マレーシアの空港で「U Mobile」SIMを入手、使用感をレビュー(2018年/KLIA)

マレーシア ユーモバイル(U Mobile)レビュー モバイルSIM
スポンサーリンク

マレーシアでユーモバイル (U Mobile)のSIMを使う機会があったので、使用感をレビューします。KLIA(クアラルンプール国際空港)でSIMを入手できます。補足情報として、ユーモバイル (U Mobile)の周波数、バンド、APNの設定も掲載します。

 

changbeer
changbeer

マレーシアには、通信キャリアが4社あります。SIMフリーのスマートフォンをお持ちの方は、現地SIMでの通信して見ましょう。

記事内、現地通貨で表記することがあります。

現在、 1マレーシアリンギット(MYR) = 円です。1万円を両替すると、 リンギットになります。

よく使う通貨・紙幣

  • 5リンギット:
  • 10リンギット:
  • 20リンギット:
  • 50リンギット:
  • 100リンギット:

更新日時: (自動取得データ)

 

ユーモバイル (U Mobile/マレーシア)

 

ユーモバイル (U Mobile)は、マレーシア国内では最も小さい通信キャリアです。2007年に事業を開始して、ポストペイ、プリペイドペイのプランを通じて、音声、データ通信、メッセージングなどのサービス提供をしています。

マレーシア国内ほかのキャリア同様、2G, 3G, 4G/LTEのサービスを提供しています。ユーモバイル (U Mobile)の店舗は、空港や街中に点在しており、プリペイドSIMのクレジット残高も同様の場所で購入可能です。

規格、周波数、バンド(2G, 3G, 4G/LTE)

通信規格周波数バンド
2G(GSM)900E-GSM
1800DCS
3G(UMTS)2100B1
4G(LTE)2600B7

APN設定

名前U Mobile
APNmy3g
プロキシ未設定
ポート未設定
ユーザー名未設定
パスワード未設定
サーバー未設定
MMSChttp://10.30.3.11/servlets/mms
MMSCプロキシ10.30.5.11
MMSポート8080
MCC502
MNC18
認証タイプ未設定
APNタイプdefalult,supl,mms
APNプロトコルIPv4
APNローミングプロトコルIPv4
ベアラー指定なし
MVNOの種類None
MVNO値未設定

 

スポンサーリンク

 

クアラルンプール国際空港(KLIA)でのプリペイドSIM入手

KLIA内では、マレーシアの通信キャリア4社のプリペイドSIMを入手することが可能です。

 

マレーシアのモバイルキャリア4社

空港内店舗の場所

空港の制限エリア内・外の両方で店舗が見られました。私は、入国審査、手荷物引渡所を終えた後、到着出口近くのユーモバイル (U Mobile)店舗を利用しました。

クアラルンプール国際空港の到着階出口

▲ KLIAの到着階の風景です。

クアラルンプール国際空港の到着階出口から左を見たところ

KLIA到着階の出口を出ると、左に曲がります。バーガーキングが見えますが、キャリア店舗はその手前に数件あります。好きな店舗を使うと良いでしょう。

インターネット上の口コミを見る限り、どのキャリアでも通信の品質に大きな違いはないようです。

空港で入手できるSIMとパッケージプラン

KLIAのユーモバイル(U Mobile)SIMパッケージプラン

▲ プランは、ラミネート加工されたプラン用紙で掲示してくれます。データ量の制限があるプラン、無制限のプランがありました。4泊の予定だったので、左の安いほうを選びました。

パッケージ・プラン A

  • 料金: 25 マレーシアリンギット
  • データ容量:13.2 GB
    • 3.2 GB(4Gハイスピード)
    • 10 GB の4Gじゃない普通のインターネット
    • 60分の電話

パッケージ・プラン B

  • 料金: 60 マレーシアリンギット
  • データ容量:無制限
    • だいたいの? SNSは無料
    • 50分の電話

設定は店員がやってくれます(日本語OSのままでOK)

ユーモバイル(U Mobile)SIMパッケージ

このページでは、APNの設定を記載していますが、実際の空港では店員が設定してくれます。

日本語OSのままだと、設定しづらいかとOSを英語化する旨伝えましたが、特に不要とのことで日本語OSのまま設定をしてくれました。

 

設定の時に、スマホから抜いた日本のSIMは失くさないようにしましょう。←超重要!!

