通勤から解放、しかし失われる生活代謝

新型コロナウィルスの弊害で緊急事態宣言が発動、ホワイトカラーはテレワークで通勤から解放されたものの、その一方で通勤による生活代謝が失われています。何もしないとヤバイ...

お役たちグッズ・サービスまとめ

ブスアンガ島コロンタウン Coron Gateway Hotel and Suites 宿泊記 | お世辞にもオススメできない

2.0
ホテル宿泊

GWに宿泊し、すでに1ヶ月半以上経過していますが、ブスアンガ島コロンタウンの最高位置に位置する宿泊施設、コロン ゲートウェイ ホテル アンド スイーツ をご紹介します。ちょっとね…

 

スポンサーリンク

宿泊概要

日付2018年5月某日
ホテル名Coron Gateway Hotel and Suites
(コロンゲートウェイ ホテル アンド スイーツ)
部屋タイプ:ジュニアスイート
住所Poblacion 3, Coron Town Proper, Coron, 5316 Palawan, Philippines
宿泊日数3日
価格¥31,184
デポジットなし
値段に対する満足度2.0

そもそもなぜ今頃レビューするw

投稿をおサボりしていたのはぶっちゃけ、、、

ワクワクしなかったホテルだから、、、(ーー;)

という一言につきます。だいぶ日が空いてしまいました。

すでに記事を投稿することすら諦めていましたが、本ブログを始めたきっかけが「私の旅の記録を残す」という部分が自分の中では大きかったため、印象が良かったにしろ悪かったにしろ、このホテルも記録に残そうかとようやく投稿したところです。

このホテルに宿泊した理由

そもそも別のホテルへ宿泊しようとしていました。

このホテルの場所が優れていたのは承知していましたが、Agoda等のレビューをみる限り、「部屋は広い…でも…」的なレビューがあまりに見られていたので、本来であれば宿泊したくなかったのが本音。そして、その悪い予感は当たる。

当初は、こんな感じのホテルとか。

コロン ウェスタウン リゾート (Coron Westown Resort)

こんな感じのホテルとか。

アジア グランド ビュー ホテル (Asia Grand View Hotel)

はたまたこんな感じのホテルに宿泊しようと考えていました。

コロン ソレイユ ガーデン リゾート (Coron Soleil Garden Resort)

本来はこういう場所に滞在する予定でした。

現地に行く3ヶ月以上前は、これらのホテルに宿泊予定でした。しかし、2ヶ月前にホテルのチェックをしたところ、コロン地域のホテルが軒並み「予約済み」… (・・;)

なんとか、少しでも良い条件でと探したのが今回宿泊した「Coron Gateway Hotel and Suites」でした…

 

スポンサーリンク

 

良いところ

  • 場所だけならコロンタウン一番✨
  • コロンタウン内どこに行くにもトライシクルいらず!
  • ホテル裏には観光スポットのお土産屋さん街

悪いところ

  • 老朽化が進んでいるし、メンテナンスされていない。
  • 小さい虫がたくさんいる…
  • ホテルは大きい割に、食事の施設がない。
  • ぶっちゃけ、体育館みたい。
  • 宿泊した後に、良い印象が残っていない。

ロケーション

コロンタウンの港の近さでは、天下一品✨ 他を寄せ付けない圧倒的な近さ。コロンタウンの中心部のため、どこに行くにも歩いていけます。(ただし、2月〜5月は灼熱的な暑さのため、その少しも歩きたくないので結局トライシクルに乗車しますがw)

ブスアンガ空港からホテルへの移動

ブスアンガ空港(フランシスコ B レイズ空港)に到着すると、たくさんのバンが待機しています。誰でも良いので声をかけると担当に取り次いでくれます。詳しくは、本記事の下部にリンクを掲載しておきます。

予約

Agodaを通じて予約しています。3泊で¥31,184でした。宿泊前から、あまり納得は言っていなかったものの、すでに二人分の航空券を手配している手前、どこかのホテルに宿泊する必要があったので、決済の決断に至りました。

 

宿泊記

外観/館内

パッと見は、外装が白いホテル。でも良くみると色々痛んでいます… 海に近いから仕方ないのかな。

ホテル前からの風景。すぐ近くは港です。

レセプション。受付した時は、まだ時間が早かったらしくすぐにインできず。外で食事してから部屋に入れました。

部屋へと続く廊下。窓のない外と繋がっています。ものすごく殺風景。この辺が体育館っぽさを醸し出しています。

客室

部屋は、いちおうジュニアスイートとのことです。

ベッドは大きいです。というかこの写真から部屋の広さは伝わるかと思います。

セキュリティボックスついていますが、私的には使いずらいタイプ。個人的に、暗証番号4桁入力してサクッと閉められるタイプが好きです。

ベッド横に扉を横に開く形で、浴槽と繋がっています。このタイプは珍しいですね。浴槽は結局使わずじまいでした。

浴槽は大きいです。お湯はそれなりに出ていたと思うので湯船に浸かることもできます。

ホースタイプですが、ウォシュレット付きのトイレ。

閑散とした洗面所。

もの寂しげなシャワー。

石鹸、シャンプー、歯ブラシ。

 

