やらないと経済的損失なふるさと納税。21年分が開幕!計画的に寄付していきましょう(楽天がおすすめです)
生活の質・QOLが上がったサービス2020年

旅行に行けない巣ごもりトラベラーは何をしてた!?

体型維持、自己啓発、資産運用まで

詳細はこちら

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記。「ぽんの湯」で江戸を感じるステイケーション

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記。「ぽんの湯」で江戸を感じるステイケーション ホテル宿泊記

2020年最後のフライトで函館に行き、駅前にある新設ホテル「ラ・ジェント・ステイ函館駅前」に宿泊してきたので記事投稿します。

函館って初めて行きました。

ホテルも全然わからず、空港からアクセスが良い函館駅周辺で探したところ、駅前に出来立てのホテルがあり、温泉の評判もよかったので予約を入れました。

温泉「ぽんの湯」は、江戸時代をモチーフにした和の演出が特徴的。タイムスリップのごとく、古き良き日本の情緒が感じられる空間となっていました。

写真多めでさらっと投稿します。

スポンサーリンク

宿泊概要(ラ・ジェント・ステイ函館駅前)

日付 2020年11月
ホテル名 ラ・ジェント・ステイ函館駅前
住所 〒040-0063
北海道函館市若松町12−8
宿泊タイプ ダブルルーム
宿泊日数 1日
価格
  • 5,592円(GoToトラベル適用)
  • ステイケーションプラン(朝食付)
価格に対する満足度 4.3
(GoTo考慮なしの場合)

ホテルについて

ラ・ジェント・ステイは、調べたところ大和ハウス工業が建設・運営する「ラ・ジェント・ホテル」のサブブランドのようです。

公式な案内が見つからないのですが、「ラ・ジェント・ホテル」のインターネットドメイン「lagent.jp」配下に公式サイトがあったので、直系かフランチャイズかまではわかりかねますが関係性があることは確か。

「ラ・ジェント・ホテル」は、今回のホテルを含めて東京ベイ、大阪ベイほか6拠点を運営しています。ファミリー向けのレジャーホテルがコンセプトになっていて部屋あたりの収容数を増やしたり、ベッドなど寝具に力をいれているのが特徴です。

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(ラ・ジェント・ホテルの拠点)
ラ・ジェント・ホテルの拠点
ラ・ジェントブランドのホテル
  • ラ・ジェント・ホテル 東京ベイ
  • ラ・ジェント・ホテル 大阪ベイ
  • ラ・ジェント・ホテル 沖縄北谷
  • ラ・ジェント・ホテル 新宿歌舞伎町
  • ラ・ジェント・イン 気仙沼
  • ラ・ジェント・ステイ 函館駅前

「ラ・ジェント・ステイ函館駅前」の多彩な部屋タイプ

今回はスタンダードシングルを使っています。公式サイトを見直したところ、ファミリー層をターゲットにしていることもあって豊富な部屋タイプをほこります。

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(上位クラスの部屋はかなり広々)
上位クラスの部屋はかなり広々

16平米前後の部屋から40〜50平米のレジデンシャル、最も大きい部屋だと160平米以上のロイヤルスイートというのもあるようです。

宿泊した感想

良いところ
  • 駅チカ徒歩1分
  • 新しく部屋が綺麗
  • 周辺に商業施設、市場あり
  • ぽんの湯の雰囲気よし
残念なところ
  • 団体客が多く受付やエレベーターが混雑しやすい
  • 温泉がちょっと熱い…
    • 風情を感じられる空間だが熱くて長湯しづらい(私は)

ロケーション

土地勘のない函館初心者にとって嬉しい駅前。併設といっても差し支えないほどの近さです。

予約

楽天トラベル経由で予約しました。

海外だとAgodaをよく使いますが、現在では国内宿泊が中心となっており、楽天をよく使うようになりました

いつの間にやら楽天経済圏に片足を突っ込んでいるようでしてSPU+1倍を獲得するために機会があれば楽天を通して宿泊するようにしています。

上記はちょうどお買い物マラソンをやっていたときのポイント倍率。生活必需品を楽天で買うようにしています。倍率上がったところでふるさと納税をやると20%以上のポイントバックが得られちゃいます。