ズボンのポケットに入れるとかNG、しまう場所は決めておきましょう。SIMカードケースを準備しておくと便利です。値段も安いです。

 

モバイルルーター

クアラルンプール国際空港では、モバイルルーターをレンタルするのは一般的ではありません。日本であらかじめレンタルしておくか、現地SIM入手するのがよいかと思います。

Amazonなどで比較的安いモバイルルーターが入手できます。ひとつもっておくと多くの国で快適にモバイル通信ができます。

ユーモバイル (U Mobile)の気になる速度

数回、計測してみました。データは、2018年8月です。

日時場所PING値下り速度上り速度
2018/08/12 17:02ペナン国際空港246 ms4.42 Mbps0.99 Mbps
2018/08/13 00:17ジョージタウン(ペナン島)74 ms14.10 Mbps10.07 Mbps
2018/08/15 09:36ソフィテル・くアラルンプール・ダマンサラ69 ms21.57 Mbps32.46 Mbps

私のスマートフォンとの相性(2018年版 Zenfone5 / ZE620KL)

私は、2018年に発売されたZenfone5を愛用しています。マレーシア国内で、ユーモバイル (U Mobile)の電波を問題なくつかむことができました。

ちょっと電波の悪かった山間地(ペナン島・ペナンヒル)

ペナン島 ペナン・ヒルのトロッコ風景

▲ ペナン島に行った際に、ペナンヒルに行きましたがその時は電波のつかみが悪かったです。お連れさんは、ディジ(DiGi)を使ってもらいましたが電波をつかんでいました。

ディジ(DiGi)については、下記の記事で使用感をまとめています。

マレーシアの空港で「DiGi」SIMを入手、使用感をレビュー(2018年/KLIA)
マレーシアでディジ (DiGi Telecommunications)のSIMを使う機会があったので、使用感をレビューします。KLIA(クアラルンプール国際空港)でSIMを入手できます。補足情報として、ディジの周波数、バンド、APNの設定も掲載します。

 

スポンサーリンク

 

途中で通信制限を受けたかも知れない

旅の後半で、通信が遅くなってしまいました。あまりに快適に使えたもので、ホテル内のWiFiにつなぐのをサボってしまいました。特に動画等は見なかったと思うのですが…

ユーモバイル(U Mobile)からの通信制限SMS

▲ ユーモバイル (U Mobile)さまからの煽りのSMS攻撃。

最後に

通信制限か!? 途中から利便性が落ちたというのと、山間地で電波の入りが悪かったのが少し残念ですが、それ以外では使用感として特に不満はありませんでした。おおむね、日本にいる時と同様、快適にモバイル通信をすることが出来ました。

▼ 2018年夏のマレーシア旅行記は次のまとめ記事に集約しています。

タイムラインで振り返るマレーシア旅行記まとめと費用(ペナン島 & クアラルンプール)
2018年8月は、ANA SFC修行中。年明け早々に東京〜クアラルンプール行きのプレミアムエコノミーを手配。タッチするだけの渡航は嫌だったので、4泊の予定を組みマレーシア旅行(ペナン島、クアラルンプール)に行きました。旅程、観光・ツアー内容...
  • 旅程
  • 観光・ツアー内容
  • 移動手段
  • 宿泊先
  • 旅費

などポイントを記載しました。

モバイルSIM
スポンサーリンク
ご覧いただき感謝です。記事の品質がブースト的に向上するボタンは次の通りです。
スポンサーリンク
バジェットな旅行記ロク
タイトルとURLをコピーしました