テレワークでも体型維持!ヘルシー系の宅食が超便利(詳細はクリック)
楽天でふるさと納税するとお得すぎる件について

今年も残り数ヶ月... ふるさと納税おすみですか?

今年から楽天ふるさと納税に切り替えたわけですが、えらいお得でした...

詳細はこちら

【宿泊記】ザ・ピカソ・ブティック・サービスド・レジデンス(マニラ・マカティ地区)

3.5
【宿泊記】ザ・ピカソ・ブティック・サービスド・レジデンス ホテル宿泊

7月の連休でマニラに行っていました。

3泊あるうち、2泊は価格を抑えたホテルを選択、最終日はデュシタニにしています。当初は別ホテルを考えていたのですが、ANAグローバルホテルで目的のホテルを見ていたら、こっちの方がマイルが貯まるよ、ってポップアップが出て今回のホテルを提案してきました。

前からちょっと気になっていたので、ものは試しということで今回の「ザ・ピカソ・ブティック・サービスド・レジデンス」に宿泊してみました。

結論としては、やはり商業施設にデュシタニ ホテルの方が好みです。このホテルは、少し離れているという特性はあるものの部屋自体は広く、家族連れや夫婦など複数人で利用するには良いホテルに思えます。

宿泊記録の投稿をします。

スポンサーリンク

宿泊概要(ザ・ピカソ・ブティック・サービスド・レジデンシズ)

日付 2019年7月中旬
ホテル名 ザ・ピカソ・ブティック・サービスド・レジデンシズ
(The Picasso Boutique Serviced Residence)
住所 161 H.V. Dela Costa, Salcedo Village,
Makati, 1220 Metro Manila,
フィリピン
空港までの距離 5.7km
宿泊タイプ スタジオタイプ
(地味に車のパーキングが無料で付いてました)
宿泊日数 2泊
価格 ¥21,294
(+1,400 ANAマイル)
デポジット 確かありました。クレカで処理。
価格に対する満足度 3.5
ホテルの料金・口コミはこちら

ホテルについて

マカティでよく見られるレジデンスタイプのホテルです。ホテルサービスは控えめなものの、部屋は広い。大人数で快適に宿泊したい場合に適しています。

ザ・ピカソ・ブティック・サービスド・レジデンシズ - The Picasso Boutique Serviced Residence(部屋タイプ)

▲ 部屋タイプが豊富です。キッチン付きで45〜90平米もの広さがあります。

宿泊した感想

良いところ
  • 部屋が広い
  • 日本人の宿泊が多く、スタッフは扱いに慣れている
  • サルセドマーケットが近い
残念なところ
  • ジムは一見設備が良さそうに見えるがメンテナンスが甘い
  • 日中は工事でうるさかった
  • タクシーで場所説明がしづらい

ロケーション

空港からだと、Grabやイエロータクシーで200〜300ペソ程度だと思います。スカイウェイを使うと50ペソ程度余分に支払う必要があります。最近、スカイウェイをほぼ提案してきますね。

予約

冒頭に記載しましたが、ANAグローバルホテルから予約しました。ダブルマイルか何かで1,400マイルもついちゃいました。普段は結構しょぼいんですけど。

評判・口コミ

Agoda上の評価は次の通りです。(2019年 6月時点)

  • 四つ星
  • 非常に満足は、8.7/10段階
  • 宿泊者の95%がオススメしている

▲ 内容を見ていると、夫婦や家族連れから高評価を受けています。

宿泊レビュー(ザ・ピカソ・ブティック・サービスド・レジデンシズ)

外観・館内

ザ・ピカソ・ブティック・サービスド・レジデンシズ - The Picasso Boutique Serviced Residence(ビル外観)

▲ 見た目、ほぼマンション。

ザ・ピカソ・ブティック・サービスド・レジデンシズ - The Picasso Boutique Serviced Residence(ロビー、エントランス・受付)
ザ・ピカソ・ブティック・サービスド・レジデンシズ - The Picasso Boutique Serviced Residence(ロビー、エントランス・受付)

▲ 私は見なかったのですが、ホテル内にギャラリーがあるようです。

ザ・ピカソ・ブティック・サービスド・レジデンシズ - The Picasso Boutique Serviced Residence(ロビー、エントランス・受付)

客室

▲ ベッドはかなり広いですね。

ザ・ピカソ・ブティック・サービスド・レジデンシズ - The Picasso Boutique Serviced Residence(客室にある作業用デスク)
ザ・ピカソ・ブティック・サービスド・レジデンシズ - The Picasso Boutique Serviced Residence(客室の無料ドリンクは瓶タイプ)

