kindle unlimited 読み放題 キャンペーン中!2ヶ月使ってたった199円!

フィリピン旅行・留学におすすめSIMフリー・スマホ 7選(2018年)

フィリピンで使えるオススメスマホ モバイルSIM
スポンサーリンク

このブログでは、フィリピン関連のトピックを増やして行く予定です。現地で役立ちそうなスマートフォン関連の記事も追加したいと思います。今回はフィリピン通信キャリアと相性の良いおすすめSIMフリースマートフォンをご紹介します。

 

フィリピンに行くし、そろそろスマホを新しくしたい。どのスマホが電波入るのかしら

ブログの人
ブログの人

日本で買う場合、SIMフリーなものは大抵大丈夫だと思うけど、念のため周波数があったものを選んでね。

 

スポンサーリンク

フィリピン・スマートフォン事情(携帯電話契約数、普及率)

世界銀行の「携帯電話契約数」というデータがあったので引用してみました。携帯電話契約数としては、人口以上の1億1千万以上の契約があるそうです。

普及率はStatistaというサイトを見る限り、75%程度のようです。

フィリピンで使うためのスマホの選び方

周波数に気をつける

スマートフォン周波数のイメージ

フィリピンで購入する場合、周波数を気にする必要はさほどないでしょう。但し、日本で購入する場合は、事前に周波数がフィリピン国内のものと合っているか確認が必要です。

主要の通信キャリアは、SmartとGlobeです。Smartは都会に強く、Globeは田舎で強いと知り合いはよく言っています。実際、私もコロン島ではSmartは入りづらかったですね。電波の入りは、行くたびに改善している印象はありますが日本と比べると感覚的に良くはないです。

Smart, Globeの周波数やAPN設定については、次の記事でご紹介しています。

カメラ機能がよいスマホを選ぶ

スマートフォンのカメラ機能をイメージ

フィリピンの離島にはすばらしい景色がたくさんあります。せっかくの旅行、留学であれば思い出に良いカメラ機能を持ったスマートフォンで写真・動画を撮影するのが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

価格は控えめなスマホを選ぶ

安いものから、iPhoneXのような高価なスマートフォンがありますが、個人的にはフィリピンで使う場合、盗難のリスクが日本にいるときより高まるのでローエンドからミドルクラスのスマートフォンを選ぶのが良いかなと思います。

 

changbeer
changbeer

盗難ではないですが、旅行でiPhoneSEをタクシーに置き忘れ。
その後は、音信不通… Orz

 

現地でのスマホ購入

現地でももちろんスマートフォンが購入できます。ただ、ほとんど価格差がないというか、人気どころ(ソニー、サムソン)になるとむしろ日本で購入する場合のほうが安いこともあります。

それと保証のことを考えるとやはり日本で購入したほうが安心です。数年前までは、SIMフリー・スマートフォンは一部の方が個人輸入で買うケースが多かったですが、いまだと量販店やAmazonなどのショッピングサイトで購入ができます。

オススメ SIMフリー 格安スマートフォン7選

ということで2017年、2018年に発売されて、カメラ機能が良く、周波数も問題ないものをご紹介します。

3大キャリア(ドコモ/AU/ソフトバンク)を通じて購入する場合は、各キャリアのSIMロックポリシーをご確認ください。この記事では、SIMフリーのものを掲載します。

Huawei nova lite2

2018年に発売されたファーウェイのローエンドのスマートフォン。5.65インチフルHDと大きめですが、持ちやすさに定評があります。

Huawei nova lite2 マルチスクリーン機能

▲ マルチスクリーン対応なので、複数のアプリを1画面で見ることができます。Youtube見ながらツイッター+youtubeなんて使い方ができる。

Smart 周波数3G/UMTSB1(2100)
B5(850)
4G/LTEB1(2100)
B3(1800+)
B5(850)
Globe 周波数3G/UMTSB1(2100)
B8(900GSM)
4G/LTEB3(1800+)
B7(2600)
B41(TD2500)N/A

 

安くて大画面
  • カメラ:リア1300万画素、フロント200万画素
  • CPU:Huawei Kirin 659
  • メモリ:3GB
  • バッテリー:3,000mAh
  • 実売:2万円前後

 

モトローラ Moto G6

私が好きなモトローラです。過去のMoto X Playを使ってましたが、無駄なアプリがほとんどなくて自分仕様にしやすいです。

デュアルレンズ搭載。表面は傷がつきづらいGorillaレンズを使用。5.7インチで実用的なサイズ。安いけど、フィリピンの周波数は全部対応。

Motorola moto G6

画像引用: cnet.com

Smart 周波数3G/UMTSB1(2100)
B5(850)
4G/LTEB1(2100)
B3(1800+)
B5(850)
Globe 周波数3G/UMTSB1(2100)
B8(900GSM)
4G/LTEB3(1800+)
B7(2600)
B41(TD2500)

 

シンプルでバランスが良い

 

  • カメラ:リア1200万画素(サブ500万画素)、フロント1600万画素
  • CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 450
  • メモリ:3GB
  • バッテリー:3,000mAh
  • 実売:2万円後半

 

Huawei P20 lite

2018年に発売されたファーウェイのミドルレンジのスマートフォン。5.84インチフルHDを搭載、今年の流行のノッチスタイルのスマートフォンです。

コネクタはUSB-C、バッテリーは大容量の3,000mAh急速充電に対応しています。背面はデュアルレンズ搭載でボケのある写真が撮れます。

Huawei 5.84インチ P20 lite SIMフリースマートフォン 大画面が魅力

Smart 周波数3G/UMTSB1(2100)
B5(850)
4G/LTEB1(2100)
B3(1800+)
B5(850)
Globe 周波数3G/UMTSB1(2100)
B8(900GSM)
4G/LTEB3(1800+)
B7(2600)
B41(TD2500)

