J-AIRエンブラエル190に乗ってきた。おひとり様クラスJの乗り心地は?(羽田-山形/搭乗記)

日本航空

JALのマイル修行も第4コーナーを回りつつ、JGPへのゴールがかすかに見えてきました(約64,000FOP)。

ここまで来ると急いで解脱する必要もないというか、今終わらせてしまうとダイヤ会員へと変な欲を出してしまいそうなのでセーブすることを心がける毎日であります(苦笑

OKA往復以外、乗ったことのない路線で飛んでみようと羽田からエンブラエル190が飛んでいる山形まで行ってみました。FOP的には全く稼ぎにならないので本当に「エンブラエルに乗ったことがないから」というのが動機です。

JALのホームページを見ているとエンブラエル機材が異彩を放ち、気になっていました。

スポンサーリンク

フライト概要

往路・復路でE190
  • 往路
    羽田から山形へ
    日付 2020年7月下旬
    時間 17:30~18:30
    路線 JL179 / 羽田 – 山形
    機材 エンブラエル190
    予約(座席) 特便割引21-タイプE(普通席)
    マイル 293 マイル
    Fly On ポイント 686 FOP
  • 宿泊
    山形駅前近くのホテルでステイ

    シャトルバスに乗って市内まで行きました。

  • 復路
    山形から羽田へ
    日付 2020年7月下旬
    時間 08:50~09:55
    路線 JL174 / 山形 – 羽田
    機材 エンブラエル190
    予約(搭乗クラス) 特便割引21-タイプE(クラスJ)
    噂のおひとり様席
    マイル 332 マイル
    Fly On ポイント 724 FOP

羽田から山形へは往復共に1日2便出ています。折り返し運転なので、精神的な恥ずかしさに耐えることができれば行って戻るだけという工程もできるでしょうね。

  • 往路
    • 07:15 – 08:15(JL175)
    • 17:30 – 18:30(JL179)
  • 復路
    • 08:50 – 09:55(JL174)
    • 19:20 – 20:25(JL178)

私はせっかくなので山形のご馳走にありつくため一泊ステイしました。

エンブラエル E-Jet 190

正式名称は、「エンブラエル E-Jet (Embraer E-Jet)」というそうでブラジルの航空機メーカー、エンブラエル社が製造・販売している航空機となります。

いわゆるリージョナルジェットと呼ばれる機材で旅客数50から100名程度で運航します。地域間輸送用旅客機とも呼ばれ、短い滑走路で飛び立つことが可能です。

エンブラエル構成モデル
  • エンブラエル170(78席)
  • エンブラエル175(86席)
  • エンブラエル190(104席)
  • エンブラエル195(110席)

記載の座席数は標準仕様の場合です。JALだとE190は95席の構成となっています。

エンブラエル190の紹介
JAL エンブラエル190の特徴
  • ひとり席、ふたり席のクラスJ
  • 座席にユニバーサルPC電源を装備
  • 広々とした機内(高い天井、大型機と変わらない座席空間)
  • 本革シート

参考 JALエンブラエル190/170機内サービス

座席構成

J-AIRエンブラエル190座席構成
クラス ピッチ 広さ 座席数
クラスJ 38.2インチ 20.5インチ 15席
普通席 31.1インチ 18インチ 80席

ちなみに、B773の構成も掲載しておきます。シート仕様で大型機と遜色がないという謳い文句が数字でも読み取れます。

JAL B777-300座席構成
クラス ピッチ 広さ 座席数
クラスJ 38インチ 18.5インチ 78席
普通席 31インチ 17.3インチ 422席

就航路線の探し方

JALグループ会社J-AIRのホームページでざっくりと路線がわかります。

JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(J-AIR就航路線)

参考 J-AIR運航路線図

大阪、福岡、新千歳あたりだとそれなりに路線があります。上記の表示はE170, E190双方が含まれているのでそこからはJAL予約サイトで機材を調べます。

JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(JAL国内線時刻表)

参考 JAL国内線時刻表(PDF)

あるいは、定期更新の時刻表を見てもいいでしょうね。かなり詳細に路線・機材がわかります。

エンブラエル190 搭乗記

羽田から山形へ(普通席)

羽田空港にて

JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(JL179 JA248J)

搭乗する際は、Flightrader24アプリで便のチェックを入れていますが、この便に関してはルート表示はされませんでした。

羽田空港の搭乗口32番からの出発となりました。

JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(羽田空港1Fの出発エリア・バス移動で搭乗する場合に使う)
羽田空港1Fの出発エリア・バス移動で搭乗する場合に使う
JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(バス出発ラウンジ)

