2019年に買ってよかったもの10選+2(旅行&ガジェット)

年の瀬ですね。

イチロー・上原が引退し、令和元年となり、天皇陛下がおかわりになり、消費税が増税。色々あったものです。私はあまり変化がありませんが、購入したものくらいは整理してみました。

詳細はこちら

チェンマイでタイ料理教室へひとり半日潜入。

チェンマイでなぜかタイ料理を作っていた。料理教室へ半日潜入。タイ

GWにチェンマイに5日間ほど滞在。でも外はとても暑い、灼熱だ。

行きたいところはあるのだけれど、暑さに耐えられそうにない。ということで半日で回れるものを探して、お寺巡りをしたり、夜にムエタイを観る、などゆるい観光をチョイスしていました。

他にもゆるい観光はないかとホテルロビーの観光パンフを見ていると少し気になるものがあった。それは料理教室。

料理が好きかと聞かれれば全くそんなことはないけれど、「これはブログネタになる」という邪推のもと参加してみることにした。

スポンサーリンク

半日で参加できるタイ料理教室ツアー

ホテルロビーの観光パンフを見ておきながら、いつも通りKlookで手配します。申し訳ないのですが、大抵の場合現地手配よりKlookの方が安い。レビュー投稿すれば少しだけどポイントも戻ってくるので。

料理教室の参加条件

  • 7日前までキャンセル無料
  • モバイルか、紙のバウチャー
  • 日付指定
  • 英語による講義
  • グループでの参加(ひとりでも参加可能)
  • ホテル送迎あり

Klookの場合、多くのツアーはキャンセルがギリギリまでOKなのですが、このアクティビティは1週間前までのキャンセルですね。食材とかの都合だと思います。

スマホから予約できるチェンマイ料理教室

Klook以外にもKKdayでも取り扱いがあります。

料理教室の種類と内容

半日(朝)、半日(夜)、終日のコースがあります。

参加できる時間帯
  • 半日(朝):9:00am – 1:45pm
  • 半日(夜):4:00pm – 7:45pm
  • 終日:9:00am – 3:45pm

半日の朝夜は同じですね。Klookのページ見ると、朝はデザートなしになっていますが実際にはデザートが出てきました。

半日(朝夜)のメニュー
  • スープ:トムヤンクン or ココナッツ入りのスープ:
  • 炒め物:パッタイ
  • カレー:グリーン or レッド or カオソーイ or ペナンカレー
  • デザート:マンゴーと甘いもち米…

終日の場合は曜日でメニューが変わるようです。多種多様なので詳細はこちら。

ツアーはアプリで手配

今回のツアーは、「Klook」と言う海外現地オプショナルツアーを手配できるアプリを使いました。PCからでもスマホからでも予約できます。スマホアプリを入れておけばバウチャーになります。

Klook.com

英語が多少なりでも出来た方が良さそうです。ご参考までに私はTOEICが良い時で850点前後です。

料理に関する英語は受験英語だけだとちょっと心許ないので、Youtubeで料理レシピ動画とか見ておくと多少プラスになります。まぁ、見よう見まねでイケるとは思います。

私が尊敬してやまないMark Wiensさんのタイ動画を2, 30本見ておけば準備としては十分(無茶ブリ

チャンビア
チャンビア

購読を解除する気に慣れないのは彼だけだ!

