通勤から解放、しかし失われる生活代謝

新型コロナウィルスの弊害で緊急事態宣言が発動、ホワイトカラーはテレワークで通勤から解放されたものの、その一方で通勤による生活代謝が失われています。何もしないとヤバイ...

お役たちグッズ・サービスまとめ

外貨両替マネーバンクの宅配が便利でお得!日本にいる間に楽々エクスチェンジ!

トラベルハック

日本国内の両替宅配サービス「外貨両替マネーバンク」を使ってみました。

次回、フィリピンに行く際に国内線の乗り継ぎがあります。

次の便までの時間が短く両替の時間がもったいない。行先は離島なので日本円には対応しておらず、フィリピンペソが足りない場合はドルで両替するか、現地ATMを使う必要があります。

いつかコロン島に行ったときにペソ不足になり、現地で両替しようとしましたがレートは私が見た中で史上最悪でした。ATMの数も少なくペソを入手するのに苦労した記憶があります。

日本の空港で両替することは全く頭にないのですが、少し前に「外貨両替マネーバンク」という国内屈指レベルの高レートで両替できるサービスがあると聞き、使ってみることにしました。

ウェブでカンタン申込、宅配は自宅や空港郵便局に指定でき便利です。

\ 空港より断然良い両替レート! /
スポンサーリンク

日本で外貨両替しようとすると手数料の高さに萎える

もしあなたが今まで日本国内の空港で両替していたとしたら悲しいお知らせになります。

この記事の下書き作成時点(’20/3/1)でレート比較してみました。羽田空港や成田空港に取り扱いのある外貨両替はGPA(Green Port Agency)でレートが公開されています。

例えば、以下はフィリピンペソの例です。

  為替レート GPAレート
1外貨あたりの日本円 2.12円 2.45円
1万円を両替すると 4,716ペソ 4,081ペソ
1万円の差額 635ペソ(1,346円)

ドルで見た場合は差額が3ドルくらいでした。扱いが少ない通貨になればなるほど手数料が多くなりそうです。

外貨両替マネーバンクとは

外貨両替マネーバンクは宅配による外貨両替ができるサービスです。外貨為替業務を専門にする株式会社スターキャピタルが2010年から運営を行っています。

日本の外貨両替をもっと安く もっと便利に

外貨両替マネーバンクのサービス理念

私も初めての海外旅行では日本の空港で両替サービスを使いました。

当時はどこがレートが良いといったことを考える余裕もなく、空港で表示されたレートで素直に両替をしていました。しかし、旅に慣れてくると日本での両替レートの悪さに気づきます。他国に比べても手数料が圧倒的にかかり、通貨によっては15%以上もかかることがあります。

10万円を外貨に両替した時点で両替手数料が15,000円もかかってしまう。

この状況って納得できないですよね。外貨両替マネーバンクでは、店舗を持たない、人件費は極力削減することで手数料のコストカットに成功しています。

特徴

店舗なし、宅配で外貨を配送

外貨両替マネーバンクは店舗を持ちません。以前は店舗を持ち店頭対応もしていた時期があるようですが、現在ではすべて宅配で対応しています。

日本全国対応で送料無料が嬉しいサービスです。

代引きを使うと手数料500円がかかるので可能であれば銀行振込で手続きしましょう。当日14時までの入金確認ができ、通貨在庫があればその日のうちに発送されます。

申し込みはウェブから行います。受取は自宅だけではなく、職場でも空港郵便局でも受取が可能です。

外貨の売り買い両方に対応

外貨両替マネーバンクで公開されているレートは手数料込み、他の両替店に比べてもかなり安い手数料です。レートは1日に何度も更新されます。両替を申し込んだ場合にはその時点のレートが適用されます。

国内他サービスに比べて手数料が激安

外貨両替マネーバンクは国内空港の両替店舗と比べると手数料が非常に安いです。

日本にある空港の飲食店って軒並みいい値段しますよね。

1,000円以下で食事をするのはなかなか難しいです。成田空港だと制限エリア内に吉野家があります。吉野家といえば「うまい、やすい、はやい」がキャッチコピーが有名ですが、この吉野家・成田空港のメニュー価格は決して安くない(苦笑

