kindle unlimited 読み放題 キャンペーン中!2ヶ月使ってたった199円!

ホーチミン市内で「Viettel」SIM入手、使用感をレビュー(2018年/ベトナム)

ベトナム・ベトテル(Viettel)プリペイドSIM モバイルSIM
スポンサーリンク

ベトナムのホーチミン市内でベトテル(Viettel Telecom)の通信SIMを使う機会があったので、使い勝手をご紹介します。今回は空港ではなく市内の旅行代理店で購入してみました。補足情報として、Viettelの周波数、バンド、APNの設定も掲載します。

記事内、現地通貨で表記することがあります。

現在、 1ベトナムドン(VND) = 円です。
1万円を両替すると、 ドンになります。ゼロを二つとって、半分にすると日本円と同じくらいになります。ゼロ三つが「K」で省略されている場合、Kを無視してゼロを一つ足して半分にすると日本円と同じくらいになります。

よく使う紙幣

ベトナムではコインはないようです。

  • 1,000ドン:
  • 2,000ドン:
  • 5,000ドン:
  • 10,000ドン:
  • 20,000ドン:
  • 50,000ドン:
  • 100,000ドン:
  • 200,000ドン:
  • 500,000ドン:

更新日時: (自動取得データ)

ドンちゃん
ドンちゃん

なんか便利な情報ね、アナタ

スポンサーリンク

ベトテル(Viettel Telecom/ベトナム)

ベトナム内で最大手で国防省傘下の通信キャリア・ベトテル(Viettel Telecom)の通信SIMを利用しました。最大手というのは知っていたのですが、ブログにする上で改めて会社情報を見てみると、東南アジアやアフリカの一部の国で結構イケイケの事業を行なっているようです。

次の記事では、ベトテルがミャンマーの携帯電話サービスに進出して1ヶ月あまりで加入者数200万人を獲得したことが報じられています。

規格、周波数、バンド(2G, 3G, 4G/LTE)

バンド規格
900(E-GSM)GSM
1800(DCS)
B1(2100)UMTS
B2(1900 PCS)

APN設定

名前Viettel Internet
APNv-internet
プロキシ未設定
ポート未設定
ユーザ名未設定
パスワード未設定
サーバー未設定
MMSC未設定
MMSCプロキシ未設定
MMSポート未設定
MCC452
MNC04
認証タイプ未設定
APNタイプdefalult
APNプロトコルIPv4
APNローミングプロトコルIPv4
ベアラー指定なし
MVNOの種類None
MVNOの値未設定
スポンサーリンク

ホーチミンシティでのSIM入手

ホーチミンシティとある風景

とりあえず事前に調べていたSIMの入手方法です。想定していた方法は次の通りです。

  • タンソンニャット国際空港
  • ホーチミン市内・キャリア店舗
  • ホーチミン市内・ほか

空港でのSIM入手は割高というのと、深夜着で早くホテルに行きたかったので外しました。

空港での購入

インターネットの情報では、200K〜300Kドンという記事をよく見かけました。深夜で空港から早く出てしまったので実際には今回値段は確認せず。ただ、タクシーの強欲っぷりをみると空港スタッフの営業も結構来そうな感じ。

安いのはキャリア店舗

ネットの情報でキャリア店舗であれば、500円程度で通信付きSIMが入手できる情報を得ていたのですが、行った店舗が営業時間外でした。別の場所に行っても良かったのですがこの時点でGrabが使えないというのと、また営業していないと嫌だったので徒歩圏内で探しました。

多くの旅行代理店でSIM取扱いあり

ホーチミン市内街中で見かける4G SIMの看板

ホーチミン市内街中で見かける4G SIMの看板

▲ コンビニを2店舗ほど回ったのですが、フィリピンのようにコンビニでのSIM取扱いが見られませんでした。歩いていると、旅行代理店と思われるお店で「4G SIM」の看板があったので入ってみます。

複数回っていないので相場がわからないのですが、行った旅行代理店では「200,000/VND」でした。 代理店経由での購入なのでキャリア店舗より割高ですが… もう面倒になりこの価格で手を打ちました。結局は空港と同等程度の値段ですかね… Orz

ドンちゃん
ドンちゃん

ドンはゼロを二つとって半分よ

Viettel からくるSMSメッセージ

Viettel からくるSMSメッセージ

▲ プランは後からSMSの内容見て、2GB/7日間かな?読めない….w

ベトテル(Viettel)の気になる速度

ホーチミンシティを中心に2回計測しました。データは、2018年11月です。

場所時間帯PING値下り速度上り速度
統一教会12:00106ms26.46 Mbps32.44 Mbps
戦争証跡博物館20:00248ms16.31 Mbps10.54 Mbps

私のスマートフォンとの相性(2018年版 Zenfone5 / ZE620KL)

私は、2018年に発売されたZenfone5を愛用しています。ホーチミンシティで、ベトテル (Viettel)の電波を問題なくつかむことができました。

というか、だいぶ値下がりしたよね…. Orz

Klookで手に入る通信SIM

これは後になっての話。Klookというサービスをご存知でしょうか?

Klookとは、世界各地の現地ツアー・アクティビティをオンラインで予約できるサービスです。今回、一部の観光でも利用しました。通信SIMの取り扱いもなんとなくはみていたのですが、詳細には見ていなかったのでもったいないことをしました。

SIMを入手してから調べなおしたら、Klookの方が旅行代理店での入手よりも割安でした。

買い切りの4G-SIM、またはWiFiルーターのレンタルが可能です。ホーチミン国際空港(SGN)で受け取るか、ホテルでも受け取ることが可能です。価格はキャリアとほぼ同等で100,000/VND程度。

モバイルSIMについては、次のプランです。WiFiもあったのですが4Gが香港空港での受け取り以外に見当たりませんでした。

Klookサービスについては、次の記事にしています。

最後に

通信環境自体はそれほど不便は感じず、日本にいる時とさほど差は感じませんでした。今回はベトテル利用でしたが、次回行くことがあれば別のキャリアを試してみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました