フィリピン Globe プリペイドSIMカード のまとめ(バンド、APN設定、プラン)

フィリピン Globe プリペイドSIM パッケージプランまとめ モバイルSIM
スポンサーリンク

フィリピン2大通信キャリアの一つ、Globe 。フィリピン旅行の際に、プリペイドSIMを利用するならGlobe(グローブ), またはSmart(スマート)を利用することになります。今回は、GlobeのSIMカードのプラン、APN設定についてまとめます。

2019年の更新作業を行いました。

  • トラベラーSIM特典及びパッケージプランの変更
  • パッケージプランの変更(GoSAKTOを入れました)

記事内、現地通貨で表記することがあります。 現在、1フィリピンペソ(PHP) = 円です。1万円を両替すると、 ペソになります。

よく使う通貨・紙幣

  • 5ペソ:
  • 10ペソ:
  • 20ペソ:
  • 50ペソ:
  • 100ペソ:
  • 500ペソ:
  • 1,000ペソ:

更新日時: (自動取得データ)

50ペソ、100ペソ単位でよく使うのでレート見ておきましょう

フィリピンの通信キャリア

フィリピンには、Smartと、Globeという主要な二つの携帯キャリアが存在します。どちらも旅行者が使えるプリペイドSIMカードがあります。

現地っ子に聞くと違いは、こんな感じ。

  • 都会に強いSmart
  • 郊外、田舎でも使えるGlobe

日本だと、前者がソフトバンク(またはau)、後者がドコモのような存在のようです。実際、コロン島に行った時も私のSmart入りのスマホがなかなか通信できない場合でも、Globeを入れた相方は結構通信できていました。

Smart, Globe プリペイドSIMカード

どちらの通信会社のプリペイドSIMもスマホにクレジット残高のあるSIMを入れて、アクティベーションコード入れるとすぐに使えるようになります。プリペイドSIMは、空港、通信会社のキオスク、ローカルのショップ、スーパーマーケットなどで購入することができます。

アマゾンで買うとか平気?事前に買える?

確かにありますね。有名なところでタイの通信事業者が発行する「Sim2Fly」とか日本のH.I.S.モバイルから発売されている「変なSIM」。次の記事にまとめました。

重要:SIMフリースマートフォンをお持ちでない方、またはAU系をご利用の方

日本の各キャリアから発売されたスマートフォンをお持ちの場合は、事前にSIMロックを解除する必要があります。

また、AU系のスマートフォンはフィリピンでは周波数の相性がよくないことが考えられますので事前に調べておくことをオススメします。バンド・周波数は本記事内に記載しています。

モバイルルーターを用意する:
AmazonなどでSIMフリーのモバイルルーターの取り扱いがあることがあります。SIMフリースマートフォンを買うよりはいくらか安いです。

Globe(グローブ)

ここからは、Globeのみの記事となります。

規格、周波数、バンド

ここ数年、LTEも普及してきました。都市部であれば、LTEの電波を概ね掴みます。3Gは、W-CDMA規格を使用していますので、ドコモやソフトバンクで相性の良いSIMフリースマートフォンであれば、GlobeのSIMを入れれば使えると考えて良いと思います。

通信規格周波数バンド
2G(GSM)900E-GSM
1800DCS
3G(UMTS)2100B1
9000B8
4G(LTE)1800+B3
2600B7
TD 2500B41

Globe LTE Traveler SIM(トラベラーSIM)

GlobeではトラベラーSIMが提供されています。トラベラーSIMは、空港で入手することができます。

追記:’19年2月 一般向けの無料配布はなくなり、フィリピン航空利用者のみに限定されるようです。それ以外の人は、後述する350ペソ、700ペソのプランを選択する必要があります。
  • ニノイ・アキノ国際空港(マニラ空港全てのターミナル)
  • クラーク国際空港
  • カリボ国際空港(ボラカイ近く)
  • マクタン・セブ国際空港
  • ダバオ国際空港
  • イロイロ国際空港
  • カティクラン・ジェティ港
  • プエルト・プリンセサ(パラワン)国際空港

フィリピン航空利用者向けのトラベラーSIM特典

  • 1日間有効な300MBのデータ通信が含まれます。
  • GoWiFiアプリを使って、最大1時間の無料通信が可能。
  • 1日間有効な無料電話が含まれす。(フィリピン国内のみ)
  • 有効化するにはSMSを使って8080宛に”MABUHAY”を送信する。
スポンサーリンク

APN設定

APNとは、スマートフォンが携帯電話のネットワークを使ってインターネット通信を行うために必要な設定です。何も設定しなくても使えるスマートフォンもあれば、設定しないと使えないスマートフォンもあります。

SIMフリーのiPhoneは何も設定しなくても使えます✨
項目設定値
名前globe
APN名http.globe.com.ph
ユーザー名空欄でOK
パスワード空欄でOK
プロキシ空欄でOK
ポート空欄でOK

GlobeプリペイドSIMパッケージプラン

Globeは、旅行者向けのプラン(TravelerAllIn)、在住者向けのデータプラン(GoSURF)、電話とデータ両方をバランス良く楽しむプラン(GoSAKTO)を提供しています。

