フィリピン航空A350-900へ搭乗。逆転のプレミアムエコノミー。

フィリピン航空A350-900搭乗。逆転のプレミアムエコノミー。 フィリピン航空
スポンサーリンク

フィリピン航空の最新エアバスA350-900のプレミアムエコノミーに搭乗してきました。

お盆にマニラ経由でバンコクへ。4泊ほどを過ごしてマニラへの戻りの便となります。実はこのフライト、当初予定した機材ではありません。

機材変更、しかも二度。

当初は、エアバスA330-300のプレミアムエコノミーに搭乗する予定でした。その後、プレエコ設定のないボーイングB777-300ERに機材変更されました。座席的にはダウングレードですね。

フィリピン航空A350-900へ搭乗。二転三転プレミアムエコノミー(度重なった機材変更)

当日、再度機材変更されたようで、プレミアムエコノミー座席設定のあるエアバスA350-900に搭乗することができました。ということで「棚からぼた餅」的?搭乗記、いやプレエコで購入したからなぁ…(苦笑

スポンサーリンク

フライト概要(フィリピン航空/PR731, バンコク-マニラ)

フィリピン航空A350-900へ搭乗。二転三転プレミアムエコノミー(A350-900のフロントマスクがイケメンな件について)
A350-900のフロントマスクがイケメンな件について
日付2019年 8月某日
時刻13:30-17:00
路線
  • フィリピン航空PR731
  • 出発:タイ・バンコク(BKK)
  • 到着:フィリピン/マニラ(MNL)
機材エアバスA350-900
航空券価格 
マイルPAL側に積算中

今年から貯めづらいというのは百も承知でマブハイマイルを貯めています。PALへステータスマッチを行い、現在はフィリピン航空の上級会員(プレミアエリート)となっています。

何かとフィリピンに行くことは多いのでマニラ周辺のフライトではPALさんを優先するか…という感じで今年の夏は4便ほど搭乗しました。今年、もう一回くら乗りそうです。

マブハイマイルの加算は鈍い

マイルの加算は処理がスムーズじゃないですね。

予約時にマイレージ番号入れたからすんなり…そんなことはありません。しかも、空港のグランドスタッフに頼んでもなかなか加算されません。日本出発の便では1週間ほどで加算されましたが、マニラ発や今回のバンコク発ではいつまで経っても未処理状態。

この記事は、有給休暇をとった日(ズル休み)に書き始めたのでついでにさっき電話しました。フィリピン航空では日本語で会話できるコールセンターがあります。なかなか繋がらない上、ナビダイヤルは20秒/10円なので要注意です。

航空券の発券

今回はフィリピン航空の公式サイトを使いました。しかしまぁ…使い勝手の悪いこと。正直セブパシフィックの方がサイトの完成度は高いですね。

普段は航空券価格の比較サイトを見ながら価格比較を行い最安で利便性が高いフライトを探しています。航空会社直接、または航空券予約サイトはその時々で使い分けています。

Skyticket(スカイチケット)

わかりやすいインタフェースでスマホアプリから予約しやすいのが「Skyticket(スカイチケット)」です。数多くの航空会社と提携しているので目的の航空会社以外でお得なチケットが見つかることがあります。

\ LCCもたくさん見つかる /

公式 驚きの価格!海外格安航空券 スカイチケット

Surprice(サプライス )

HISを親会社にもつ「Surprice(サプライス )」では、LCCを含めた主要な航空会社のチケットを一括比較してくれて、検索の手間が省けます。

その時々で、料金に差があることが多いので必ずチェックしています。週末になると¥2,000〜¥3,000引き程度のクーポンを配布していることがあります。

\ 旅の価格に驚きを/

公式 サプライス

二度の機材変更

冒頭でお話の通り、機材が二度変更されました。

  • A330-300からB777-300ERへの変更(座席PY→Yへ格下げ)
  • B777-300ERからA350-900への変更(座席Y→PYへ戻る)

B777はプレエコ設定なしで、エコノミー格下げでした。何らかの払い戻しがあるのかと思いきやそんなこともなく、しれっとメールで機材変更のみを伝えてきます。

まぁ、コールセンターに電話したり、メールしたりといろいろあったのですが最終的にはダウングレードのお詫びとして、搭乗当日にクーポン券をもらえることにはなっていました。

