厳選!生活の質・QOLが上がったサービス(体型維持、自己啓発、資産運用まで)

BTSプロンポン駅近く「ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク」宿泊記

BTSプロンポン駅近く「ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク」宿泊記 ホテル宿泊記

コロナ後、はじめての海外宿泊先として「ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク」に宿泊してきました。

前日に一泊違うところにステイしていますが… チェックアウトまで部屋から出ませんでしたのでそちらはノー・カウントということで…

本当は、以前宿泊して気に入ったホテルにステイしたかったのですが、コロナ禍で営業しておらず。

旅行需要がまだ本格的に戻っていないことが背景でしょうか。

アゴダでホテルを探してもどことなく物件が少ないんですよね… あまり高級なところは守備範囲ではないので、プールとジムがついていてロケーションが便利な「ダブルツリーbyヒルトン」にしてみました。

スポンサーリンク
バンコクでのおすすめアクティビティ
Klook.com

宿泊概要(ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク)

日付 2022年4月下旬
ホテル名 ダブルツリーbyヒルトン
スクンビット・バンコク
住所 18, 1 Soi Sukhumvit 26, Khlong Tan,
Khlong Toei, Bangkok 10110
宿泊タイプ
  • ツインベッドルーム(禁煙)
  • 眺望(シティ)
  • 朝食付き
宿泊日数 4泊
価格 ¥31,000
価格に対する満足度 4.0

こちらのホテルもSHA+対応ということで安心して宿泊できます。

アメージングタイランド健康安全基準(SHA)プロジェクトは、厳しい衛生基準と認証制度を設け、国内外の旅行者からの信頼を高め、旅の安心感を提供するタイが国を挙げた新しい取り組みです。高い安全衛生基準を確保し、感染防止体制の強化と公衆衛生レベルの向上を後押ししています。

https://www.thailandtravel.or.jp/about/thailand-sha/

ホテルについて

ダブルツリー by ヒルトン・スクンビット・バンコク」は、名前が示すとおりヒルトングループ傘下のホテルです。ヒルトンが運営するホテル、フランチャイズで運営されているホテルがあるそうです。

ヒルトンブランドとしては、2007年頃に登場してヒルトングループとしては最も急成長した部類のブランドです。2019年末までに47カ国587拠点に展開されて13万室以上を誇ります。

日本には「ダブルツリーbyヒルトン」と名のつくホテルは、沖縄の那覇・北谷・首里城に3つホテルがあります。私も那覇は一度宿泊しており、記事にも残しています。

宿泊した感想

良いところ
  • BTS駅から近い
  • 日本人向けのお店・レストランが多い
  • 快適な部屋・設備
  • 満足できるジム・プール
  • 美味しい朝食(終了も遅め)
残念なところ
  • ロケーション的に家族向けではない大人要素がある
  • ロビーのラウンジっぽいエリアが開放されていなかった…
  • 朝食がやや混みやすい

概ね満足ですが、、、

1Fロビーにレストラン?的な広いスペースが利用客向けに開放されていませんでした。

本来は朝食やダイニングエリアなのかもしれません。見た目にもリラックスできそうなスペースでしたが、使えないのでは価値を図ることができません。

使うことができれば、飲食しながらブログでも書きたかったのですが。

朝食は、ダブルツリー裏側にある本家ヒルトンホテル側で食事を取りました。二つのホテル客から利用されていることもあり、混雑している印象がありました。

ロケーション

ホテルは、BTSプロンポン駅から徒歩で3分程度です。

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(BTSプロンポン駅)
BTSプロンポン駅

プロンポン駅周辺は、日本人街と言われるくらいで日本人を対象としたお店・レストランが数多くありますので、初めてタイに来られる方はステイしやすいロケーションの一つかと思います。

▲ 駅前(ソイ24)のタイ料理屋です。豊富なメニュー、出てくる料理が全部美味しい、わかりやすい会計方式(帰りに料理ごとの札をもっていくだけ)ということで滞在中に3回も食事をしました。

予約

Agodaを通じて予約しました。

評判・口コミ

Agoda上の評価は次の通りです。(2018年 12月時点)

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(アゴダ上の評価)
  • 四つ星
  • 非常に満足は、8.5/10段階

宿泊記(ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク)

外観

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(ホテルはソイ26に面している)
ホテル前 ソイ26

▲ ホテルは、ソイ26に面しています。ホテル裏側はヒルトンホテルと繋がっており、そちらからソイ24に出ることもできます。

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(ホテル外観)
ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(ホテル外観)
ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(ホテル外観)
プールからみたビル外観

ロビー・館内

1Fのロビーはインテリアに凝っており、目を見張ります。

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(ホテルロビー)
ホテルロビー
ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(チェックイン時にもらえるお馴染みのクッキー)
チェックイン時にもらえるお馴染みのクッキー

