フィリピンのお金。行く前に押さえておく7つのこと。(通貨、両替、クレジットカード、ATM、チップ諸々)

スポンサーリンク
トラベルハック

フィリピンのお金(通貨、両替、クレジットカード、ATM、チップ)に関する情報をこれからフィリピンに行く方向けにご紹介します。

 

スポンサーリンク

フィリピン・ペソ通貨の種類

フィリピンペソ(PHP)は、フィリピンの正式な通貨。色鮮やかな紙幣の券種は、10, 20, 50, 100, 200, 500, 1,000ペソなどがあります。10, 200ペソはあまり見ないかも。ペソはさらにセンタボという単位まで分割されますが、まぁ、センタボは気にしなくて良いです。あまり見ないので。

フィリピンペソの表記:

  • “₱” (official)
  • P
  • P$
  • PHP

日本円は街中では使えませんが、米国ドルは場所によっては使えます。というか、米国ドルは、東南アジアの他の国でも使えることがあるので、米国ドルを持っておいても良いです。

現在のフィリピン・ペソのレート

通貨レートは次の通りです。自動で表示していますが、街中では多少これよりレートは落ちます。

現在、1フィリピンペソ(PHP) = 円です。 1万円を両替すると、 ペソになります。

よく使う通貨・紙幣

  • 5ペソ:
  • 10ペソ:
  • 20ペソ:
  • 50ペソ:
  • 100ペソ:
  • 500ペソ:
  • 1,000ペソ:

更新日時: 「https://www.floatrates.com/」より自動取得

フィリピンの両替 (Money Changer)

マニラ、セブであれば、多くの両替所があります。ホテルが多く、旅行者が宿泊するような場所であれば近くに両替所があると考えてよいです。

逆に、エルニドやコロン島などの離島は、日本円を両替できる場所が少ないです。米ドルを別に持っておくか、マニラ、セブにいるときに多少多めに両替しておいたほうがよいです。クレジットカードで引き出せるATMがあればよいですが、離島は事前に確認が難しいです。

changbeer
changbeer

コロン島でペソ不足になって、損な両替をしたのは秘密

    • 為替レートを日本にいる時にチェックしておく。
    • 日本でのフィリピンペソへの両替はレート最悪なのでNG。
    • 空港で多少両替しておく。
    • 両替するまえに、店員にレートを聞く。
    • できれば複数の両替所のレートを見て回る。
    • 一度に多額は両替せず、その日に使う分だけ両替などリスク対策する。
    • 紙幣は店員と一緒に数えて、紙幣を渡された後に再度店員の前で数える。
    • また、来る予定があるか分からなければペソは使い切りましょう。

マニラ(マラテ・エルミタ)での両替

Moonlight Money Changer
  • エルミタの教会近く
  • 住所: 1190 Mabini St., Ermita, Malate, Manila, Metro Manila
Edzen Money Changer
  • マビニ通り。この周辺では有名です。ただ、やたら混みます。
  • 住所: 1511, A. Mabini Street, Ermita, 1st District, Ermita, Manila, 1000 Metro Manila
Nailas Money Changer
  • Red Planetホテル近く
  • 住所: 1741 Mabini St, Malate, Manila, 1004 Metro Manila
Sheeha Money Changer
  • Edzenの目の前。Edzenよりも空いていてレートもさほど差がないか、むしろ良い時があるので私はよく使います。
  • 住所: 1529 Mabini St, Malate, Manila, 1001 Metro Manila
Moromax Exchange
  • マラテのロビンソンモール内
  • 4th Level Robinsons Place Manila, Padre Faura St, Ermita, Manila, 1000 Metro Manila