しかし当日、現地に行くと再びの機材変更、そして座席はプレミアムエコノミーに返り咲きました。いろいろなネタをご提供いただいたフィリピン航空さんにはある意味感謝?w

フィリピン航空A350-900

フィリピン航空のエアバスA350-900は、当初ニューヨークやトロント、ロンドンといった欧米の目的地向けに導入されました。その後、バンコク、香港、シドニー、シンガポール、日本路線でも使われることがあります。

フィリピン航空A350-900へ搭乗。二転三転プレミアムエコノミー(PR A350-900 PY-Cクラス座席)
PR A350-900 PY-Cクラス座席
フィリピン航空A350-900へ搭乗。二転三転プレミアムエコノミー(PR A350-900 Yクラス座席)
PR A350-900 Yクラス座席
スポンサーリンク
フィリピン航空A350-900座席構成
クラスピッチ広さ座席数
ビジネス78インチ21インチ30席
プレミアムエコノミー38インチ19インチ24席
エコノミー33インチ18インチ241席

座席は、トータルで295席あります。ビジネスクラスは1-2-1、プレミアムエコノミーは2-4-2、エコノミーは3-3-3のアブレスト。

今回、プレミアムエコノミーでは4, 5名ほどの乗客しかいませんでした。一度機材変更して座席格下げされたプレエコ客が他の便に変更した可能性があります。

私も変更は検討しましたが、ビジネス、プレエコともに受け入れられる選択肢がなかったので結局そのまま搭乗することとなりました。

今回は運が良かったです。

バンコク・スワンナプーム国際空港

フィリピン航空A350-900へ搭乗。二転三転プレミアムエコノミー(バンコク・スワンナプーム国際空港のコンコースF付近)
バンコク・スワンナプーム国際空港のコンコースF付近

ホテルから空港までの移動

今回は、バンコクのラチャダムリ地区にあるデュシタニのホテルに滞在していました。午後便だったので11時半過ぎにホテルを出ます。スマホからGrabを予約して空港に向かいました。ハイウェイを使うか聞かれたので提案を受け入れました。(トータル500バーツ)

Grabでクレジットカード払いの場合、ハイウェイ料金を加算してもらうことができます。加算処理の場合には、乗客からもきちんと金額確認した方がトラブルがないです。

優先チェックイン

フィリピン航空A350-900へ搭乗。二転三転プレミアムエコノミー(フィリピン航空のチェックインカウンター、撮影の際はまだオープンしていない)

チェックインするまでは、再度の機材変更に気づいてませんでした。ダウングレードに伴う、100ドルクーポンをくれる予定だったのですが搭乗券とラウンジインビテーションのみ渡してきました。

チャンビア
チャンビア

機材変更の影響でプレエコがエコノミーになると聞いている。クーポンは?

PAL姉さん
PAL姉さん

あら?でも、座席はプレミアムエコノミーよ。

チャンビア
チャンビア

ええ!本当?で、機材は何よ

PAL姉さん
PAL姉さん

エアバスA350♪(スリーフィフティー)

フィリピン航空さんに翻弄される私でした。このあと、半笑いしつつ出国審査と保安検査場を通過しました。

空港ラウンジはふたつ立ち寄った

ラウンジインビテーションでは、スワンナプーム空港汎用の「ミラクルラウンジ」のみが利用可能でした。搭乗口付近のコンコースFを使いましたが、小さかったですね。

フィリピン航空A350-900へ搭乗。二転三転プレミアムエコノミー(フィリピン航空からあてがわれたのはミラクルラウンジ)
PRからあてがわれたのはミラクルラウンジ