当ブログ記事 肩肘はらない楽天ふるさと納税のやり方

評判・口コミ

新しさ、駅チカ、大浴場などで評判が良好です。

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(グーグル検索での評価)
グーグル検索での評価

宿泊記(ラ・ジェント・ステイ函館駅前)

外観

ホテルは、駅から北の方角に徒歩1分の場所にあります。左手がホテル、右手は「ハコビバ」という複合商業施設となっています。

ハコビバは、函館を代表する道産食品やお土産を販売する物販店、美味しい食材を提供する飲食店などが昭和の街並みを再現した空間に軒を連ねています。

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(ホテル外観、ハコビバが見える)
ホテル外観、ハコビバが見える
ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記()
どこかのビックカメラにも見えるような…

▲ ホテルは真正面に入り口がなく、ハコビバと接続されている右手の背の低い建物から中に入ります。入り口がちょっとわかりづらいというレビューを見受けました。

入り口の裏手はロータリーになっていて、観光バスが直接乗りつけていました。

ロビー・館内

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(ロビー付近)

▲ 受付の際に検温する必要がありました。時間帯によって団体客が多いのでチェックイン・チェックアウトに時間がかかりそうな雰囲気でした。

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(広いロビーに中央にはこの時期らしいクリスマスツリー)
広いロビーに中央にはこの時期らしいクリスマスツリー
ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(1階にバーがある)

▲ 1階にバーがあります。今回は入らず。

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(エレベータ内)

▲ 1, 2階をのぞいた11階までが客室となっています。朝食、大浴場は2階にあります。

客室

予約はスタンダードシングル、部屋はツインルームを案内されました。

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(客室の入り口)
ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(客室の全景)

▲ 20平米ほどの部屋でバスルームや廊下も結構なスペースが使われていました。

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(客室のベッド)
ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(客室のベッドを横から)
ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(パジャマが借りられる)
カジュアルなパジャマ
ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(ソファとローテーブル)

▲ ソファと小さいローテーブルがあるものの、デスク・チェアはありませんでした。この部屋タイプの特徴かもしれませんが、テレワークなどの作業は少しやりづらいと思います。

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(冷蔵庫ほか客室の備品)
ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(セイフティーボックス)

▲ セイフティーボックスは引き出しタイプのもの、海外だとあまり見かけませんが日本のホテルに泊まるようになってからよく見かけます。使いやすいですよね。

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(おいしいコーヒーを自分で入れられるポッドマシン)

ポッドマシンがありました。ぱっと見、どうやって使って良いか見当つきませんが説明書があるのでそれを見ながら入れられます。

シャワールーム(バスルーム)

バスルームはトイレとセパレートタイプ。

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(トイレと洗面台)
ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(ウォシュレットトイレ)
ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(バスルームのアメニティ、体を洗うタオルがついてた)
バスルームのアメニティ、体を洗うタオルがついてた
ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(パナソニック製ドライヤー)
ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(浴槽が別のシャワールーム)

▲ バスルームは浴槽が別の日本式。朝だけ使いました。

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(シャンプー、ボディーソープ、コンディショナー)

客室からの風景

ホテルから外の風景は内陸側、駅前が見える部屋でした。頼めば、海側の部屋を割り当ててくれることがあるらしいです。

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(客室からの風景)

大浴場「ぽんの湯」

2階に大浴場があります。宿泊するなら一度は入っておくべきでしょう。

天然温泉「ぽんの湯」
  • 営業時間:15:00 – 翌朝 9:30
  • サウナは深夜0時から6時までクローズ、内風呂はクローズタイムなし
  • フェイスタオル、バスタオルは部屋から持ち込む
  • 入り口が異なるがゴールドジムとの併用
    • ロッカーの使用数を管理し、人数制限しているとのこと
ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(2階にある「ぽんの湯」入り口)
ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(ぽんの湯の番頭さん)
ぽんの湯の番頭さん
ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(ぽんの湯の内風呂)

