フィリピン航空・マブハイラウンジへ潜入。人口密度高すぎ(マニラ空港ターミナル2)

フィリピン航空
スポンサーリンク

マニラ・ニノイアキノ国際空港ターミナル2、通称NAIA-T2といえばフィリピン航空のお膝元。

ここ第2ターミナルではフィリピン航空とその子会社PALエクスプレスのみが運航するというまさしくナショナルフラッグキャリアといえる待遇です。

今回、マニラから東京・成田への帰国便でフィリピン航空を利用しました。久しぶりのフィリピン航空ですが、ANAのコードシェア便ではないので通常はラウンジを使えません(ネット上には使えたという口コミもみられた)。

そこで、今回は事前にフィリピン航空へのステータスマッチでマブハイマイル・プレミアエリート会員の資格をゲットしてラウンジ入室に備えました。

といっても結局、有償のビジネスクラスアップデートも成功してしまい、どちらにしてもラウンジを利用する権利を得ることができました。

スポンサーリンク

マニラ・ニノイアキノ国際空港ターミナル2のラウンジ

マニラ空港はターミナルが4つあります。

マニラ・ニノイアキノ国際空港マップ
マニラ・ニノイアキノ国際空港マップ
(画像引用:Wikipedia

ターミナル4は小規模、国内線のみで空港ラウンジはありません。空港ラウンジがあるのはターミナル1, 2, 3になります。JALはT1にサクララウンジ、ANAはT3にPAGSSラウンジが使えます。

ターミナル2では、フィリピン航空・マブハイラウンジ一つだけ存在します。

フィリピン航空・マブハイラウンジ

基本情報

場所マニラ・ニノイアキノ国際空港ターミナル2
営業時間3:00AM-9:00PM
座席数パッと見、80座席はないくらい
有料利用できるという情報は見当たらない
喫煙以前は可能だったようですが、現在は不可
サービス内容
  • 新聞・雑誌
  • テレビ
  • 軽食
  • アルコール(ビール、スピリッツ、ワイン)
  • ソフトドリンク
  • ラウンジスペース
  • フライト情報
  • 無料WiFi
  • フライト情報モニター
  • ※シャワーなし

利用方法(入室資格)

フィリピン航空は、ANAと業務提携しておりNH便(ANAのコードシェア便)であれば、マイルも加算されます。しかし、この記事投稿時点においてフィリピン航空はアライアンス未加盟です。

NH便であればラウンジ利用は可能ですが、物理カード(ステータスカード、SFCカード)を用意しておく必要があります。利用の際に、チェックインカウンターでカードを掲示しとくと航空券にラウンジインビテーションの印が押されるようで利用がより確実となります。

スポンサーリンク
入れる資格
  • マブハイマイル・ミリオンマイラー会員(同行者2名まで)
  • マブハイマイル・プレミアエリート会員(同行者1名まで)
  • マブハイマイル・エリート会員(利用者のみ)
  • フィリピン航空ビジネスクラスの利用者
  • NH便を使うANA上級会員
    • ダイアモンド会員
    • プラチナ会員
    • SFC会員
マニラ・ニノイアキノ国際空港ターミナル2・マブハイラウンジ(入室資格)
マブハイラウンジの入室資格

ラウンジアプリ(ラウンジバディ、ラウンジキー、ドラゴンパス)、プライオリティパスでは入れません。

ラウンジへのアクセス(行き方)