実際の料理教室

ホテルから市場や教室までは車で移動しました。

ロイ・クロー通り周辺に滞在していましたが、教室は南の少し郊外に移動しました。車で30分程度だったと記憶します。

チェンマイ料理教室(途中立ち寄った市場の場所)
途中立ち寄った市場の場所
チェンマイ料理教室(料理教室の場所)
料理教室の場所
スポンサーリンク

市場巡り

チェンマイ料理教室(チェンマイの台所:市場の入り口)
チェンマイの台所:市場の入り口

▲ チェンマイの中心地から南へ、車で連れてこられた市場。チェンマイの台所かな?一人での参加者も結構いました。気楽ね。

チェンマイ料理教室(チェンマイの台所:本日の講師が登場)
本日の講師が登場

▲ 本日の講師が登場、チェンマイのアラレちゃんこと….名前ワカラナイ。英語はちょっと早口ですが、クリーンな発音で聞き取りやすかったです。

チェンマイ料理教室(チェンマイの台所:中に潜入します)
中に潜入します
チェンマイ料理教室(チェンマイの台所:何かを選ぶチェンマイのアラレちゃん)
何かを選ぶチェンマイのアラレちゃん
チェンマイ料理教室(チェンマイの台所:カレーペーストの違いを説明するアラレちゃん)
カレーペーストの違いを説明するアラレちゃん

▲ カレーペーストの違いを説明してくれています。グリーン、レッド、ペナン、カオソーイに使うやつ。

チェンマイ料理教室(チェンマイの台所:カレーペーストたち、多分辛い)
カレーペーストたち、多分辛い
チェンマイ料理教室(チェンマイの台所:ソースやら粉やら)
ソースやら粉やら
チェンマイ料理教室(チェンマイの台所:ソイソースの旨味を熱弁するアラレちゃん)
ソイソースの旨味を熱弁するアラレちゃん

▲ ソイソース(お醤油)の説明シーン。「旨味(うまみ)」って言葉を日本語のまま説明していました。英語になっていたんですね。

こんな感じで説明してくれます。英語はちょっと早めです。
チェンマイ料理教室(チェンマイの台所:タイのお米を説明するアラレちゃん)
タイのお米をダイナミックなジェスチャーで説明するアラレちゃん
チェンマイ料理教室(チェンマイの台所:市場徘徊)
市場徘徊
チェンマイ料理教室(チェンマイの台所:市場徘徊、インスタントなんか)
市場徘徊、インスタントなんか
チェンマイ料理教室(チェンマイの台所:市場徘徊、麺類)
市場徘徊、麺類
チェンマイ料理教室(チェンマイの台所:市場徘徊、調味料)
市場徘徊、調味料
チェンマイ料理教室(チェンマイの台所:市場徘徊、野菜たち)
市場徘徊、野菜たち
チェンマイ料理教室(チェンマイの台所:市場徘徊、お惣菜)
市場徘徊、お惣菜
チェンマイ料理教室(チェンマイの台所:市場徘徊、これもお惣菜)
市場徘徊、これもお惣菜

灼熱の庭園で食材説明

チェンマイ料理教室(現場に到着)
現場に到着

▲ ということで市場から車で5分ほど移動した。のどかなキャンプ風景。

一見、のどかなキャンプ風景ですけど、日当たりの気温は40℃以上です…(;´ρ`) グッタリ

チェンマイ料理教室(スタイリッシュな調理場)
スタイリッシュな調理場
チェンマイ料理教室(スタイリッシュな調理場その2)
スタイリッシュな調理場その2

▲ 一見、スタイリッシュでカッコよく見えますが、暑いです…(;´ρ`) グッタリ

チェンマイ料理教室(私が使う調理器具たち)
私が使う調理器具たち
チェンマイ料理教室(私が使う調味料たち)
私が使う調味料たち
チェンマイ料理教室(私が使う多分辛いやつ)
私が使う多分辛いやつ
チェンマイ料理教室(戦闘服を身にまとう)
戦闘服を身にまとう
チェンマイ料理教室(最初に可愛い女子出して詐欺じゃね)
最初に可愛い女子出して…これは詐欺

▲ 講師にピンチヒッターが出てきた。可愛いアラレちゃんかと思いきや…. 少し女性的な男性が出現。

チェンマイ料理教室(灼熱の炎天下の元食材の説明)
灼熱の炎天下の元食材の説明…

▲ 日当たりで結構きつかったのですが、ハーブ類、タイ料理で一般的に使われる材料などを説明してくれていました。

チェンマイ料理教室(灼熱の炎天下の元食材の説明)
灼熱の炎天下の元食材の説明……
チェンマイ料理教室(灼熱の炎天下の元食材の説明)
灼熱の炎天下の元食材の説明………
チェンマイ料理教室(灼熱の炎天下の元食材の説明)
灼熱の炎天下の元食材の説明…………(;´ρ`) グッタリ

