やらないと経済的損失なふるさと納税。21年分が開幕!計画的に寄付していきましょう(楽天がおすすめです)
生活の質・QOLが上がったサービス2020年

旅行に行けない巣ごもりトラベラーは何をしてた!?

体型維持、自己啓発、資産運用まで

詳細はこちら

中洲まで徒歩圏内、ワーケーションに最適かも「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記

中洲まで徒歩圏内、ワーケーションに最適かも「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記 ホテル宿泊記

2020年9月に新設されたばかりのホテル・トリフィート博多祇園にステイしてきたので記録投稿します。

福岡は全く不慣れでして空港から初めて外に出ました。ホテルはそんな私でも名前を知っている中洲から徒歩数分、博多祇園という閑静な場所にありました。

昨秋できたばかりということで施設はまっさら、部屋のインテリアは博多を強く感じさせる和のテイストに仕上がっていました。

スポンサーリンク

宿泊概要(ホテル・トリフィート博多祇園)

日付 2021年5月上旬
ホテル名 ホテル・トリフィート博多祇園
住所 〒812-0039
福岡県福岡市博多区冷泉町8-24
宿泊タイプ ダブルルーム
160cm幅クイーンベッド
宿泊日数 1日
価格 10,750円(消費税込)
価格に対する満足度 (GWで通常時より高いので割愛)

GW中ステイのため、価格は高め。

こればっかりは時期的な 贅沢税 みたいなものなので仕方ないです。普段は朝食付きで5,000〜6,000円前後のようです。GoToトラベルがあればさらに安くなります。

博多は外を歩いていても目新しいものばかり、食事も美味しいですね。一度や二度では良さは満喫できそうもない。ホテルも今回試してみて気に入ったので、また過ごしやすい時期に来たいと思います。

トクたびでマイル安く福岡に飛んで、今回のような過ごしやすいホテルでワーケーションとかちょっといいですね(やるかも)。

ホテルについて

トリフィートブランドで運営されているホテルは複数あります。トリフィートというのは、イタリア語で、”お気に入りの宿、お気に入りの場所に戻る”という意味があるようです。

トリフィートブランドのホテル(2021年5月時点)
  • ホテル・トリフィート小樽運河
  • ホテル・トリフィート金沢
  • ホテル・トリフィート柏の葉
  • ホテル・トリフィート博多祇園
  • ホテルトリフィート那覇旭橋
  • ホテル・トリフィート宮古島リゾート
  • トリフィート ホテル&ポッド ニセコ
  • トリフィート ホテル&ポッド 金沢百万石通

博多祇園以外で、那覇旭橋に滞在したことがあります。今回と同様に新しいホテルで清潔感のあるホテルでした。

宿泊した感想

概ね良かったです。

良いところ
  • 部屋・施設が新しく綺麗
  • 閑静な場所で過ごしやすい
  • センスの良いパジャマ
  • 博多朝食が美味しい
  • 考えられたコロナ対策
残念なところ
  • 朝食会場、大浴場はやや手狭(部屋数が多いので時間帯によって混雑しやすい)
  • 博多駅からはやや離れている、また少し見つけづらいかも

ロケーション

博多駅からは10分以上は歩きますね。地下鉄の祇園駅はすぐ近くです。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(JR博多駅にて)
JR博多駅にて

ホテルは、中洲の繁華街より徒歩で約7分ほど離れた「祇園」地区にあります。昔ながらの雰囲気が残る地区となっており、大通りから一本入った場所であるため、車通りも少なく、静かな場所でした。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(中洲にある大きな商店街)
中洲にある大きな商店街

(私は知らなかったのですが…)「博多祇園山笠はかたぎおんやまかさ」で有名なようです。700年以上の由緒ある神事・祭とのことでこれを目的にこの場所を訪れる方もいるのでしょうね。

そのため、部屋のインテリアも山笠に因んだちなんだものが数多く飾ってありました。

予約

楽天トラベル経由で予約しました。

海外だとAgodaをよく使いますが、現在では国内宿泊が中心となっており、楽天をよく使うようになりました

いつの間にやら楽天経済圏に片足を突っ込んでいるようでしてSPU+1倍を獲得するために機会があれば楽天を通して宿泊するようにしています。

上記はちょうどお買い物マラソンをやっていたときのポイント倍率。生活必需品を楽天で買うようにしています。倍率上がったところでふるさと納税をやると20%以上のポイントバックが得られちゃいます。