GoSAKTOは、アプリでカスタマイズできます。(旅行者向けではないのでGoUNLIは外しています)

パッケージの有効化は、キーワードをSMS経由で送信することで利用できるようになります。

データパッケージを有効化しなくても、対応しているスマホにAPNを設定すれば、インターネット通信はできます。ただし、そのままでは従量課金での利用になりますので、みるみるクレジット残高を消費します。必ず、データパッケージを利用しましょう。

旅行者向けプラン(Traveler SIM)

2018年よりパッケージ名が変更になっているようです。試していませんが、SMSが海外も無料みたいです。若干値段が高いのでそこで付加価値をつけているようです。

パッケージ名値段期間有効化するキーワード説明
TravelerAllIn 350350ペソ7日間8080宛に “TRAVELALLIN350” を送信基本データ通信4GB、SMS無制限(比国内及び海外)、無料コール(Globeネットワーク)
TravelerAllIn 700700ペソ15日間8080宛に “TRAVELALLIN700” を送信基本データ通信8GB、SMS無制限(比国内及び海外)、無料コール(Globeネットワーク)

1日〜3日プラン

短期ならこのプランの繰り返しですね。

パッケージ名値段期間有効化するキーワード説明
GoSURF5050ペソ3日間8080宛に “GoSURF50” を送信基本データ通信1GB、対象のアプリで+300MBのデータ通信、SMS無制限

1週間プラン

色々アプリでカスタムできるみたいですが、私は面倒なのでGoSURFにしちゃってます。

パッケージ名値段期間有効化するキーワード説明
GoSAKTO7070ペソ7日間8080宛に “GoSAKTO70” を送信基本データ通信1GB、SMS無制限、対象のアプリで+2GBのデータ通信
GoSAKTO9090ペソ7日間8080宛に “GoSAKTO90” を送信基本データ通信2GB、SMS無制限、対象のアプリで+2GBのデータ通信
GoSAKTO120120ペソ7日間8080宛に “GoSAKTO120” を送信基本データ通信1GB、SMS無制限、無料コール(Globeネットワーク)、対象のアプリで+2GBのデータ通信
GoSAKTO140140ペソ7日間8080宛に “GoSAKTO140” を送信基本データ通信2GB、SMS無制限、無料コール(Globeネットワーク)、対象のアプリで+2GBのデータ通信

30日プラン

999ペソ払っちゃいましょう。

パッケージ名値段期間有効化するキーワード説明
GoSURF299299ペソ30日間8080宛に “GoSURF299” を送信基本データ通信1.5GB、対象のアプリで+1GBのデータ通信
GoSURF599599ペソ30日間8080宛に “GoSURF599” を送信基本データ通信4GB、対象のアプリで+1GBのデータ通信
GoSURF999999ペソ30日間8080宛に “GoSURF999” を送信基本データ通信8GB、対象のアプリで+1GBのデータ通信
GoSURF対象アプリ:Youtube, HOOQ, Netflix, Spotify, Arena of Valor, Clash Royale, Clash Of Clans, Instagram, Facebook, Snapchat, Viber…(このあたりは入れ替わりです、参考まで)

プリペイドSIMを使った場合の電話・SMS料金

プリペイドSIMでの電話・SMS料金
ネットワークコール/分SMS/通
Globe to Globe6.50ペソ1.00ペソ
Globe to TM7.50ペソ1.00ペソ
Globe to 他キャリア7.50ペソ1.00ペソ
Globe to 固定電話7.50ペソ
フィリピン国内直通7.50ペソ
国際電話・SMS0.40 USD15.00ペソ

プランを決めたら実際に設定しましょう

実際のスマートフォンを使った設定については下記の記事にまとめています。

現地在住者、渡比リピーターの方向けですが、配車アプリのGrab経由でフィリピンのSIMへロードすることができます。

フィリピン旅行をハックするサイトマップ

初めてフィリピンに行かれる方向けの記事をまとめています。

最後に

今回は、自分の備忘録も兼ねてGlobeの利用方法をまとめてみました。SIMさえ手に入れてしまえば、APN設定してデータパッケージの有効化するためのSMSを遅ればフィリピンのSIMは使えるようになります。

普段は都市部での滞在が多いため、Smartをよく利用していますが、コロン島に行った時には、Smartはあまり電波が入りませんでした。一方で、Globeは多少電波が良かったように見受けます。

次回の渡比の際に、設定内容について追ってアップデートします。

SmartのプリペイドSIMについては、以下の記事をご覧ください。

追記:フィリピンの通信キャリアと相性の良いスマートフォンを次の記事にまとめましたので、買い替え時期の方、新しいスマートフォンを検討されている方はあわせてご覧ください。

モバイルSIM
スポンサーリンク
ご覧いただき感謝です。記事の品質がブースト的に向上するボタンは次の通りです。
スポンサーリンク
バジェットな旅行記ロク
タイトルとURLをコピーしました