kindle unlimited 読み放題 キャンペーン中!2ヶ月使ってたった199円!

仮想化ソフトを使わないMac環境へのGRCインストール方法・やり方

仮想化ソフトを使わないMac環境へのGRC導入方法・やり方 レビュー(商品・サービス)
スポンサーリンク

ブログの順位チェックを行う手間を減らすため、Mac環境に検索順位チェッカー「GRC」 をインストールしました。ただ、基本的にはWindows専用のツールとのことで、Macに導入する上では一般的なインストールとは異なるアプローチが必要です。メモがわりに導入方法を投稿します。

 

検索順位を調べるなら、検索順位チェックツールGRC

スポンサーリンク

GRC導入の背景

次の記事に投稿しています。

Mac環境へのWindowsアプリケーションの導入

OSが異なるので普通には入れられないですよね。すぐに思いつくのは仮想OSとしてWindowsをMac上で起動させる方法。例えば、、、

  • Bootcamp
  • VMware Fusion or Player
  • Parallel Desktop
  • Virtualbox

この辺りが有名なところですね。数年ぶりにVMwareのサイトを覗きました。確か、VMware製品の有資格者でしたが、製品ラインナップが以前と全然違う。知識もすっかり忘れた(笑

まぁ、これらを使えばMac上でWindowsが使えるわけですが、個人的には仮想化ソフトってじゃまです。OSに割り当てる容量でSSD領域を喰われるのもイヤですし。

検索順位チェッカー「GRC」を提供するSEOツールラボさんのところで、仮想化ソフトを使わない方法でのGRC導入方法が記載されていたのでやってみました。Wineというアプリケーションを介するとWindowsアプリケーションが使えるようです。

Wineとは

Mac上でWindowsアプリの実行を可能にする「Wine」

Mac上でWindowsアプリの実行を可能にする「Wine」

POSIX準拠OS(Mac,Linux,BSD等)上で仮想化マシンを使わずにWindowsアプリケーションを実行、使うことを実現可能にしたソフトウェアです。Wineの略は”Wine Is Not Emulator”から来ているそうですが略称の中にまたWineが含まれているのはご愛嬌でしょうか。

Windows APIで、POSIXへの変換処理を行っているそうですが話が難しそうなので割愛します。完全なエミュレートはできないようで、GRCのサイト上でも一部の処理は動作しないことが明記 されています。

Mac環境でGRCを使えるようにするまでの手順

必要なもの

  1. WineHQインストーラー
  2. XQuartzインストーラー
  3. GRCインストーラー
  4. やる気と時間(所要時間30分未満)
Mac環境でのGRC導入の流れ
  • ステップ1
    Wineをインストールする

    手順内に記載していますが、XQuartzというX11系のソフトウェアが別途必要な場合があります。

  • ステップ2
    GRCをインストールする
    Wineに関連づけられた「.exe」ファイルからインストーラーを起動、導入します。
  • ステップ3
    動作確認
    順位チェックがきちんと行えれば正常です。

Wineをインストールする

Wineの公式サイトからインストーラーをダウンロード

WineHQからMac用のインストーラーのダウンロード

Wineの公式サイトへアクセスして、ソフトウェアをダウンロードします。右端にダウンロードメニューがあります。

WineHQからMac用のインストーラーのダウンロード

▲ OS別にダウンロードサイトへのリンクがまとめられています。

WineHQからMac用のインストーラーのダウンロード

▲ インストール方法が記載されたページ。導入は、インストーラーに従えばOK。アンインストールする場合は、一般的なアプリ削除だけでは足りないようでコマンド操作が必要なようです。記憶の片隅に入れておいた方が良いと思います。

WineHQからMac用のインストーラーのダウンロード

▲ ソフトウェアがバージョンごとにまとめられたページ。開発中「RC版」も入っていますが、めんどうはイヤなので安定板「Stable版」を入れます。

WineHQインストーラーによる導入

WineHQインストーラーによるインストール

▲ Macの場合、ダウンロードするとダウンロードフォルダにインストーラーが落とされています。それを起動しましょう。

WineHQインストーラーによるインストール

▲ 依存するアプリケーションが足らないようで怒られました。XQuartzというものも必要なようです。

XQuartzとは
X11.app (XQuartz) は、X.Org Serverに基づくmacOS向けのX Window Systemの実装。ハードウェアによる2次元コンピュータグラフィックスとOpenGLのアクセラレーションを追加し、macOSのグラフィカルユーザインタフェース (GUI) であるAquaとの統合を行っている。

Wikipedia:X11.app (XQuartz) 

なるほど、そういうことか(ここはわかったフリをしておく)

XQuartzインストーラーによるインストール

XQuartzのサイトからアプリケーションをダウンロードします。

XQuartzインストーラーによるインストール

▲ 落ちてきたソフトウェアをダブルクリックで起動します。インストーラーが立ち上がるので、「続ける」を押します。このあと何度か「続ける」やソフトウェアの同意画面が出ますがGRC入れるには従うしかありません。

ここから仕切り直しでWineインストーラーへ戻ります。

WineHQインストーラーによるインストール

WineHQインストーラーによるインストール

WineHQインストーラーによるインストール

WineHQインストーラーによるインストール

▲ 一般的なアプリ導入と同じですね。

GRCをインストールする

SEOツールラボ「GRC」ダウンロード

「GRC」サイトから最新版のGRCをダウンロードします。左メニューにGRC「ダウンロード」のリンクがあります。開かれたページ中央にソフトウェアリンクがあります。

検索順位チェッカーGRCのインストール

▲ ダウンロードされたファイルを見ると、「.exe」の拡張子がWineへ関連付けされていました。

検索順位チェッカーGRCのインストール

▲ また何か足らないとのメッセージ。GRCのサイトを見るとなくても良いようです。ボタン押すだけなのでインストールしました。

検索順位チェッカーGRCのインストール

▲ また… なるようになれ。

検索順位チェッカーGRCのインストール

▲ ここまでやってインストーラーが起動される。通常版とモバイル版があります。私は通常版を選択しました。

検索順位チェッカーGRCのインストール

▲ 標準で。

検索順位チェッカーGRCのインストール

検索順位チェッカーGRCのインストール

▲ インストール完了。

動作確認

GRCインストールが完了するとデスクトップ上にフォルダが作られます。

▲ GRCインストールが完了するとデスクトップ上にフォルダが作られます。

GRCデスクトップ上のフォルダ

▲ デスクトップ上のGRCフォルダより「GRC.exe」をダブルクリックして起動します。

GRC起動画面

▲ 無事起動しました。

GRC起動画面

▲ 初期設定を行うと上記の表示になります。「このメッセージを次回から表示しない」にチェックを入れればポップアップは消せます。順位チェック範囲は設定画面から確認可能です。

最後に

Mac上での検索順位チェッカー「GRC」 をインストールした記事でした。無料の試用版で10キーワード、一番安いベーシックで500キーワード/年間4,860円〜使えます。すでに試していますが、機能が順位確認のみに割り切っており、使いやすいと思います。ブログの規模がそれなりになってきたら導入を考えたいツールです。

 

検索順位を調べるなら、検索順位チェックツールGRC

タイトルとURLをコピーしました