

SIMは送迎のスタッフが手渡してくれます。

空港で1週間利用のSIMを入手しようとすると250〜300バーツでした。Klook手配の方が3, 4割やすいです。

通信SIMは現地キャリア「DTAC」のものでした。タイではAISに次ぐ規模のキャリアになります。

Klookの利用方法

Klook自体をご存じない方は次の記事に概要と初期登録の方法をまとめています。記事内に500円割引のクーポンも掲載しています。

チャンビア
チャンビア

送迎自体は他の移動手段に比べて割高なんだけど、SIM手配も一緒にすると相場並みに収まる。それでいて移動は一番快適。

最後に

チェンマイ国際空港(CNX)から旧市街や中心部への移動方法の紹介でした。現地で交渉しながらというのも旅ならではなので、時間がある時はチャレンジしてみても良いでしょう。時間がないとか、早く市内に出たい方はKlookの送迎サービスもオススメです。

トラベルハックタイ
スポンサーリンク
ご覧いただき感謝です。記事の品質がブースト的に向上するボタンは次の通りです。
このブログを購読してみる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログの購読はこちら

バジェットな旅行記ロク、主に東南アジアを中心とした旅行ブログです。

ブログ投稿は週に2, 3回です。写真多め、見やすい記事をお届けします。

バジェットな旅行記ロク
タイトルとURLをコピーしました