サイト運営の方針

プライバシーポリシー

個人情報の利用目的

当サイトでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。

これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

個人情報の第三者への開示

当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

  • 本人のご了解がある場合
  • 法令等への協力のため、開示が必要となる場合

個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはこちら をクリックしてください。

広告の配信について

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

また、当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。

免責事項

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

プライバシーポリシーの変更について

当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。

修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。

利用規約

違法行為について

当サイトで投稿している記事は、全てオリジナルのコンテンツです。著作権は、当然のことながら当サイトに帰属いたします。法的に許容された範疇を超えての記事の引用、および複製を当方の許諾なく行うことはお控えください。

無断利用、法的に問題のある転載についてはしかるべき手段で対応するのでご注意ください。(旅行系キュレーションについては大手はほぼ目を通しています)

参考にしているリンク

先日、記事パクリがありました。

まるパクリは当たり前ですが、微妙に語尾を変えるような人間の小さいやり方もやめてください。同じキーワードで書けばどこかで目につきます。ちなみにその方は、界隈では結構有名な人でした(以前からやっているふしがあったのを感じていた)。

その方は、海外にいる特性を生かしつつ検索上ある程度上位に位置していた私の記事を参考に一部記事を書いていた。タチが悪い。

それでいて、問い詰めればノウハウ系ではありがちだから仕方ないという。

Webのスクショ、魚拓は取っています。また問い詰めたときにまとめたワード文書も。同じようなことをすれば記事公開するつもり。

チャンビア
チャンビア

とまぁ…

記事をパクってもパクられても面白いことは何一つない。

これからブログに頑張る人は自分の文章で書きましょう。それは人の文章をベースに自分の言葉で書き換える、なんて人間的に超卑怯で姑息なことではなくて一からオリジナルで。ということ。

やられている人は行動に出るか出ないかは別にして気づいています。

 当ブログの画像転載・引用

運営者SNSの引用

当ブログでは以下のSNSを利用しています。

上記で私が投稿している内容について、他Webメディアに掲載する場合はSNS自体のシェア機能を使うようにお願いします。画像を不正にダウンロードしての再利用は歓迎しません。

また、一部のキュレーションサイトで見られるようなCSS装飾によるSNSからのシェアとわからなくするような形での引用も歓迎しません。

タイトルとURLをコピーしました