ブログ記事としては扱いづらかったので近くでもう一つホッピング。

搭乗記:フィリピン航空A350-900プレミアムエコノミー

機内への搭乗

フィリピン航空A350-900へ搭乗。二転三転プレミアムエコノミー(優先搭乗っていいね)
優先搭乗っていいね

▲ 機内への搭乗です。ANAだとプレミアムエコノミーでは優先搭乗は行われません。フィリピン航空については、プレエコでも優先搭乗がついているようです。

スポンサーリンク
フィリピン航空A350-900へ搭乗。二転三転プレミアムエコノミー(結構権限あるなぁ、PRプレエコ)
結構権限あるなぁ、PRプレエコ

事後確認です。ステータスマッチで上級会員をゲットしていたのでプレエコで得られる権利諸々はこの記事を書いているときに確認しました。

優先搭乗だけではなく、チェックインと預け荷物の受け取りでも優先権が得られます。

フィリピン航空A350-900へ搭乗。二転三転プレミアムエコノミー(優先搭乗で闊歩します)
優先搭乗で闊歩します

▲ 優先搭乗ってブログ的な撮影に助かります。人がいないうちに入れる。

フィリピン航空A350-900へ搭乗。二転三転プレミアムエコノミー(搭乗口付近)

▲ プレミアムエコノミーでは左の彼が中心になってサービスしてくれました。

機内の様子

言っておく。プレミアムエコノミーは4名でした!

フィリピン航空A350-900へ搭乗。二転三転プレミアムエコノミー(ガラガラ・プレミアムエコノミー)
ガラガラ・プレミアムエコノミー

▲ まぁ、撮影が楽なこと。

フィリピン航空A350-900へ搭乗。二転三転プレミアムエコノミー(ガラガラ・プレミアムエコノミー)
フィリピン航空A350-900へ搭乗。二転三転プレミアムエコノミー(ガラガラ・プレミアムエコノミー)
フィリピン航空A350-900へ搭乗。二転三転プレミアムエコノミー(ガラガラ・プレミアムエコノミー)
フィリピン航空A350-900へ搭乗。二転三転プレミアムエコノミー(座席モニターは10インチ以上はありそう)
座席モニターは10インチ以上はありそう

タップ(クリック)拡大→左右にスライドが可能です。

離陸

フィリピン航空A350-900へ搭乗。二転三転プレミアムエコノミー(まもなく離陸)

▲ 座席の指定は当初真ん中だったので、離陸するまでは指定の座席に着席していました。そのあとは、CAさんから「お好きにどうぞ」とのことで窓際に移動しました。

フィリピン航空A350-900へ搭乗。二転三転プレミアムエコノミー(窓際からの風景)
窓際からの風景
フィリピン航空A350-900へ搭乗。二転三転プレミアムエコノミー(プレエコで足元広々)
プレエコで足元広々

▲ プレミアムエコノミーとのことで、エコノミークラスより座席ピッチが約13センチ広いです。やはり快適ですね。

フィリピン航空A350-900へ搭乗。二転三転プレミアムエコノミー(機内からの風景)

▲ エンジン真横。大きい。

機内食

フィリピン航空A350-900へ搭乗。二転三転プレミアムエコノミー(機内食)

▲ 機内食はビーフを指定。少し甘い味付けでした。

ちょっと衝撃だったのがビールなんですけど、フィリピン航空フラッグシップキャリアにしてフィリピンビールが備わっていない。この件は、相当CAさんをからかいました。

機内コンテンツ

フィリピン航空A350-900へ搭乗。二転三転プレミアムエコノミー(機内で見た映画)

▲ 機内での映画は、2019年リリースの「キャプテン・マーベル(吹替版)」アクション映画で強い女性の話。まぁ、面白かったですよ。

詳細 キャプテン・マーベル

着陸

バンコクからマニラへは、4時間はかからないくらいです。映画一本見て多少の暇つぶしをしていると到着します。

フィリピン航空A350-900へ搭乗。二転三転プレミアムエコノミー(無事に着陸)

最後に

当初プレミアムエコノミーで予約して、その後エコノミーへダウングレード、そして再びプレエコ返り咲き。しかも機材は最新のA350-900。色々ありましたが、過程を含めて楽しめたかな?w

フィリピン航空
スポンサーリンク
ご覧いただき感謝です。記事の品質がブースト的に向上するボタンは次の通りです。
このブログを購読してみる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログの購読はこちら

バジェットな旅行記ロク、主に東南アジアを中心とした旅行ブログです。

ブログ投稿は週に2, 3回です。写真多め、見やすい記事をお届けします。

バジェットな旅行記ロク
タイトルとURLをコピーしました