配車アプリGrabからフィリピンSIMへロードする方法。グラブが動くサリサリストア化。

モバイルSIM
スポンサーリンク

先日フィリピンへ渡航していた際に、いつものように配車アプリのGrabを使いました。

数ヶ月ぶりに使う際、たいてい何か新機能が追加されています。今回も「なんか色々画面変わってるなぁ…」程度にスマホを見ていたのですがよく見るとGrabからフィリピンSIMへロードできるようになっていました。

クレジットカードから直接ロードできるわけではなく、Grabの電子マネー(Grab Pay)を経由する必要があります。毎回、渡比するたびにロード用のカードを購入していたわけですがその必要がなくなりそうです。

今回の記事で配車アプリ GrabからフィリピンSIMへロードする方法をご紹介します。

記事内、現地通貨で表記することがあります。 現在、1フィリピンペソ(PHP) = 円です。1万円を両替すると、 ペソになります。

よく使う通貨・紙幣

  • 5ペソ:
  • 10ペソ:
  • 20ペソ:
  • 50ペソ:
  • 100ペソ:
  • 500ペソ:
  • 1,000ペソ:

更新日時: (自動取得データ)

東南アジアの配車サービス「Grab」

Grabは、東南アジアを中心に展開されている配車サービスです。スマホのアプリから車が呼べます。

タクシー業界に殴り込みをかけたUberに続いて誕生しました。東南アジアでは以前はUberも展開されていたのですが、Grabにシェアを奪われ撤退しています。

概要は次の記事にしています。

相場についてはタクシーより高いことも低いこともあります。まぁ、交渉する必要がないのがいちばんのメリットです。2018年のマレーシアでは長距離も含めて使い倒しました。相場感はつかめると思います。

まだ使ったことない方は、アプリを使う際に、下記のプロモーションコードを入れると初回のGrab乗車が無料になります。

プロモコードGRABWJZ522PG

アプリのダウンロードはこちら。

Grab App

Grab App

Grab.com無料posted withアプリーチ

Grabの電子マネー「Grab Pay」

「Grab Pay(グラブペイ)」とは、Grabアプリに備わっている電子マネー機能です。

Grab Payで出来ること
Grab Payの機能(出来ること)
  • クレジットカード情報を使いたくない場合は、Grab乗車中にドライバーに現金を渡してGrab Payクレジットにトップアップ(チャージ)することが出来る。
  • Grab Payクレジットは知り合いに渡すことが出来る。
  • デビットカードやクレジットカードと連携して、シームレスな支払いを行える。

Grab Pay最大のメリットは、「現金が不要になる」ということにつきます。

Grabがない時代、フィリピンでは小額紙幣を常に保有することを考えていましたが、Grab登場以降はあまり気にしなくなりました。

Grab Payを使ってフィリピンSIMへロードするメリット・デメリット

正直なところ、なんどもフィリピンに行かない人にはメリットはほぼないですね。在住者やフィリピン渡航を繰り返す方々にメリットが大きいです。

注意点としては一旦Grab Payへ入金する必要があること。Grabカーだと通常、クレジットカード連携で自動支払いができてGrab Payへの入金は必要ないのですがロードする場合は入金が必要でした。

  • SIMのロードが気軽に出来る。チャージ用カードを探したり、サリサリストアを探す必要がなくなる。
  • 割と細かい額でロードを入れられるので、ロードの入金に無駄がなくなる。
  • 普通にロードするより若干割安。
  • クレジットカードからの直接ロードはできない。一旦、Grab Payへトップアップ(チャージ)する必要がある。
  • Grab Pay内の現金が使われないと無駄になる。
  • 設定がちょっとメンドクサイ。
スポンサーリンク

GrabからフィリピンSIMへのロード方法(チャージ)

では実際にGrabアプリからフィリピンのSIMへロードを行います。

スクリーンショットの画面は、2019年2月現在のものです。Grabはコロコロとインタフェースを変更するので参考程度にしてください。

GrabからフィリピンSIMロードの流れ
  • ステップ1
    Grab Payクレジットへトップアップする
    Grab PayクレジットとはGrabに入金されたマネーのこと。トップアップとは現金をチャージすることです。
  • ステップ2
    Grab PayクレジットからフィリピンのSIMへロードする
    トップアップされたGrab Payクレジットからフィリピンの携帯番号を指定して入金します。

ステップ1:Grab Payクレジットへトップアップする

Grab Payへのトップアップ

Grabの画面で「Top Up」を選択する。

Grab Payへのトップアップ

Grab Pay クレジットへの入金方法を選択します。旅行者の場合、現金をドライバーに直接渡すか、クレジットカードでの入金になると思います。

ドライバーに現金を手渡して入金する場合は、必ずドライバーがいるところで入金完了を確認してください。

ここからはクレジットカードを使います。

Grab Payへのトップアップ

Grab Payでクレジット連携を指定ればそのカードを選択します。

クレジットカード連携をしていなければ、この場でカード番号をいれて入金します。Grabアカウントにクレジット情報を登録したくない場合は、都度支払いにすると良いでしょう。

 Grab Payへのトップアップ

クレジットカードを使ってトップアップする場合、最低入金額は「500ペソ」です。

Grab Payへのトップアップ

入金が完了した時の画面。

Grab Payへのトップアップ

Grab Payクレジット残高に500ペソが反映されました。

ステップ2:Grab PayクレジットからフィリピンのSIMへロードする

Grab Payクレジットへの入金が完了したら、フィリピンのSIMへロードします。

Grab PayからフィリピンSIMへロードする

Grabのトップ画面から「Load」をタップします。

Grab PayからフィリピンSIMへロードする

フィリピンで使っている携帯番号をいれて、金額を指定して支払いをします。

若干、割引されています。50ペソ入金の場合、47ペソの支払いになりました。

Grab PayからフィリピンSIMへロードする

支払い確認画面が表示されるので内容を見た後に支払います。

Grab PayからフィリピンSIMへロードする

支払い完了後にレシートみたいな画面が表示されます。

成功すると、SMSでもフィリピンSIMへロード完了のメッセージがきますのできちんと確認しましょう。

最後に

こんな感じで、配車アプリ GrabからフィリピンSIMへロードする方法を記事にしてみました。滅多に行かない人にはオススメできませんが、在住者や渡比リピーターの方には便利なサービスですね。Grabアプリがどんどん拡張されて非常に奥が深いサービスになってきました。全貌が把握しきれない…

今回はGrabを使ったロード方法でしたが、普通に自分でロードできます。Smart、Globeのそれぞれで記事にしています。

モバイルSIM
スポンサーリンク
ご覧いただき感謝です。記事の品質がブースト的に向上するボタンは次の通りです。
スポンサーリンク
バジェットな旅行記ロク

コメント

タイトルとURLをコピーしました