ビールを含む飲食無料。ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(ホーチミン1区)

ビールを含む飲食無料。ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(ホーチミン1区)ホテル宿泊
スポンサーリンク

初秋の台風が都心を襲う今日この頃。ベトナム・ホーチミン1区で有名市場近くの「ザ・ハンモックホテルベンタン」に宿泊してきました。

観光客の腕をつかんだら意地でも手放さないと呼び声高い(!?)ベンタイン市場から徒歩5分の距離です。ホテルの裏には、緑豊かな「9月23日公園」があり、夜でもにぎやかな場所でした。

宿泊した感想は、ホテルスタッフがフレンドリーで自宅にいるような錯覚におちいります。

部屋には、なんとハンモックがあります。ホテル内のビールやカップ面、スナック類がすべて無料。屋上のテラスからは町のシンボル・サイゴンスカイデッキを望めます。1Fはカジュアルなカフェになっていて、コーヒーが終日タダで飲めちゃいます。

安いなりに至れりつくせりな滞在となりました。

記事内、現地通貨で表記することがあります。

現在、 1ベトナムドン(VND) = 円です。
1万円を両替すると、 ドンになります。ゼロを二つとって、半分にすると日本円と同じくらいになります。ゼロ三つが「K」で省略されている場合、Kを無視してゼロを一つ足して半分にすると日本円と同じくらいになります。

よく使う紙幣

ベトナムではコインはないようです。

  • 1,000ドン:
  • 2,000ドン:
  • 5,000ドン:
  • 10,000ドン:
  • 20,000ドン:
  • 50,000ドン:
  • 100,000ドン:
  • 200,000ドン:
  • 500,000ドン:

更新日時: (自動取得データ)

スポンサーリンク

宿泊概要

日付2019年10月中旬
ホテル名ザ・ハンモックホテルベンタン
(The Hammock Hotel Ben Thanh)
住所47-49 Lê Thị Riêng,
Phường Phạm Ngũ Lão,
Quận 1, Hồ Chí Minh, ベトナム
宿泊タイプスーペリア ネスト (Superior Nest)
宿泊日数2泊
価格¥18,022(諸税込)
デポジットなし
価格に対する満足度4

ホテルについて

ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(夜に撮影したビルの外観)
夜に撮影したビルの外観

外観からすると比較的新しいホテルのように思えました。ビル自体は以前からあったものを使って、外装・内装を綺麗にした様子。おしゃれなカフェ、自宅のような部屋を考えると年齢層が比較的若い人に人気が出そうな感じです。実際、1F/2Fのカフェはベトナムの学生と思われる方々が勉強に使っていました。

ビルは6F建で部屋数は50はなさそうでした。

宿泊した感想

良いところ
  • ホーチミン1区でも賑やかな商業地区に位置していて飽きない。
  • ビール、カップ麺、お菓子、1Fカフェのコーヒーが終日無料。
  • 屋上テラスが景色良い。
  • 評判の良いバインミー屋さんが近くにある。

残念なところ
  • ベッドじゃなくてフローリングにマットレス形式の睡眠。
  • 冷静に考えるとハンモックではなく、ソファーがあると腰が楽(笑
  • シャワーのお湯の出がよくない。
ホテルの口コミ・料金はこちら

ロケーション

冒頭でも話した通り、ベンタイン市場や「9月23日公園」が近くにあります。また、5分ちょっと歩きますが繁華街ブイビエン通りにもアクセスできます。

空港~ホテル間の移動

到着時は、スマホで現地オプショナルが手配できる「Klook(クルック)」で送迎を頼みました。前月にKlook(クルック)の日本語ツイッター開設に伴うクーポン(969円オフ)が配布されて送迎自体はタダになりました。

ホーチミン・タンソンニャット国際空港からの送迎
ホーチミン・タンソンニャット国際空港からの送迎

参考 ホーチミン空港からの送迎オプション

出発の際は、Grabを呼びました。81,000+空港利用料11,000=計92,000ドンと日本円だとワンコインでおつりがくる程度の移動です。

予約

安定のアゴダ予約です。VIP扱いされているようで他を使いたくても使えない…(苦笑

ここ最近は機械学習もされているんじゃないかという感じで、こちらがホテル探しを始めそうな時期に微妙なタイミングでクーポンを飛ばしてきます。困ったものだ。

私は、海外ホテルには100泊以上してきました。大体はAgoda, Expediaなどのホテル予約サイトを使います。

利用前には、ホテル料金の比較サイトを使って、希望日時とホテル名でどこが一番安いか調べてから予約するようにしています。シーズン、タイミングなどで結構料金に差があります。

