通勤から解放、しかし失われる生活代謝

新型コロナウィルスの弊害で緊急事態宣言が発動、ホワイトカラーはテレワークで通勤から解放されたものの、その一方で通勤による生活代謝が失われています。何もしないとヤバイ...

お役たちグッズ・サービスまとめ

チェンマイでムエタイ観戦。現地より割安にチケットを予約する方法(リングサイド保証)

チェンマイでムエタイ観戦。現地より割安にチケットを予約する方法(リングサイド保証)タイ

GWはタイ北部のチェンマイに5日ほど滞在し多少の観光もしていました。旧市街に現地で有名な「ターペー・ボクシング・スタジアム」があるというのを聞いて、事前予約の上観戦してきました。

あらかじめ予約しておけば、リングサイドの特等席でビールを片手に生のムエタイを見ることができます。リングサイドからであれば選手の表情が分かるほど近く、ちょっとした望遠カメラでも結構良い写真が取れるので観光の一つとしてオススメです。

\ 現地より安いリングサイドチケット!/
スポンサーリンク

タイのキックボクシング「ムエタイ」

ムエタイは言わずと知れたタイの国技で格闘技の一種、いわゆるキックボクシングです。スタンディングで両手、両肘、両脚、両膝の八ヶ所を使った打撃技で戦います。日本だとK-1がこれに似ていますよね。

チェンマイではトレーニングジムに参加もできる

私は痛いことはキライなので無理ですが、現地にはたくさんのムエタイ・ジムがあります。

日本からも結構修行で来られる方もいるようです。思い返してみると、大学の頃の友人が空手修行の一環でチェンマイに行っていたことを思い出しました。

スポンサーリンク

チェンマイでムエタイを観戦するには

ロイ・クロー通りに近いホテルに滞在していたので、そこからの行動範囲では次の方法が手軽でした。

  • ロイ・クロー通りのバービアにあるリング
  • ターペー・ボクシング・スタジアム

上記より大きなところで「チェンマイ・ボクシング・スタジアム」というところがあるようですが、少し距離が離れていたのでそちらは行かず。

ロイ・クロー通りのバービアにあるリング

ロイ・クロー通りというのは観光客向けにナイトバザールなどが多くあるスポットです。私もチェンマイ訪問が初めてだったのでこの周辺のホテルに滞在しました。

ロイ・クロー通り沿いにバービアが点在していますが、途中一箇所だけ密集しているエリアがあります。その奥に行くとムエタイのスタジアムがあり、バービアでビール片手に観戦することができます。料金は500バーツくらいだったかと。今回は試合日程に合わず、こちらの試合は見ませんでした。

ターペー・ボクシング・スタジアム

チェンマイにあるターペー・ボクシング・スタジアム
ターペー・ボクシング・スタジアム

現地の人に聞いたところ、チェンマイでもしっかりしたスタジアムの一つのようです。1980年代に建てられて地元民の間で長らく親しまれてきました。

スタジアムは旧市街のターペー門近くにあります。ロイ・クロー通り沿いに滞在しているなら徒歩でもいけます。滞在先から距離があるようであれば、トゥクトゥクで行くことをおすすめします。現地はとにかく暑い。

ターペー・ボクシング・スタジアム基礎情報
名称チェンマイ・ターペー・ボクシング・スタジアム
住所1 Mun Mueang Rd, Phra Sing,
Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50100 タイ
(ターペー門前で「Top North Hotel」近く)
ショーの時間
  • 月曜〜土曜の21:00-0:00
  • 20:00〜入れます
  • 建前は21:00〜ですがなかなか始まらなかった…20分くらい待たされた
座席タイプ
  • 標準シート
  • リングサイドシート
  • Vipシート

座席について

チェンマイにあるターペー・ボクシング・スタジアムのチケット売り場
チケット売り場(わかりやすい料金体系)

座席は「標準(500バーツ)」「リングサイド(800バーツ)」「VIP(1,500バーツ)」の3種類です。

おすすめはリングサイドかな… それほど大した値段ではないので、VIPでも良いのですが私が行った時はVIPを購入する人がおらず、同じ状態になると晒し者になりそうです(苦笑)団体なら良いですが、単独、少人数であればリングサイドを勧めます。

