ベトナム「MobiFone(モビフォン)」SIMを使ってみた。3番手キャリアの使い勝手はいかに。

ベトナム「MobiFone(モビフォン)」SIMを使ってみた。 モバイルSIM

ベトナムに渡航した際に使った「MobiFone」SIMの使い勝手を投稿します。

2018年から渡越し始めて、はや4回目となりました。行くたびに使う通信キャリアを変更し、こちらも4社目。これで主要4社のSIMをすべて試しました。

「MobiFone」は、ベトナムキャリアの3番手となります。今回は日本にいる間にSIMを準備して、飛行機内でセットアップ、着陸してすぐに通信できるようにしたいという算段です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MobiFone(モビフォン/ベトナム)

MobiFoneは、ベトナム通信キャリアの一つ、1993年4月に設立されてハノイ南西部の自治区(Trung Hoà)に本社を構えます。

正式の英語名称は「Vietnam Mobile Telecom Services One Member Limited Liability Company」となるようです。とても長い名前ですね。「Limited Liability Company」というのは”有限責任会社”というものになるそうです。

ベトナム通信キャリアシェア(2012年統計)
Viettel(ベトテル) 40.67%
Vinaphone(ヴィナフォン) 30%
MobiFone(モビフォン) 17.9%
Vietnamobile(ベトナモバイル) 8%
その他 残りのシェア

シェアでは3番手となっていますが、ハノイでの通信速度では上位2社よりも早い速度が出るとの声があるようです。まもなく5Gサービスにも着手しているようで今後が期待されるキャリアです。

VIET-JO(@VIET_JO)さんのベトナムニュースの取り扱いが素晴らしいです。ツイッターでフォローして、ベトナム情報の参考にしています。

規格、周波数、バンド(2G, 3G, 4G/LTE)

MobiFone(モビフォン)周波数帯
バンド 規格
900(E-GSM) GSM
1800(DCS)
B1(2100) UMTS

APN設定

Mobifone(モビフォン)APN設定
名前 MobiFone
APN m-wap
プロキシ 未設定
ポート 未設定
ユーザ名 mms
パスワード mms
サーバー 未設定
MMSC 未設定
MMSCプロキシ 未設定
MMSポート 未設定
MCC 452
MNC 01
認証タイプ 未設定
APNタイプ defalult
APNプロトコル IPv4
APNローミングプロトコル APN Enabled
ベアラー 指定なし
MVNOの種類 None
MVNOの値 未設定

アマゾンで「MobiFone(モビフォン)」SIMを買ってみた

ベトナムのSIMは空港や街中、ホテル配送など試しました。今回はアマゾンで購入してみました。

この記事投稿時点では、アマゾン上では「MobiFone(モビフォン)」の取り扱いが豊富です。キャリア名で検索すれば数多く表示されます。レビュー見ている限りは評判も良さそうです。

購入したのは、データSIMですがツーリストSIMを選ぶと通話も使えるようです。調べて値段がさほど変わらないようであれば後者がよさそうです。データSIMでも着信は可能となっていました。

アマゾンで「MobiFone(モビフォン)」SIMを買ってみた
MobiFone(モビフォン)データSIM
  • SIMフリースマートフォンで使える
  • SIMサイズ:通常・micro・nanoサイズに対応
  • 音声は着信のみ利用可能
  • テザリング利用可能
  • データ通信量:10GBまで高速通信可能
    • ※10GBの上限を超えると128kbpsに速度制限されます。
  • 利用期間:ベトナムにて開通手続き後、30日

開封の儀

そんな大袈裟なものではないですが。

「MobiFone(モビフォン)」(実際のSIMの様子)
実際のSIMの様子

▲ 黄色いパッケージが印象的です。

「MobiFone(モビフォン)」(数言語でマニュアルが入っている)
数言語でマニュアルが入っている

▲ 中に数ページのマニュアルのようなものが入っていました。中国語ですかね。

「MobiFone(モビフォン)」(日本語のマニュアルもあり)
日本語のマニュアルもあり

▲ 発送主オリジナルの日本語マニュアルが入っていました。アクティベーション方法がこのマニュアルに記載されています。

iPhone11で使ってみた

iPhoneはSIMカードを入れるだけで使えるようになりました。プロファイルとかは特に入れてないです。Androidの場合は機種によってはAPN設定が必要になると思います。

使い始めにはアクティベーションが必要でした。

  1. SIMを入れる
  2. (Androidの場合)APNを設定する
    • iPhoneを使っていて国内キャリアの構成プロファイルを入れている場合では一旦削除する必要があるかもしれません。
  3. 「900」に電話発信する
  4. 通信開始

一旦、通信が始まれば利用期間は30日、10GBまでの通信は可能です。

キーボードが気になりますかね?ロジクールのKeys-to-goというアイテムになります。iPhone/iPadデバイス用のキーボードで重さは180gでペラペラです。でもそれなりにタイピングできるので出先で長文を打ち込むときに助かっています。

当ブログ ロジクール「Keys-to-go」レビュー

気になる速度

MobiFone(モビフォン)通信速度
場所 時間帯 PING値 下り速度 上り速度
空港から近い場所 00:00 106ms 36.06 Mbps 5.10 Mbps
ホーチミン1区 16:00 36ms 7.92 Mbps 6.51 Mbps

到着してすぐにGrabで移動しながら計測しました。日時が変わる頃でしたが通信は爆速でした。日が明けてホテルで計測した際も許容範囲の通信速度でした。

当ブログではヴェトナモバイル(Vietnamobile)の記事も投稿していますが、市場シェアはMobifoneが2倍以上と規模が異なります。通信カバレッジも広いし、当ブログ計測では今回のモビフォン側の方が優秀な印象です。

アマゾン上ではこの2社のSIMが手に入りやすいのでどちらか迷った場合はモビフォンをオススメします。

実は日本で準備できるベトナムSIM

今はいろいろ選択肢がある時代。レンタルWiFI、現地SIM、ローミングSIM、そして変なやつも。

前持って用意しておくと「ボラれる」心配はなくなります。ベトナムドンは通貨の桁が多いので、不慣れだと金銭感覚がおかしくなります。彼らもそのことはよく分かっている。最初の渡航の際に、タクシーでボラれそうになりました。通貨コンバーターで確認してびっくり。もちろんお断りしましたが。

初めてベトナムを訪問する、英語でのコミュニケーションも不安という方は予め手配しておくと安心です。

最後に

アマゾンであれば日頃買い物にも慣れているので手軽で良いですね。アクティベーションが必要ですが、予習をきちんとしておけばフライト着陸後から通信を始めることができます。

スポンサーリンク
Amazonで買い物するならギフト券チャージがお得!

アマゾンのギフト券チャージをご存知でしょうか。そのまま購入するよりもチャージしたギフト券経由で品物を購入すると【お得】になります。

ギフト券チャージにはいくつかのチャージ方法がありますが、おすすめは現金経由です。チャージするたびに最大2.5%のポイントがもらえます。

アマゾンを使う多くの人が入会するAmazonプライム会員。お得すぎる会員特典は多岐に渡り、ギフト券メリットもその一つとなります。

初回チャージならさらにお得!

1,000円のポイントがもれなくもらえるキャンペーンを実施中です。

\ 初回チャージなら 1,000円もらえちゃう♪ /

チャージはコンビニ・ATM・ネットバンキングで

モバイルSIM
スポンサーリンク
\ 記事が役に立ったらシェア!/
このブログを購読してみる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バジェットな旅ログ
タイトルとURLをコピーしました