Agoda、Expediaなど有名どころのホテル予約サイトを一括比較してくれて、検索の手間が省けます。この手のサービスは使いようで便利。

 

ホテル料金の比較サイトでオススメ

  • 公式 TripAdvisor(トリップアドバイザー)
    おなじみ世界最大の旅行口コミサイト。実はホテルの料金比較もできます。圧倒的な口コミ数を簡単に確認できるのは秀逸。
  • 公式 Trivago(トリバゴ)
    英国発の宿泊施設の料金比較サイト。シンプルで使いやすいのがお気に入り。

評判・口コミ

Agoda上の評価は次の通りです。(2019年 10月時点)

  • 三つ星〜四つ星の間くらいの評価
  • 非常に満足は、9.2/10段階
  • 宿泊者の95%がオススメしている

レビュー見た上で予約はしましたが、若干評価良すぎなので操作されていないか勘ぐりました。こんなパーフェクトに近い評価印象はないのですが、ホテル自体は値段に対して満足度は高いです。

宿泊レビュー(ザ・ハンモックホテルベンタン)

フロント・館内

ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(1Fロビーはカフェ併設)
1Fロビーはカフェ併設

▲ 1Fと2Fはカフェになっています。ロビーはカフェ内に併設されています。ホテルスタッフはある程度の英語は話せました。

ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(1Fロビーはカフェ併設)

▲ この写真は朝方なので空いていますが、日中は学生が多く結構賑やかです。

ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(1Fロビーはカフェ併設)

客室

ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(寝室のベッド)

▲ 28平米と一段上の部屋で予約しました。ベッドはなくて床に厚みのあるマットが置かれていました。

ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(寝室のベッド)
ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(寝室にあるハンモック)
寝室にあるハンモック

▲ ホテル名にもある通り、全室ハンモックが付いています。ハンモックなんて使ったことがあるのかないのか記憶にもないです。床から吊り下げで中肉中背な私は特に不安は感じませんでしたが、重量ある人は怖いかもw

ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(街をわかりやすく描写したアート)
街をわかりやすく描写したアート

▲ 床には特徴的なアートが飾ってありました。市内の特徴をよく示していてすごくわかりやすいです。

ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(ソファがなくチェア)
ソファがなくチェア

▲ ソファがあるとより良かったのですが普通のチェアが二つあるだけでした。なので床に座ることもあるのですが、そうすると腰が痛くなってくる。

ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(入り口からデスクやシャワールームを見ています)
入り口からデスクやシャワールームを見ています
ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(広くて使いやすいデスク)
広くて使いやすいデスク

▲ デスクは広くて使いやすかったです。今回日数が少なかったのでパソコンは持って行かなかったですが、iPadで多少のテキスト入力作業はしていました。

iPad ProにキーボードはロジクールのKeys-to-goというものを使っています。ペラペラで雑に使えるのがお気に入り(参考 「Keys-to-go」レビュー記事

ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(こういう感性がベトナムは良い)
こういう感性がベトナムは良い

▲ 部屋にあるものは高級感あるものはないのですが、日本のMono系雑誌に出てくるような雑貨でオシャレにしています。

ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(セイフティーボックス)
セイフティーボックス

▲ 使い方は右手に記載されています。裏側にリセットボタンがあるタイプですね。

ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(水、コーヒー、スナック、カップ麺)
水、コーヒー、スナック、カップ麺(全て無料)
ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(ドリンク類)
ドリンク類(これも無料)

▲ 今回、一番嬉しかったのが飲食が全てタダ。部屋の中にあるアルコールを含むドリンク類、スナック、カップ麺は全て無料です。なくなったら、屋上のテラスから自分で補充もできます。

シャワールーム(バスルーム)

ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(広くて使いやすいシャワー・バスルーム)
広くて使いやすいシャワー・バスルーム

▲ シャワールームは清潔で広くて使いやすかったです。

ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記()
シャワールームの洗面台
ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(アメニティ類)
アメニティ類
ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(ドライヤーは1,200W)
ドライヤーは1,200W
ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(お湯の出が良くなかったシャワー)
お湯の出が良くなかったシャワー

▲ シャワーはハンドタイプのものと、上から注がれるタイプの2種類。お湯の出が少し悪くて出してから少し放置しておく必要がありました。

ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(シャンプー、ボディーソープ)
シャンプー、ボディーソープ
ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(バスルームから覗く下界の風景)
バスルームから覗く下界の風景