マニラ(マカティ)での両替

Czarina Foreign Exchange
  • ニノイ・アキノモニュメント近く
  • Unit 1412, Tower One & Exchange Plaza, Ayala Ave. 1226, Makati, Metro Manila
Czarina Foreign Exchange
  • グロリエッタ1の3F
  • Unit 3-077, 3F Glorietta 1, Ayala Center, Makati, Metro Manila
Czarina Foreign Exchange
  • マカティ・シネマ・スクエア
  • Unit 15, Upper Ground Floor, Makati Cinema Square, Pasong Tamo, Makati, Metro Manila
Sanry’s Money Changer
  • シャングリラホテルの近く
  • 2F Link Building, Ayala Center, Makati, 1226 Metro Manila
Sanry’s Money Changer
  • グロリエッタ5の2F
  • L2, G5-212, Glorietta 5, Ayala Ave, Makati, Metro Manila

ショッピングモールでの両替

街中での両替がちょっと怖い…そんな場合は、ショッピングモールでの両替が良いです。代表的なSM Mall, ロビンソンモールは、マニラ、セブにあるのでそこで両替すればOKです。

 

スポンサーリンク

 

クレジットカードでの支払い

Visaカード、Masterカードが広くクレジットカードが利用可能です。現金とクレジットカード両方持っていれば、リスク分散になります。クレジットカードを一枚も持っていない方はひとつはあったほうが安心です。

クレジットカードは、マニラやセブの多くのエリアで使用することが可能です。観光地のボラカイやコロン島では、ホテルやレストランでの使用は出来ました。

また、一般的に現金両替に比べて、クレジットカードでの支払いの方がレートが良いので支払える場所であれば、クレジットカードで支払う方が良いです。ポイントも貯まります。

ATMでの引き出し・キャッシング

クレジットカードを使って現金を引き出すことが可能です。私は、三井住友VISAを使っていますが、HPに親切にATMの場所と使い方が案内されています。VISA, Masterであればフィリピン現地のATMが利用可能なので、利用会社のHPを見て見ましょう。

大きな額面の紙幣から使っていく

決済のときは、1,000ペソ、500ペソなど大きな額面紙幣から使っていき、小額紙幣に換えておきましょう。少額紙幣を用意しておかないと、規模が小さい店舗などでの買い物の際に、おつりがないこともちらほら…

また、マニラのタクシーは500ペソとかで支払ってもお釣りをくれることは稀です。どこかに立ち寄って、崩すのも大変ですし、付き合ってくれるかどうかも怪しいので事前に小額紙幣を準備しておくと良いです。

やたら貯まるコイン

これ、東南アジアあるあるですが、まぁどんどんコインがたまります。日本のみたいに穴あきコイン(5円、50円)とかないので、見分けもしづらい。レストランとかバーとか、チップ回収を狙って敢えて大量のコインで返してきます。

コインは、工夫して小分けにして使えるコンビニやタクシーなどで使いましょう。

旅行用の財布を用意しましょう

私は、海外に行っているときは盗難などに備えていつも使っている財布ではなく、旅行用に別のものを使っています。

割と便利なのがマネークリップ。細かい紙幣がどうしても多くなるので、まとめるときに便利です。さっと取り出せて、そしてクール。値段も安い。

チップの話

チップは求められたり、そうでなかったり。ホテル、レストランは不要と考えています。レシートを見て「サービス料金 x%」と入っていれば、間違いなく不要です。

バーとかはチップ求められますので、自分の納得した範囲で払えば良いと思います。別にいかがわしくないスパに行って、マッサージ受けると、チップ記載用紙もらいますね… 50ペソ〜100ペソの範囲で良いかと思います。

タクシーは、メーター使ってくれれば、支払い時にお釣りの小銭を渡すとかその程度で良いです。メーターを使わなかったドライバーはチップ不要です。

 

changbeer
changbeer

空港で、「Tip me!」って言われる?それはフィリピン 流の挨拶です。華麗に聞き流しましょう♪

 

以上、お金にまつわる7つのことでした。

トラベルハック
スポンサーリンク
ご覧いただき感謝です。記事の品質がブースト的に向上するボタンは次の通りです。密かに喜んでいます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バジェットな旅行記ロク
タイトルとURLをコピーしました