▲ 中は撮影できないので公式サイトの写真を引用。木が多く使われていて風情を感じる空間でした。江戸時代の温泉をイメージしたんだとか。

お風呂が私には熱過ぎましたね。大きな浴槽がふたつあるので一つは少し温度を落として欲しかった。そうすれば長湯できる。

無線LAN(WiFi)

WiFiは、上り優勢で下りは10Mbps前後の許容範囲でした。大規模ホテルなので混雑時はこれより落ちるかも。

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(無線LAN、WiFi速度)

朝食

朝食も大浴場同様に2階にレストランがあります。

手袋ありのビュッフェスタイルでした。

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(2階にある朝食レストラン)
2階にある朝食レストラン
ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(2階にある朝食レストラン)
ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(コロナ影響により手袋ありのビュッフェスタイル)

▲ 手袋しないとあちこち触れることができないので写真は少しだけ。

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(コロナ影響により手袋ありのビュッフェスタイル)
ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(コロナ影響により手袋ありのビュッフェスタイル)
ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(この日の函館朝食)
この日の函館朝食

▲ 数多くの料理が陳列していました。自然と魚介系を選んでいましたね。

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記()
お魚系

▲ いくらや明太子、ぶり大根など。

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記()
洋食っぽいものも

▲ ハラス、卵料理、スクランブルエッグなど。食べ過ぎました。

ホテル周辺

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(駅近くに朝一がある)
駅近くに朝一がある

▲ 駅を挟んで逆方向(南)に朝一が開いていました。食事できるところも営業していたのでホテルで食事を付けずにこういったところで食事を取るのもおつかもしれません。

市場を歩くと客引きの煽りが結構強く、若干東南アジアにいる錯覚を覚えました(笑

お土産はここで色々買えます。

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(路面電車で函館を廻る)
路面電車で函館を廻る

▲ 駅周辺で路面電車が走っていて時間もあったので乗ってみました。詳しくないですが、主要な観光スポットが回れそうです。Suica/Pasmoが使えて便利でした(チャージはできない)。

ラ・ジェント・ステイ函館駅前の宿泊記(五稜郭の敷地内を散歩)
五稜郭の敷地内を散歩

▲ 予習ゼロでしたのでとりあえず五稜郭へ。タワーには登らず、公園内を一周してきました。

まとめ

函館はコンパクトな街でいいですね。一年に一度は来て街を少しずつ覚えたくなりました。

ホテル宿泊記
スポンサーリンク
\ 記事が役に立ったらシェア!/
このブログを購読してみる
スポンサーリンク
思考ゼロで使ってしまうAgoda、やっぱここ
agoda-square-banner

Agodaは私がもっとも使うホテル予約サイト。

もう10年以上使っている。操作インターフェースに慣れたというのもあるのだけれど価格で調べると結局アゴダが安くて使ってしまう。繰り返し使うことでクーポンも定期配布にされるので虜になってしまう。どうやら私は、「Agoda VIP」らしいw

最近は民泊や空港〜ホテル間の送迎も強化しており、ホテル選びするならまずアゴダは目を入れるべきサイト。

航空券とタイミング合わせるなら有無を言わずにエクスペディア

航空券と一緒にホテルを予約する場合は迷わずエクスペディア!

エア割最強です。フラッグシップキャリア・ベトナム航空の往復+四つ星で予約して55,000円 とかで行けます。普通におかしい金額。

口コミの投稿数はアゴダに劣りますが、それでも利用者数は多いです。ホテル料金はアゴダといい勝負ですが、相対的にはアゴダの方が安い気がします。エア割条件に合えば即ゴーです。

10泊止まるとなんと1泊タダ「Hotels.com」

Hotels.com は世界最大級のオンライン宿泊施設予約サイト。

ここの魅力は10泊止まるとなんと1泊タダになってしまうこと。ここ最近のホテルでは、アゴダの次に使うようにしています。アゴダより若干高い印象。金額が近い時はリワード10泊を目指すためここを使います。

アプリが使いやすいのは気に入っています。

スポンサーリンク
バジェットな旅ログ
タイトルとURLをコピーしました