トムヤンクン

チェンマイ料理教室(トムヤンクンを作る食材)
トムヤンクンを作る食材

▲ 出来合いの材料ですね。野菜を適当な形に切り刻んで鍋に放り込む形式です。男性でも対応可能です。スープは、水で茹でるかココナッツミルクで茹でるか選べます。

チェンマイ料理教室(トムヤンクンを作る食材を切り終えた後)
トムヤンクンを作る食材を切り終えた後

▲ 女性的な雰囲気をかもす男性から「包丁の使い方はわりといいわね」と言われました。

チェンマイ料理教室(トムヤンクンの煮込みシーン)
トムヤンクンの煮込みシーン

カオソーイ

チェンマイ料理教室(カオソーイのカレー材料が登場)
カオソーイのカレー材料が登場

▲ カレーはメインの一つで、何種類からか選ぶことができます。私はブログのサブタイトルにしているくらいなので、思考なしでカオソーイを選びました。

チェンマイ料理教室(カオソーイの元となるカレーペースト)
カオソーイの元となるカレーペースト
チェンマイ料理教室(アレコレ入れてがんばって叩き潰せとの司令)
アレコレ入れてがんばって叩き潰せとの司令
チェンマイ料理教室(ひたすらカレーペーストその他を潰す途中経過)
ひたすらカレーペーストその他を潰す途中経過

▲ カレーペーストになる材料を潰すわけですが、かなり時間を要します。テキトーに時間をやり過ごそうという腹が見えているのかなかなかおかまちゃん(あ、言っちゃった)からOKもらえません。参加していた女性たちにも追い抜かれてほとんど最後の方まですりばちと格闘していました。

チェンマイ料理教室(カレーペーストが剃り終えておかまちゃんに殺意を覚えた頃)
カレーペーストがようやく剃り終えた
チェンマイ料理教室(カオソーイ材料)
カオソーイ材料

▲ カレーペースト作業が完了する頃にカオソーイの材料が出現しました。カレーペーストとココナッツミルクを入れて茹でて後から鶏肉を入れます。

チェンマイ料理教室(カオソーイを作る鍋シーン)
カオソーイを作る鍋シーン

▲ 調味料やチリ(唐辛子)を少々入れて完成。

パッタイ

一つ料理を終えると次に行きます。タイの代表料理で私も好きなパッタイ。

チェンマイ料理教室(習うより慣れろ。見て、この場で覚えろというスパルタおかまちゃんからの司令)
習うより慣れろ。見て、この場で覚えろというスパルタおかまちゃんからの司令

▲ このあとは、時間との勝負ということで写真なし。

出来上がり

とうことで3つの料理を作りました。見よう見まね、材料もほぼ自動で出てくるので男性の私でもなんとかできました。

チェンマイ料理教室(灼熱の炎天下のもと、作ったトムヤンクン)
灼熱の炎天下のもと、作ったトムヤンクン
チェンマイ料理教室(パッタイ:見た目よし)
パッタイ:見た目よし
チェンマイ料理教室(カオソーイ:カレー粉潰すの辛かったんご)
カオソーイ:カレー粉潰すの辛かったんご

デザート(私作ってない)

チェンマイ料理教室(青いもち米は日本人にはオススメしない)
青いもち米は日本人にはオススメしない

まとめ

ということで料理教室に参加してみました。

自分で作った料理が美味しかったかどうかといえば、やっぱり人に作ってもらいたいというのが感想。男子はセンスがないので、大人しく女子に作ってもらってビールでも飲みながら食事したいですね。

季節がよければ外に出かけるツアーが出来れば良い。でも、私が言った時は灼熱天候だったので、体力温存したいならこんな感じのアクティビティもありかも。

スマホから予約できるチェンマイ料理教室
タイトルとURLをコピーしました