フィリピン航空あたりで引用可能な画像があれば…と思ったのですが本家英語サイトをみても見つかりませんでした。ということで非常に稚拙ですがマップを作ってみました。

ニノイ・アキノ国際空港T2(ターミナル2マップとマブハイラウンジの場所)
ターミナル2マップとマブハイラウンジの場所

国際線と国内線は繋がっており、制限エリア内でも行き来することができます。ラウンジはマブハイラウンジ一つのみです。

国際線側のイミグレ、保安検査場を抜けて右手に行きます。搭乗口にすると7番付近に国内線ターミナルへの通用口があります。通用口付近にマブハイラウンジがあります。

スポンサーリンク
マニラ・ニノイアキノ国際空港ターミナル2・マブハイラウンジ(保安検査場を抜けて左手をみている)
保安検査場を抜けて左手をみている

▲ 保安検査場を抜けると、左手から搭乗口1〜7まであります。

マニラ・ニノイアキノ国際空港ターミナル2・マブハイラウンジ(保安検査場を抜けて右手に進んだ)
保安検査場を抜けて右手に進んだ

▲ 保安検査場を抜けて右手に少し進みました。右奥に国内線側の通用口があります。

マニラ・ニノイアキノ国際空港ターミナル2(マブハイラウンジ案内板)
マブハイラウンジ案内板

▲ 国内線側の通用口前までくるとマブハイラウンジの案内板があります。

マニラ・ニノイアキノ国際空港ターミナル2・マブハイラウンジ入り口前
マブハイラウンジ入り口前

フィリピン航空・マブハイラウンジレポート

入口・受付

▲ ラウンジ前には可愛らしいフィリピン航空CAさんがお出迎えしてくれます。

ニノイ・アキノ国際空港T2・マブハイラウンジの受付・エントランス
ニノイ・アキノ国際空港T2・マブハイラウンジの受付・エントランス

▲ 受付の右手に立派なマブハイラウンジの飾りが。インスタとかみているとこの場所で記念撮影している人が多いようです。

ラウンジスペース

ラウンジは最近リニューアルしたというのをネット上の記事で見ました(本当?)

建屋の作りが少し特殊で縦に長いような空間です。広々…という感じはしないものの80座席くらいはありそうな感じです。この日は結構混雑していましたね。

タップ(クリック)拡大→左右にスライドが可能です。

日本人の方も結構いましたね。ANAなんかと比べると客層が異なるようで平均年齢が高いように見受けました。フィリピンでビジネスをしていたり、リピートでなんども渡比していたりするんでしょうか。

ラウンジは途中からかなりの人が入ってきて、人口密度高かったです。

ソフトドリンク・アルコール

ビールは日本のスーパードライ、現地?ケトルブリューというビールがありました。なんどもフィリピンきているのですが、初めて見ました。飲んでみたものの、美味しくない(苦笑

タップ(クリック)拡大→左右にスライドが可能です。

軽食

食事は種類は多くはないです。

日本人の方が結構いましたけど、フィリピン航空の食事が美味しくないから…とがっつり食べる日本人もいましたね。エコノミー食はイマイチなのかな。

タップ(クリック)拡大→左右にスライドが可能です。

ニノイ・アキノ国際空港T2・マブハイラウンジ(ヌードルバー)
ヌードルバー

▲ 省スペースながらヌードルバーがありました。

ニノイ・アキノ国際空港T2・マブハイラウンジ(ヌードルバー)

▲ 美味しそうですね。次回試してみようかな。

WiFi

フィリピン航空マブハイラウンジWiFi速度
時間帯正午くらい
PING値15ms
下り速度5.73Mbps
上り速度6.94Mbps

いいのか悪いのかは置いておいて、WiFiはノーパスワードで使うことができました。

NAIA自体の無料WiFiもありますが、今年に入ってから(?)SMS認証が必要です。

まとめ

時間帯にもよるのでしょうが、この正午くらいの時間は非常に混雑していました。

ANA便が運航しているターミナル3だとラウンジが複数あり、混んでいたら別のラウンジへ…ということができますが、ターミナル2ではこのマブハイラウンジだけなので逃げ場は搭乗口ですね。

いつ来てもどこの場所に行っても混雑している印象のターミナル2です。

フィリピン航空空港ラウンジ
スポンサーリンク
ご覧いただき感謝です。記事の品質がブースト的に向上するボタンは次の通りです。
このブログを購読してみる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログの購読はこちら

バジェットな旅行記ロク、主に東南アジアを中心とした旅行ブログです。

ブログ投稿は週に2, 3回です。写真多め、見やすい記事をお届けします。

快眠へ導くネックピロー5選セゾンゴールドAMEXの解説記事
バジェットな旅行記ロク
タイトルとURLをコピーしました