当ブログ記事 肩肘はらない楽天ふるさと納税のやり方

評判・口コミ

新しいホテルということもあり、口コミは概ね良好ですね。

美味しい郷土料理や部屋のインテリアで良いコメントが見られました。一方で場所がわかりづらく入り口が見つけづらいとの意見がありました。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(Google上のレビュー)
Google上のレビュー

宿泊記(ホテル・トリフィート博多祇園)

外観

前日に博多市内の別ホテルにステイしていました。

チェックインの時間までずいぶんと余裕があったので、中洲周辺を散歩したり、エニタイムフィットネスで運動をしたりして時間を潰していました。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(ホテル入り口)
ホテル入り口

▲ Googleマップを使えば迷いはしませんけど、口コミ通りで入り口が若干わかりづらいですね。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(ホテル表札)
中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(エントランスにある巨大な提灯)
エントランスにある巨大な提灯

エントランス入るとすぐに大きな提灯ちょうちんが目に入ります。

ロビー・館内

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(1階ロビー)
1階ロビー

▲ チェックインは15時からで、私は14時くらいに来てしまいました。アーリーチェックインは1時間で1,000円ということなのでフロント前のスペースでPC作業をしながら待たせてもらいました。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(お皿)

▲ 雰囲気のある食器が陳列されていました。この付近の有名なものなのでしょうか。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(山笠祭の写真)

▲ エレベーター前には山笠祭の写真が数多くあります。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(1階ロビー周辺)
1階ロビー周辺
中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(ウェルカムドリンクエリア)
ウェルカムドリンクエリア
中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(美味しいコーヒーが楽しめる)
美味しいコーヒーが楽しめる

▲ 一部時間帯(14:00-20:00, 6:00-10:00)でコーヒーが無料提供されています。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(結構な部屋数があります)

▲ 客室は2階から9階まで。大浴場は2階、朝食会場は1階フロント横にあります。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(山笠はVRで体験できる)
山笠はVRで体験できる

▲ なんと有名な祭「博多祇園山笠」をVRで体験できるサービスがあるようです。今回スルーしちゃいましたが、次回やってみようかな。

↓ユーチューブに公式サイトからと思われる動画を発見。VRもこんな感じかしら。

ホテル・トリフィート博多祇園/HOTEL TORIFITO HAKATA GION
中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(エレベーター前踊り場)

▲ エレベーターを出ると違和感ありあり(苦笑

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(山笠の大きな写真)
山笠の大きな写真

▲ 小さい子は怖くて廊下を一人であるけないのではないだろうか。

客室

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(客室入り口)
中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(客室全景)

▲ 雑貨のおかげで和のテイストを感じる部屋でした。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(客室全景)

▲ ロビーでも飾られていた山笠の写真が部屋にもあります。これは相当有名なんでしょうね(無知な私

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(客室全景、窓側より)
中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(客室全景、ソファより)

▲ ソファーからのアングル。提灯が気になります。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(ベッドに寝転んでみた)
中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(施設の混雑状況がひとめでわかるTV機能)

▲ テレビには大浴場、レストラン、ランドリーの混雑状況が一目でわかるように工夫されていました。これもコロナ禍のホテル側の工夫なんでしょうね。

大浴場とレストランは部屋数の割にせまいので、このモニターを事前に見ておくとある程度の混雑回避になります。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(客室にある提灯)
客室にある提灯

▲ 威圧感ありすぎ(苦笑)灯りつけるとまぁ寝れませんね。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(大きなダブルベッド)
大きなダブルベッド
中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(ベッド横の電源・ライト操作機)
中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(ベッド横の電源・ライト操作機)

ベッド横には電源、USBなど使いやすいようにまとまっていました。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(厚手のパジャマ)

▲ パジャマは程よいセンスで厚手のもの。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(使いやすいソファとデスク)

