フィリピンで使えるSIMを日本で事前購入したい?Amazonとか通販で買う方法

フィリピンSIMの事前購入(Amazonなどで通販) モバイルSIM
スポンサーリンク

フィリピンで使えるSIMを日本で事前に購入する方法について調べてみました。私自身は毎回現地で購入するか、その前の渡航で使ったSIMがあればそれを使うようにしています。

先日、知り合いにフィリピンSIMを事前購入したいと相談されました。

フィリピンに行くけど通信SIMを事前に買いたい

空港で買えるよ。空港内のコンビニでも売っている

そうなんだけどちょっと不安… po

語尾タガログ語じゃん…

現地に行けば、空港やコンビニなどで購入できることを伝えましたが、「事前に購入したい」とのこと。言葉の不安があり、高く購入させられたりすることに不安を持っているとのこと。

そういえば、昨年北京に行ったとき私も中国語が全く話せないのでかなり不安を感じました。同様に英語に免疫がない人にとってはフィリピンでの買い物も不安なことがあることに気付きました。

Amazonや楽天、ヤフーショッピングなどの通販サイトを使えば、フィリピンのSIMだけではなく世界中のスマホ用SIMを買うことが可能です。

この記事では、日本で事前にフィリピンで使えるSIMを購入する方法について投稿します。

フィリピンのSIMについて

フィリピンの電話・スマホ通信は、ほぼグローブとスマートという二大キャリアで運営されています。日本的な感覚で言うと、グローブがNTTドコモ、スマートがKDDIやソフトバンクみたいな感じですね。都市部であれば、スマートのほうが早いという声を聞きます。田舎・離島などはグローブのほうが強いです。

マニラやセブ島であればどちらのキャリアSIMでも良いと思います。

フィリピン用SIMの事前購入

フィリピンでSIMを事前購入して通信難民を回避

コスト面を考えるなら日本での購入はオススメはしません。

やはり仲介されてしまっているので価格が現地より割高です。マニラ空港のSIMカウンターに行くと、我関せずと日本語で交渉している勇ましい方も見かけます。ニュアンス、ジェスチャーとかでわりとどうにかなるものです。

それでも事前に買いたいという方に向けて、日本で買う方法をまとめます。

事前チェック事項

日本で購入するということは、自分で設定することを前提にしていると思いますので次の3点は抑えておきましょう。

知っている方は読み飛ばしてください。

  • スマホがSIMフリーになっているか
  • スマホの周波数(バンド)を把握しているか
  • APN設定方法を把握しているか

スマホがSIMフリーになっているか

最低条件です。キャリアのSIMロックがかかっている状況ではSIMを挿しても使えませんのでかならずSIMフリースマホを入手しておきましょう。3大キャリア(ドコモ、KDDI、ソフトバンク)を使っている人はSIMロック解除をしてもらいましょう。

スマホの周波数(バンド)は分かっているか

スマホは電波を捉えて通信を行います。電波はいくつかの周波数帯に分かれており、スマホが対応する周波数のみ使うことができます。言い換えると、対応していない周波数では通信できないということです。

ということで事前に使っているスマホの周波数を調べておきましょう。「(スマホの)型番+周波数」などでググると比較的すぐに見つかると思います。

よく分からないな… という方は日本で売られていて「SIMフリースマホ」と冠がついた製品を購入していれば、フィリピンで使える可能性は高いです。フィリピンの周波数は通信業界でよく使われるバンドです。

Globeの周波数(バンド)
通信規格周波数バンド
2G(GSM)900E-GSM
1800DCS
3G(UMTS)2100B1
9000B8
4G(LTE)1800+B3
2600B7
TD 2500B41
Smartの周波数(バンド)
通信規格周波数バンド
2G(GSM)900E-GSM
1800DCS
3G(UMTS)2100B1
850B5
4G(LTE)2100B1
1800+B3
850B5

APN設定方法を把握しているか

SIMフリーのiPhoneはAPN設定は不要です。SIMを挿せば自動認識します。

アンドロイドは、ここ数年で販売されたものであれば自動認識すると思いますが、場合によっては手動でのAPN設定が必要なケースはありえます。

日本で買えるフィリピン用のSIM

ここからは、フィリピン利用用途として日本で購入できる方法をご紹介します。

グローブまたはスマートのSIM

グローブのSIMとロード用カード

個人輸入と思われます。供給量が安定せず価格も変動的。購入後の設定はフィリピンで行う必要があります。(設定方法はこの記事カテゴリで網羅しています)

アマゾンのリンクは張りますが、個人輸入と思われるため販売ページがなくなることもあります。

SIM2Fly by AIS

タイの通信会社AISが発行するローミングSIM。

14カ国で利用できフィリピンも対象国に含まれています。現在、アマゾンで販売されているのは8日間の使い切りタイプです。

タイ旅行者のローミング使用を前提としており、タイ国内では使えないものの一方で日本で使えます。日本でアクティベーションできるのが特徴的。

タイ国内では、1年間使えるタイプが最近発売されておそらく日本でも販売されるものと思われます。1万円15GB/年間なのでデータ通信がさほど多くない方は日本での普段使いにも使えちゃいますね。

世界70以上の国・地域で1年間15GB使えるSIMカードが約1万円 タイAISが販売 by Traicy

追記:Amazon上で長期間使えるタイプの海外SIMの販売はできなくなるようで1年タイプが販売される可能性は低そう。

変なSIM by H.I.S.モバイル

旅行会社H.I.S.系列通信会社より販売されている「変なSIM」。世界78ヵ国で利用可能で、フィリピンも対象国に含まれます。利用料は500円〜/日。

初回購入は2,000円前後出す必要がありますが、繰り返し使えるし他の国でも使えるのが良いですね。

日本の会社だと安心だし、日本語で手続きできるので安心です。公式サイト内に詳しい設定方法の記載もあります。

変なSIM
日本で事前に買える「変なSIM」

通常のSIMに貼り付けて使う変わり者のSIM、だから「変なSIM」

公式 変なSIM by H.I.S.モバイル

とりあえずモノは試しと購入して、GWに使ってみました。

まとめ

フィリピンで使えるSIMを日本で事前に購入する方法について記事にしてみました。

何年か前に比べると、世界中で使えるグローバルタイプのSIMが増えています。いろんな国に行く人はどの国でも使い勝手も変わらないのでSIM2Flyや変なSIMといったものを選ぶと良いでしょう。

ドンちゃん
ドンちゃん

変なSIMを選ぶと良いでしょうって妙な終わり方

モバイルSIM
スポンサーリンク
ご覧いただき感謝です。記事の品質がブースト的に向上するボタンは次の通りです。
スポンサーリンク
バジェットな旅行記ロク
タイトルとURLをコピーしました