▲ シャワールームには窓があります。カーテン締めないと見えちゃうぞ。

屋上テラス

ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(屋上テラス)
屋上テラス
ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(ホテルにブランコがあります)
ホテルにブランコがあります

▲ 晴れていれば、景色も良いので気持ちの良いテラスでした。

ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(夜景も雰囲気がある)
夜景も雰囲気がある

▲ 夜は向かいのビルが気になるライティング。奥の方の背の高い右手のビルはサイゴン・スカイデッキです。

ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(全て無料のカフェコーナー)
全て無料のカフェコーナー

▲ テラス内にカフェコーナーがあります。ここの飲食も無料です。

ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(あんまんとかソーセージ)
あんまんとかソーセージ
ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(水、ドリンク、ソフトドリンク)

▲ 部屋の中のビール(333)が350mlで4本なのですぐになくなります。ということでここから何本も補充していたのはここだけの話。

朝食は1Fカフェで

朝食は1Fのカフェで好きなものをオーダーできます。料金はかかりません。分量的な制限があるかどうか…私は朝はそんなに食べないので未確認です。初日だけ、バインミーらしきものを頼みましたがすごくショボかったです。

コーヒーは砂糖抜きのブラックにしてもらって深みのある味わいでした。

WiFi

ザ・ハンモックホテルベンタン宿泊記(無難なWiFi速度)
日時2019年10月中旬 19:30頃
PING値132ms
下り速度12.07Mbps
上り速度7.16Mbps

ホテルWiFiは爆速という感じではありませんが、ウェブサーフィンするくらいであれば特に不満は感じませんでした。

ホテル周辺

ホテル周辺は1区でももっとも賑やかな中心部という感じでした。交通量は多いし、おしゃれなショップやカフェも多い。

食事が若干アレだったので、周辺のバインミー屋さんに。ホテル周辺にいくつか有名な店舗があるようです。上記のツイッターは歩いて30mくらいの場所。二種類買いましたが、具沢山でパクチーが程よく効いて美味しかったです。

▲ ホテルにジム設備がないので、ホテルスタッフに紹介してもらったビジター利用ができるジム。私は日本でも普段からジム通いしているのである程度見る目はあると思います。ここは規模も大きいし、マシントレーニング、フリートレーニングの設備が整っているので相当なトレーニーでも有意義な時間を過ごせます。

だけど値段が高い。観光に行く感覚で支払えばまぁ…

最後に

来年はJALの飛行機修行(JGC修行)をやることにしました。現在は海外発券ループ状態でまた年明けにホーチミンシティに戻る予定です。ということでどこに泊まろうかな…

ホテルの口コミ・料金はこちら
ホテル宿泊
スポンサーリンク
ご覧いただき感謝です。記事の品質がブースト的に向上するボタンは次の通りです。
このブログを購読してみる
スポンサーリンク
思考ゼロで使ってしまうAgoda、やっぱここ
agoda-square-banner

Agodaは私がもっとも使うホテル予約サイト。

もう10年以上使っている。操作インターフェースに慣れたというのもあるのだけれど価格で調べると結局アゴダが安くて使ってしまう。繰り返し使うことでクーポンも定期配布にされるので虜になってしまう。どうやら私は、「Agoda VIP」らしいw

最近は民泊や空港〜ホテル間の送迎も強化しており、ホテル選びするならまずアゴダは目を入れるべきサイト。

航空券とタイミング合わせるなら有無を言わずにエクスペディア

航空券と一緒にホテルを予約する場合は迷わずエクスペディア!

エア割最強です。フラッグシップキャリア・ベトナム航空の往復+四つ星で予約して55,000円 とかで行けます。普通におかしい金額。

口コミの投稿数はアゴダに劣りますが、それでも利用者数は多いです。ホテル料金はアゴダといい勝負ですが、相対的にはアゴダの方が安い気がします。エア割条件に合えば即ゴーです。

10泊止まるとなんと1泊タダ「Hotels.com」

Hotels.com は世界最大級のオンライン宿泊施設予約サイト。

ここの魅力は10泊止まるとなんと1泊タダになってしまうこと。ここ最近のホテルでは、アゴダの次に使うようにしています。アゴダより若干高い印象。金額が近い時はリワード10泊を目指すためここを使います。

アプリが使いやすいのは気に入っています。

スポンサーリンク
ブログの購読はこちら

バジェットな旅行記ロク、主に東南アジアを中心とした旅行ブログです。

ブログ投稿は週に2, 3回です。写真多め、見やすい記事をお届けします。

バジェットな旅行記ロク
タイトルとURLをコピーしました