▲ デスクとソファは作業しやすかったです。ここならテレワークできそうです。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(客室にある山笠の写真)
中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(客室にある山笠の写真)
客室にある山笠の写真
中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(ティーポットやお茶)
ティーポットやお茶
中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(ドライヤーやセイフティーボックス)
ドライヤーやセイフティーボックス

シャワールーム(バスルーム)

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(シャワー・バスルーム)

▲ まぁ、普通ですね。大浴場あるのでシャワーは使いませんでした。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(シャワー・バスルーム)
中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(アメニティ類)

▲ 体洗うタオルがアメニティであるホテルは私の中でポイント高いです。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(シャンプー、ボディーソープ、コンディショナー)

無線LAN(WiFi)

WiFiは、安定していました。上り下りと速度十分です。混雑時にもこのパフォーマンスを期待したいです。

  • 上り:76.42Mbps
  • 下り:16.73Mbps

大浴場 冷泉の湯(2F)

部屋のシャワーとは別に大浴場が用意されています。

  • 営業時間:15:00~25:00/5:30~9:00
  • 洗い場:男性 9席、女性 10席

広さはないので、部屋のTVモニターで混雑してないか確認してから行ったほうが良いでしょう。朝はちょっと混んでましたね。

中は撮影できないので、写真はありませんが湯船の上には銭湯絵師による壁画が描かれていました。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(大浴場の混雑状況)
中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(大浴場の入り口)
大浴場の入り口
中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(嬉しいアイス付き)
嬉しいアイス付き

朝食

朝食は1階のフロント横にて。こちらも部屋数の割には大きくはないので、TVモニターで混雑状況を確認してから行くことを勧めます。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(朝食会場の混雑状況)
朝食会場の混雑状況
中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(1階レストランエリア)
1階レストランエリア

▲ 人がそれなりにいたのでビュッフェ写真は遠慮しました。マスクは必須で手袋もした上で料理を取ります。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(この日の博多朝食)
この日の博多朝食

▲ 料理の種類は結構あるので悩んじゃいますね。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(焼きラーメンはクセになる)
焼きラーメンはクセになる

▲ 麺料理は、焼きラーメンというものらしいです。食べると本当にラーメンでした。

中洲まで徒歩圏内「ホテル・トリフィート博多祇園」宿泊記・ブログビュー(前菜とか)
前菜とか

▲ 全体的にさっぱり目なセレクションになっていたかな。

ホテル周辺

まとめ

博多いいですね。今回はじめてステイして気に入りました。

また行きます(すでに予定あり)。

ホテル宿泊記
スポンサーリンク
\ 記事が役に立ったらシェア!/
このブログを購読してみる
スポンサーリンク
思考ゼロで使ってしまうAgoda、やっぱここ
agoda-square-banner

Agodaは私がもっとも使うホテル予約サイト。

もう10年以上使っている。操作インターフェースに慣れたというのもあるのだけれど価格で調べると結局アゴダが安くて使ってしまう。繰り返し使うことでクーポンも定期配布にされるので虜になってしまう。どうやら私は、「Agoda VIP」らしいw

最近は民泊や空港〜ホテル間の送迎も強化しており、ホテル選びするならまずアゴダは目を入れるべきサイト。

航空券とタイミング合わせるなら有無を言わずにエクスペディア

航空券と一緒にホテルを予約する場合は迷わずエクスペディア!

エア割最強です。フラッグシップキャリア・ベトナム航空の往復+四つ星で予約して55,000円 とかで行けます。普通におかしい金額。

口コミの投稿数はアゴダに劣りますが、それでも利用者数は多いです。ホテル料金はアゴダといい勝負ですが、相対的にはアゴダの方が安い気がします。エア割条件に合えば即ゴーです。

10泊止まるとなんと1泊タダ「Hotels.com」

Hotels.com は世界最大級のオンライン宿泊施設予約サイト。

ここの魅力は10泊止まるとなんと1泊タダになってしまうこと。ここ最近のホテルでは、アゴダの次に使うようにしています。アゴダより若干高い印象。金額が近い時はリワード10泊を目指すためここを使います。

アプリが使いやすいのは気に入っています。

スポンサーリンク
バジェットな旅ログ
タイトルとURLをコピーしました