 

驚異の5.84インチ、19:9ディスプレイ

 

  • カメラ:リア1600万画素、フロント200万画素
  • CPU:Huawei Kirin オクタコア
  • メモリ:4GB
  • バッテリー:3,000mAh
  • 実売:3万円前後

 

Sharp Aquos sense lite

2017年末に発売された日本のシャープのスマートフォン。安心の国内メーカー。147g、5インチのスマートフォンなので小さめをお好みの方にぴったり。CPUはSnapdragon430なので少し控えめですね。

最近はスマホがやたらと巨大化。iPhone なんとかMaxも大きいですよね。個人的には大きさよりも大きくなることによる重さが気になります。疲れちゃう。

そんな重いスマホ嫌いなニーズを突いてきたのがSharpのスマホ。他社にない特長が魅力的。

Sharp Aquos sense lite

▲ カラバリが豊富で全7色、シンプルなデザインでいい感じ。背面カメラはシングルですね。

Smart 周波数3G/UMTSB1(2100)
B5(850)
4G/LTEB1(2100)
B3(1800+)
B5(850)
Globe 周波数3G/UMTSB1(2100)
B8(900GSM)
4G/LTEB3(1800+)
B7(2600)N/A
B41(TD2500)

 

小さいスマホ好きな人向け

 

  • ミドルレンジでも価格は2万円後半。
  • カメラ:リア1,310万画素、フロント500万画素
  • CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 430(MSM8937)
    1.4GHz(クアッドコア)+1.1GHz(クアッドコア)
  • メモリ:3GB
  • バッテリー:2,700mAh
  • 実売:2万円後半

 

モトローラ Moto G6 Plus

Moto G6をすでにご紹介していますが、その上位機種。5.93インチの大画面、18:9のディスプレイ、高級感を感じるメタルボディがおすすめ。

Moto G6 Plus

画像引用:Japan.cnet.com

▲ ボタンのところは一昔前のサムソンみたいな感じですね。日本だと全キャリア対応で、フィリピンでも全周波数を掴みます。高級感があって欲しいです。

Smart 周波数3G/UMTSB1(2100)
B5(850)
4G/LTEB1(2100)
B3(1800+)
B5(850)
Globe 周波数3G/UMTSB1(2100)
B8(900GSM)
4G/LTEB3(1800+)
B7(2600)
B41(TD2500)

 

高性能、大画面ディスプレイ

 

  • カメラ:リア1,200万画素、フロント1,600万画素
  • CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 630 (SDM630)
    2.2GHz ×8 オクタコアCPU Adreno 508
  • メモリ:4GB
  • バッテリー:3,200mAh
  • 実売:4万円前後

 

ASUS Zenfone 5Q

今年発売のZenfone5Q。カメラは4つ、イメージセンサーはソニー。画面は5.5インチのワイド、バッテリーも大きくてスペック的には申し分なし。カラバリが豊富。

ZENFONE5Q

画像引用: asus.com

▲ カラバリは赤、黒、白の3色。インカメ、背面にカメラが二つずつあります。

Smart 周波数3G/UMTSB1(2100)
B5(850)
4G/LTEB1(2100)
B3(1800+)
B5(850)
Globe 周波数3G/UMTSB1(2100)
B8(900GSM)
4G/LTEB3(1800+)
B7(2600)
B41(TD2500)

 

全面・背面ともにダブルレンズ、写真が楽しめる

 

  • ミドルというかハイかな….
  • カメラ:リア1,600万画素+800万画素、フロント2,000万画素+800万画素
  • CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 630 (SDM630)オクタコア
  • メモリ:4GB
  • バッテリー:3,300mAh
  • 実売:4万円前後

 

スポンサーリンク

 

ASUS Zenfone 5 2018年

最後に、今年私が使っているスマートフォン、Zenfone5 2018年バージョンで流行りのノッチスタイル。もちろん、フィリピンで使えることは実証済み。スペック、使い勝手、カメラ機能など個人的にはパーフェクトです。

ZENFONE5 ZE620KL

画像引用: asus.com

▲ 弱点は、iPhoneじゃないとか? このブログの多くの写真がこのスマホで撮影しています。デュアルレンズで、ポートレートモードを使うとしっかりボケます。

Smart 周波数3G/UMTSB1(2100)
B5(850)
4G/LTEB1(2100)
B3(1800+)
B5(850)
Globe 周波数3G/UMTSB1(2100)
B8(900GSM)
4G/LTEB3(1800+)
B7(2600)
B41(TD2500)

 

私が使っているからオススメw

 

  • 買い替え時期が迫っていて、iPhoneよりコスト抑えたいならアリな端末。
    カメラ機能、画面サイズはiPhone8を凌駕します。
  • カメラ:リア1,200万画素、フロント800万画素
  • CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 636 (オクタコアCPU)
  • メモリ:6GB
  • バッテリー:3,300mAh
  • 実売:5万円前後

 

次の記事内の多くの写真は、Zenfone5で撮影しています。写真作例の参考にどうぞ。

 

最後に

今回は、iPhoneは入れませんでした。iPhoneSEとかiPhone6sが比較的安くなっていますが、2年前のモデルですし、スペックやカメラ機能を考えるとちょっとな… って気がします。

最近出た、iPhoneXS(MAX)、iPhoneXRですか… 高いですね… この記事内にリストアップして一番高い私のZenfone5ですら複数台購入できます(苦笑

値段はさておき、最新のiPhoneを1台くらい持っておこうかと考えているのですが、重さが気になります。どの機種もZenfone5より重い。私、Zenfone5重く感じています…(ヒトリ言

紹介したデバイスのおさらい

リンクから各スマホの見出しに戻ります。

タイトルとURLをコピーしました