▲ お水がペットボトルではなく、瓶での提供です。私はグラスを割ってしまいました… 100ペソ弁償。

ザ・ピカソ・ブティック・サービスド・レジデンシズ - The Picasso Boutique Serviced Residence(有料のドリンクとお菓子)

▲ 有料ドリンクやお菓子。価格は控えめなので安心して手をつけられます。

ザ・ピカソ・ブティック・サービスド・レジデンシズ - The Picasso Boutique Serviced Residence(客室にはキッチンが付いています)

▲ マカティのサービスド・レジデンスの多くにキッチンが付いています。

ザ・ピカソ・ブティック・サービスド・レジデンシズ - The Picasso Boutique Serviced Residence(客室にあるセイフティー・ボックス)

▲ 個人的に好きではないタイプのセイフティー・ボックスです。裏面にリセットボタンがあります。クローゼット内にボックスがありますが、クローゼット扉に英語で使い方の説明がありました(撮影忘れた)。

シャワールーム(バスルーム)

▲ アメニティは必要最低限。シャンプーとボディーソープが一体型のものでした。頭髪を洗うとかなりゴワついたのであらかじめ持ち込むか、ホテル隣にコンビニがあるのでそこで買い足すと良いと思います。

フィットネスジム・プール

ジムは不満ですね。

ジムエリアは、確か5F, 6Fの2フロアにまたがっています。5Fにジムマシンとフリートレーニング、6Fに有酸素設備があります。6Fは撮影し忘れちゃいました。

5Fの設備はまぁいいとして、6Fの有酸素マシンはメンテナンスがされておらず、使うと動作不良を感じました。宿泊の部屋は良いのですが、ジム設備を重視する方にはちょっと…という感じ。

とはいえ、日本でエニタイム・フィットネスに入られている方は徒歩圏内で使える場所があります。

朝食・レストラン

1Fにレストランがあり、宿泊プランに朝食が含まれていればビュッフェを使うことができます。

▲ 私は朝食プランはスルーしたのですが、夜にレストランを利用しました。

ホテル周辺

グリーンベルトには徒歩で5分程度と少し離れています。

ちなみに、マカティにくると必ずグリーベルト5にある東京トンテキに立ち寄ります。日本だとビジネスマンだらけなのでリラックスできないのですが、マカティだと空いているのでのんびり?さんを召し上がれます。

また、知る人ぞ知るサルセドマーケット(サルチェドマーケット)があります。土曜日の午前中に市場が開催されています。

▲ ホテルからやや南東。

▲ 2年くらい前に撮影したものです。

まとめ

部屋は広くて快適なものの、「ホテル」としての評価は分かれそうな印象です。

個人的にはマンション感覚がぬぐえないものの、これだけ広いホテルが泊まれるのもレジデンスタイプの恩恵です。長期滞在者にとってはコストを落として広い部屋を使う手段ですね。

ホテルの料金・口コミはこちら
ホテル宿泊
スポンサーリンク
\ 記事が役に立ったらシェア!/
このブログを購読してみる
スポンサーリンク
思考ゼロで使ってしまうAgoda、やっぱここ
agoda-square-banner

Agodaは私がもっとも使うホテル予約サイト。

もう10年以上使っている。操作インターフェースに慣れたというのもあるのだけれど価格で調べると結局アゴダが安くて使ってしまう。繰り返し使うことでクーポンも定期配布にされるので虜になってしまう。どうやら私は、「Agoda VIP」らしいw

最近は民泊や空港〜ホテル間の送迎も強化しており、ホテル選びするならまずアゴダは目を入れるべきサイト。

航空券とタイミング合わせるなら有無を言わずにエクスペディア

航空券と一緒にホテルを予約する場合は迷わずエクスペディア!

エア割最強です。フラッグシップキャリア・ベトナム航空の往復+四つ星で予約して55,000円 とかで行けます。普通におかしい金額。

口コミの投稿数はアゴダに劣りますが、それでも利用者数は多いです。ホテル料金はアゴダといい勝負ですが、相対的にはアゴダの方が安い気がします。エア割条件に合えば即ゴーです。

10泊止まるとなんと1泊タダ「Hotels.com」

Hotels.com は世界最大級のオンライン宿泊施設予約サイト。

ここの魅力は10泊止まるとなんと1泊タダになってしまうこと。ここ最近のホテルでは、アゴダの次に使うようにしています。アゴダより若干高い印象。金額が近い時はリワード10泊を目指すためここを使います。

アプリが使いやすいのは気に入っています。

スポンサーリンク
バジェットな旅ログ
タイトルとURLをコピーしました