スポンサーリンク

 

通信速度

計測していません。ホテルのWiFiは、ロビー周辺のみの提供でしたので部屋では利用できず。モバイルネットワークは、私のSmartでは電波をつかみませんでした。相方のGlobeは、電波を掴んで多少の通信は楽しんでいたようです。

ただし、ホテルのWiFi通信については、どこのホテルも同じような状況で、この点についてはホテル側の問題というよりは、「島全体」に言えるような気がします。

これは事前に分かっていたたため、この点はある意味予想通りでそれほど不満はなかったです。

Smartとか、Globeとか、わからない方は本記事を読み終えた後に以下の記事をご覧ください。

フィリピン Smart プリペイドSIMカード のまとめ(バンド、APN設定、プラン)
【2019年用にプラン更新済み】フィリピン2大通信キャリアの一つ、Smart Communications。この記事ではSmartのSIMカードのプラン、APN設定についてまとめます。
フィリピン Globe プリペイドSIMカード のまとめ(バンド、APN設定、プラン)
【2019年用にプラン更新済み】フィリピン2大通信キャリアの一つ、Globe。この記事ではGlobeのSIMカードのプラン、APN設定についてまとめます。

朝食

朝食はありませんでした。というか、食事を提供するレストラン的なスペースはありませんでした。毎朝、トライシクルに乗って、クーラーの効いたレストランへ行っていましたとさっ…

最後に

コロンのホテルは、多くのホテルでレビュー評価の上下が大きくなかなか選択が難しいです。

その中で、このホテルはロケーションという絶対的な評価軸は持っていたため、宿泊するという選択に至りましたが、宿泊しての印象は「ワクワクしないホテル」。

この一言につきます。ブスアンガ島(コロン)の滞在は観光目線でとてもよかったです。ただ、来年以降のこの宿泊施設の利用は避けたいというのが本音です。

パラワン地域でオススメのホテルはこちらからどうぞ

コロン島(ブスアンガ島)旅行まとめ

2018年コロン島を訪れた記録は、旅行記まとめのページに集約しています。

  • 移動手段
  • 日程の組み方
  • 現地の費用(予算、コスト)
  • 宿泊施設
  • 搭乗記
  • ツアー、アイランドホッピング

などを集約しました。お時間ある際にご覧いただければ幸いです。

おすすめ
コロン島現地観光ツアー選び方
コロン島現地観光ツアー選び方
フィリピン・コロン島の現地観光オプショナルツアーの解説記事。スマホから予約できちゃいます。
コロン島の旅行記。海の透明度えぐいよ。
コロン島の旅行記。海の透明度えぐいよ。
3泊4日のモデルプランがわかるかな?
コロン島プライベートツアーはこんな感じ
コロン島プライベートツアーはこんな感じ
団体の2倍程度を支払うと船が借りられます。
コロン島に来たらカヤンガン湖ほか必須
コロン島に来たらカヤンガン湖ほか必須
団体で回る定番ツアーの旅行記です。
コロンタウン半日観光
コロンタウン半日観光
ブスアンガ 島に来たらまずはコロンタウンを回ってみましょう
ホテル宿泊
スポンサーリンク
\ 記事が役に立ったらシェア!/
このブログを購読してみる
スポンサーリンク
思考ゼロで使ってしまうAgoda、やっぱここ
agoda-square-banner

Agodaは私がもっとも使うホテル予約サイト。

もう10年以上使っている。操作インターフェースに慣れたというのもあるのだけれど価格で調べると結局アゴダが安くて使ってしまう。繰り返し使うことでクーポンも定期配布にされるので虜になってしまう。どうやら私は、「Agoda VIP」らしいw

最近は民泊や空港〜ホテル間の送迎も強化しており、ホテル選びするならまずアゴダは目を入れるべきサイト。

航空券とタイミング合わせるなら有無を言わずにエクスペディア

航空券と一緒にホテルを予約する場合は迷わずエクスペディア!

エア割最強です。フラッグシップキャリア・ベトナム航空の往復+四つ星で予約して55,000円 とかで行けます。普通におかしい金額。

口コミの投稿数はアゴダに劣りますが、それでも利用者数は多いです。ホテル料金はアゴダといい勝負ですが、相対的にはアゴダの方が安い気がします。エア割条件に合えば即ゴーです。

10泊止まるとなんと1泊タダ「Hotels.com」

Hotels.com は世界最大級のオンライン宿泊施設予約サイト。

ここの魅力は10泊止まるとなんと1泊タダになってしまうこと。ここ最近のホテルでは、アゴダの次に使うようにしています。アゴダより若干高い印象。金額が近い時はリワード10泊を目指すためここを使います。

アプリが使いやすいのは気に入っています。

スポンサーリンク
バジェットな旅ログ
タイトルとURLをコピーしました