チケットの入手方法

現地購入が基本のようですが、少し安かったので私はKlook経由で予約購入しました。

  • 現地で直接購入
    • 一般的な購入方法です。直前でも買うことができます。きちんと料金表示されているのでボラれる心配はないです。日本語は通じないのでジェスチャーや英語などで交渉が必要。
    • 現地での購入の場合、座席指定ができるようでした。ネット予約からの場合は指定ができないです。
  • Klookで手配(英語→徐々に日本語サイト移行中) 手軽でオススメ
    • 事前予約です。この記事投稿時点でほぼほぼ英語サイトですが、徐々に日本語化が進んでいます。現地購入よりも安かったです。

参考 Klookで手配できるムエタイチケット

チェンマイにあるターペー・ボクシング・スタジアムのチケット売り場
チケット売り場(なんだか偉そう)
チェンマイにあるターペー・ボクシング・スタジアムのチケット売り場
チケット売り場

▲ Klookアプリで予約していて、スマホのバウチャーを見せたらすんなりと調べてくれました。

実際の観戦の様子

チェンマイにあるターペー・ボクシング・スタジアムに入ったところ
ターペー・ボクシング・スタジアムに入ったところ
チェンマイにあるターペー・ボクシング・スタジアムにはバーがたくさん
バーがたくさん

▲ 今回はリングサイドだったのですが、安いチケットならバーで飲みながら観戦というのもできそうな感じ。

チェンマイにあるターペー・ボクシング・スタジアムのリングサイド
リングサイド
チェンマイにあるターペー・ボクシング・スタジアムのリングサイド
リングサイドで割と良い席
チェンマイにあるターペー・ボクシング・スタジアムのリング横
リング横(トイレに行ったすきに…)
チェンマイにあるターペー・ボクシング・スタジアムのVIPルーム
VIPルーム

▲ ちなみにVIP席です。エアコンが効いて涼しいらしいのですが、誰も使っていませんでした。ひとり旅で強気でリザーブするとカゴの中の鳥よろしく館内の晒し者になります(苦笑

複数いればいいでしょうね。チェンマイは夜でもそれなりに暑かった…

ターペー・ボクシング・スタジアムのリング裏は練習場になっている
リング裏は練習場になっている

▲ トイレ行くときにリング裏行ったら練習場になっていました。

ターペー・ボクシング・スタジアムのドリンクメニュー
ドリンクメニュー
ターペー・ボクシング・スタジアムのリングとチャンビア
リングとチャンビア(ゴングを待つ)

▲ ドリンクはなくなりそうになると声かけてくれます。貴重な売上になっているようで結構まめに周回してくれていました。私は呼ぶのが面倒なので助かりましたね。

ターペー・ボクシング・スタジアムの観客が入り出す
観客が入り出す

▲ 21時になると今にも始まりそうなテーマソングが流れ出しますが、20分くらい放置されました。そこは東南アジアですね。

ここからはたくさん写真とったのですが出来の良かったものだけ。珍しくデジカメの連写機能とか使いました。カメラはマイクロフォーサーズ、ルミックスのカメラで45mmを使っています。

試合は5試合前後だったと思います。よく撮れているもの、そうでないものがあるので出来が良かったものだけ掲載します。

ターペー・ボクシング・スタジアムでの男子の試合
男子の試合
ターペー・ボクシング・スタジアムでの男子の攻防
男子の攻防
ターペー・ボクシング・スタジアムでのブルーの男子が好戦的に攻めて
ブルーの男子が好戦的に攻めて
ターペー・ボクシング・スタジアムでのレッドの男子がマットに沈む
レッドの男子がマットに沈む

▲ ダウンのシーンはスマホで動画録っているときに訪れました。

ターペー・ボクシング・スタジアムでの女子の試合
女子の試合
ターペー・ボクシング・スタジアムでのかっこいいブルー女子
かっこいいブルー女子
ターペー・ボクシング・スタジアムでの割と試合はハード
割と試合はハード
ターペー・ボクシング・スタジアムでの目の前にきた!
目の前にきた!
ターペー・ボクシング・スタジアムでの今日もお疲れちゃん
今日もお疲れちゃん
ターペー・ボクシング・スタジアムで不安そうに見守るスタッフたち
不安そうに見守るスタッフたち
ターペー・ボクシング・スタジアム
ターペー・ボクシング・スタジアム
ターペー・ボクシング・スタジアム

▲ やっている方は必死なんでしょう。痛そう….