▲ ダブルツリーでは、チェックインの際にクッキーをもらえます。若干の塩気が効いているのが印象に残っています。

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(ロビー休憩スペース)
エレベータ前の休憩スペース

以下、一時的に閉鎖されていたダイニングエリア?です。本来、ここで朝食とったりするのでしょうか。私が行った時、朝食はヒルトンホテル側のビルに行く必要がありました。

客室

今回は、ツインベッドルームの利用でした。

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(客室)

部屋は、28平米ということでした。

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(ツインベッドルーム)
ツインベッドルーム
ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(客室ツインベッドルーム)
ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(客室ツインベッドルーム)
ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(客室ツインベッドルーム)
ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(窓から玄関を見た風景)

▲ バスルームの扉を開けてると部屋の中の見通しがよくなり、実態よりも広く感じます。

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(デスク・チェア)

▲ デスクとチェアはちょっとしょぼい。

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(客室の備品)

▲ 電源コンセントは、形状は異なりますが日本のものをそのまま差し込む口もあります。目覚まし時計は、Bluetoothスピーカーにもなっているので音楽を楽しめます。

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(ミネラルウォーター)

▲ 水は1日2本、タイのゾウさんが印象的。

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(コーヒーやティーバッグ)
コーヒーやティーバッグ
ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(冷蔵庫)

▲ 冷蔵庫は空っぽでした。特にミニバーとかはないですね。

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(セーフティーボックス)

▲ 使いやすいセーフティーボックス。4桁番号を押してロックするだけ。

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(スーツケース置き場)

▲ スーツケース置き場。パタヤで使ったホテルはこういうものがなく、地べたにスーツケースを開くことになったので、こういうちょっとしたスペースがあるのはありがたい。

シャワールーム(バスルーム)

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(シャワールーム)
ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(シャワールームから客室を覗ける)

▲ バスルームの扉を開ければ、寝室と繋がります。

湿気っぽくなりそうな気がしてずーっと閉じていました(苦笑

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(シャワールーム)

▲ 使えるシャワーはハンドタイプのものと天井吊りの2種類。水圧や温度は十分でした。

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(アメニティ)

▲ アメニティは控えめですね。自前のものを使っていました。

無線LAN(WiFi)

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(WiFi速度)

インターネットは早くはないですね。時間帯によっては、動画再生が停止したり、画像の表示が遅延することがありました。ビジネス・ブランドのホテルなのでネットは早くして欲しいです。

フィットネスジム

ジム設備は、旅の運動不足を補うには必要十分なレベルです。

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(フィットネスジム)
ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(フィットネスジム)

プール

プールの水は透き通り清々しい気持ちで運動できました。

1泊 朝食付き8千円にも満たないホテルでこれだけのジム設備とプールを楽しめるのはタイならでは。バンコクならこのレベルのホテルはゴロゴロしています。

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(開放感溢れる都心プール)
開放感溢れる都心プール
ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(開放感溢れる都心プール)
ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(開放感溢れる都心プール)
泳いで疲れた時のビールは最高!

朝食

ヒルトンホテル側へ移動

ソイ26沿いのダブルツリー、ソイ24沿いのヒルトンホテルは中庭を通じて行き来できます。ダブルツリーの朝食は、ヒルトンホテルへ移動する必要がありました。

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(ヒルトンホテルとの間にある中庭)

▲ ホテル間の中庭。

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(朝食会場へ向かう)

▲ 案内板を目印に進みます。

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(朝食会場へ向かう)

▲ 螺旋階段を上った2階が朝食エリア。

朝食ビュッフェ

マスクと手袋をする必要はありますが、それ以上の制限はなく、ビュッフェ形式で朝食が提供されていました。

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(朝食会場のヌードルステーション)

▲ ヌードル・ステーション。その場で、出来立てのタイラーメンを提供してもらえます。

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(朝食会場のヌードルステーション)
ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(朝食会場のオムレツバー)

▲ オムレツ、スクランブルエッグなど卵料理の提供ももちろんあります。

画像タップで拡大、スライドできます。

実際の食事

ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(ある日の朝食)
ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(ある日の朝食)
ダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコク宿泊記・レビュー(ある日の朝食)

最後に

ダブルツリー系列のホテルは、価格の割りに設備・サービスがよいのでホテル選びに迷ったときには安心して使えます。周辺の治安も良く、初めての訪泰におすすめできます。

バンコクでのおすすめアクティビティ
Klook.com
ホテル宿泊記
スポンサーリンク
\ 記事が役に立ったらシェア!/
このブログを購読してみる
バジェットな旅ログ
タイトルとURLをコピーしました