客単価を上げるために、1000円以上の定食メニューばかりである…

成田空港を応援したい「成田空港内にある吉野家のメニューが高級な件」

空港に店舗を持つには高い家賃を支払わなければいけません。必然的に商品価格の設定に跳ね返ります。両替もしかり、レートの悪さは店舗家賃や人件費が関係しています。

外貨両替マネーバンクは店舗を持たないことで両替手数料を大幅に安く抑えられています。

あまり知られていませんが、海外でクレジットカードを使用した場合、為替手数料として利用額の1.63%加算された額が請求されます。(手数料率はカードによって違いあり)。外貨両替マネーバンクの両替レートは、これよりも下回る場合もあり、クレカよりもお得になる場合も多いです。

2020年1月25日付でのレート比較
取引通貨 外貨を買う(円→外貨)
外貨両替
マネーバンク
Yahoo!
為替レート
空港レート
米ドル 110.47
(90.5ドル)
109.28
(91.5ドル)
112.09
(89.2ドル)
中国元 15.95
(627元)
15.75
(634元)
17.46
(573元)
タイバーツ 3.64
(2,747バーツ)
3.58
(2,793バーツ)
4.01
(2,493バーツ)
フィリピンペソ 2.204
(4,537ペソ)
2.15
(4,651ペソ)
2.45
(4,081ペソ)

▲ 上記はある日のレート、括弧は1万円を両替した時の現地通貨です。空港レートの悪さが目につく一方、外貨両替マネーバンクが優良レートであることがわかります。

17ヵ国の通貨に対応

この記事投稿時点では17ヵ国の通貨に対応しています。

空港だと30通貨以上に対応していることがあるのでちょっと少ないですが、多くの日本人が訪れる国の通貨は対応しています。

電話での相談が可能

申込はウェブで簡単に行えます。

しかし、100万円以上など高額の両替ってちょっと不安ですよね。また、高額両替だと通貨が足りずすべて両替できないことも考えられます。外貨両替マネーバンクでは、電話での相談窓口があるので事前に相談することが出来ます。

外貨の持込みは国によっては、一定以上で申告が必要なケースがあります。例えば、フィリピンではUS1万ドル相当以上の外貨持込みについては申告が必要です。また、50,000フィリピンペソ以上の持込みは許可が必要となります。

評判・口コミ

両替を宅配で」というのが馴染みがないのか、インターネット上ではさほど利用者の口コミは多くはないですね。しかし、シンプルなサービスなので特に悪い口コミも見られませんでした。

メリットとデメリット

良いところ
  • 日本の空港や銀行よりもかなりお得!
  • 日本中どこでも使える
  • 宅配の送料が無料(全国一律)
  • 主要国通貨がカバー(17ヵ国)
  • 空港で余計な時間を使う必要がない
  • 高額両替も安心してできる
  • だまされる不安がない
  • よく行く国であれば、レートが良いうちに両替しておける
残念なところ
  • 現地両替に比べるとやはり若干手数料がかかる
  • 空港の両替店舗よりは対応通貨が少ない
  • 外貨発送業務は平日のみ
  • キャンセルができない
  • 通貨が入荷待ちのことがある

リアルタイムでは現地両替に比べるとやはり若干手数料がかかりレートが落ちます。とはいえ、不慣れな海外旅行で早めに両替しておきたいという場合であれば魅力のあるサービスです。

それと、メリットの最後に書きましたがよく行く国でレートに熟知していれば、高レートのうちに幾分か両替してしまうという使い方もできる。フィリピンの場合は、1万円が5,000ペソにどれだけ近くかが1つのバロメーターなので当面渡航は先でも円高なら両替しちゃうとか。

まとめ

なんでもオンラインで出来るようになり便利になりました。通貨が17ヶ国ということなのでもうちょっと取り扱いが増えるとさらに便利そうです。

外貨両替マネーバンクはこんな人におすすめ
  • 海外旅行が初めての人
  • 現地でのコミュニケーションに不安のある人
  • 高額な両替を事前に行う必要のある人
  • グループ旅行で時間短縮のため代表者で両替しておきたい人
  • 現地で日本円の取り扱いがあるか不明瞭な場合

トラベルハック
スポンサーリンク
\ 記事が役に立ったらシェア!/
このブログを購読してみる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バジェットな旅ログ
タイトルとURLをコピーしました