アプリでカンタン事前手配「Klook」

今回はKlookというアプリであらかじめ予約して観戦してきました。

団体割引のようなものが効いているのか、現地より割安です。今回ご紹介の中では一番安い。

\ 試合は目の前、迫力満点! /
ターペー・ボクシング・ジムのチケット価格
座席現地手配Klook予約
スタンダード¥1,726¥1,380
リングサイド¥2,761¥2,071
VIP席¥5,177¥4,487

Klookというのは、現地オプショナルツアーをWebサイトやアプリで手配できるサービスです。観光や空港からの移動、現地SIMの手配などアプリから簡単操作で手配できます。このアプリの便利さに私も魅了されています。

今回の手配のように、現地価格よりも安いこともしばしばあります。Klookの紹介としては次の二つを投稿しています。一つ目は概要・使い方、二つ目はレビュー記事に近いです。

最後に

初めてのムエタイ観戦となりました。試合自体は打撃が強力なので、ほとんど2,3ラウンドで決着していました。やっている方は大変でしょうが、観戦している身としては結果がわかりやすく試合に集中できます。

割と良かったのでバンコクやパタヤに行った時にも行きたいと思います。

参考 Klookで手配できるムエタイチケット

タイ
スポンサーリンク
\ 記事が役に立ったらシェア!/
このブログを購読してみる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
圧倒的な取扱量と使いやすさ!
Klook.com

klookは、香港に本社を置く現地オプショナル販売サイトで案件の取扱量ではアジア最大です。2014年に設立されて日本のソフトバンクも出資しています。およそ日本人が行く地域であれば、旅の初めから終わりまで、観光や現地体験アクティビティなど種類も豊富です。

サイトの日本語化が進みつつあり、使い勝手が少しずつよくなっています。思い立った時にスマホで予約、前日や当日飛び入りでのアクティビティ参加もでき便利です。アクティビティはこのランキングでは最安レベルです!

  • ベルトラよりも取扱量は豊富
  • ウェブサイト、スマートフォンサイトの完成度が高い
  • ポイントプログラムも充実
  • 体験談の量ならNo.1
台湾から日本へ嬉しい刺客→KKday!
kkday-image

台湾発の新興現地オプショナル販売サイトです。東南アジアのアクティビティ取扱量ではベルトラに負けず劣らず、SNSでの発信力に強みあり。スマホでの親和性が高く、ライバルはKlookか。ツアーの言語は選択制、日本語がたまにないことあり。

サイトの使い勝手は現在はKKday>Klookで日本語化については一日の長があります。価格的にはKlookよりも若干だけど高い傾向がある感じ。

  • ウェブサイト、スマートフォンサイトの完成度が高い
  • SNSでの発信力はNo.1
  • ポイントプログラムも充実
  • 体験談が豊富
旅はベルトラ。

ベルトラは世界中のツアー・アクティビティを安心して予約できる専門サイトです。さすがの特化サービス、HIS/JTBよりもきめ細かなサービスに対応しつつ、対応する国々、アクティビティ数は正直圧巻の一言。スマホサイトの利便性が上がったら向かうところ敵なし。

日系なので外資のKlook, KKdayよりは値段はやや高め。それでも安心の日本語サービスが売りです。初めて行く国、言葉に不安があるひとはベルトラを選べば間違いないでしょう。

  • 取扱量が豊富、世界150カ国
  • アクティビティ数13,000件以上
  • 会員数200万人
  • 体験談がとにかく多い。
  • 旅のエキスパートによるサービスあり
バジェットな旅ログ
タイトルとURLをコピーしました