▲ 最初、すぐに搭乗口見つけられなかったんですけど出発階別れてるんですね。旅行でしか国内線を使わないので恥ずかしながら初めて知りました。

ボーディング・ブリッジを使わない搭乗ではバスで移動することになります。バス出発ラウンジは2Fから1Fに移動する必要がありました。

JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(羽田のエアポートバス)
羽田のエアポートバス
JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(数名で心配になるほどがらがらでした)
数名で心配になるほどがらがらでした
JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(本日の機材です)
本日の機材です
JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(もうちょっと手前で止まってくれればいいのに...入り口真正面に止まってくれた...)
もうちょっと手前で止まってくれればいいのに…入り口真正面に止まってくれた…

▲ 正面に回りたかったのですが、バスが入り口真正面に止まるもので不自然に正面移動したら怒られやしないかとやめておきました(勇気なし

機内への搭乗

JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(往路は普通席)
往路は普通席
JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(機材小さいですが座席は狭くないです)
JALエンブラエル190・E-JET搭乗記()
機材小さいですが座席は狭くないです

▲ 往路は普通席を選択しました。大型機と比べても広さに遜色は感じませんでした。

JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(本革シート)
本革シート

▲ 全席本革仕様ということで普通席といえど、上品に感じます。

小さい画像はタップ(クリック)で拡大、スライドすることができます。

▲ 往復ともにすっかり忘れていましたが、全席でユニバーサル電源がついています。見つけられなかった…(悔

JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(羽田を飛び立つE190)
羽田を飛び立つE190

▲ さすがに小さい機材で滑走距離が短くすぐに飛び立ちます。

JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(キンドルとお茶)

▲ WiFiが使えない機材だったみたいなので、キンドル読書で過ごしました。今年に入ってから、入門機PaperwhiteからスペックアップさせてOasisを使っています。

読み心地は控えめに言って最高ですね。

私は、機内では普段と異なることをしたいのでWiFiはなくてもOK派です。あると、ツイッターやら自分のブログをチェックしてしまい、いつもと変わらない過ごし方になってしまいます。

読書と搭乗の組み合わせは最高だと思っています。

そう、読書にふけて充実した週末を…

と思いきや。

JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(緑豊かな山形上空)
緑豊かな山形上空
JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(座席は最後方だったので降りる時にしれっと翼を撮影)
座席は最後方だったので降りる時にしれっと翼を撮影

市内移動

なんとなく街の中心部まで行こうかとシャトルバスに乗って山形駅まで移動しました。

JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(山形シャトル乗り場)
山形シャトル乗り場
JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(山形シャトルの時刻表)
山形シャトルの時刻表

片道980円で30分くらいの移動となります。ある程度、運航している便に合わされた時刻表になっており使いやすいですね。満席の場合でもタクシーを同料金で乗れるらしく良心的です。

JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(ピンキーな色が特徴的な山形シャトル)
ピンキーな色が特徴的な山形シャトル

この時は往路は最終バス、復路は始発バスを使いました。

山形駅近くで一泊しています。

山形から羽田へ(クラスJ:おひとり様席)

山形空港

翌日の朝一の便で羽田へ帰りました。

JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(おいしい山形空港)
おいしい山形空港(なお朝早すぎておいしいレストランにありつけず)

山形空港は写真で少しだけ。

小さい画像はタップ(クリック)で拡大、スライドすることができます。

機内への搭乗

JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(近くで撮影したい)
近くで撮影したい(願望)

▲ 復路の出発時、到着時ではボーディング・ブリッジを使った乗り降りとなりました。

JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(おひとり様シート)

▲ これがうわさの「クラスJおひとり様シート」。全部でひとり席は5つあり、一番後ろの5Aを使いました。復路の搭乗率で20%ないくらい、クラスJは私を含めて5名くらいが利用していました(ガラガラ

JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(上品です)
上品です
JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(エチケット袋まで上品に見えてきました)
エチケット袋まで上品に見えてきました
JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(山形県産?りんごジュース)
山形県産?りんごジュース

▲ 往路はお茶だけでしたが、復路ではリンゴジュースを選ぶことができました。

離陸(タイムラプスあり)

クラスJに人が全然いなかったので気兼ねなくタイムラプスを撮ってみました。頑張って支えました。

タイムラプス後半にUターンしますが、その後の滑走距離の短さがわかると思います。

到着

飛び立つとすぐに到着するイメージです。読書は進みませんでしたが、耳心地のよいエンジン音を楽しむことができたので良しとします。

JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(エンジン横で萌えます)
エンジン横で萌えます
JALエンブラエル190・E-JET搭乗記(クラスJ通路はこんな感じ)
クラスJ通路はこんな感じ

終わりに

羽田で出張族でもないので、自分から乗ろうとしないと乗る機会のない機材です。乗り心地は普通席、クラスJどちらもよかったです。少し長い距離で乗ってみたいものの、日本は狭いなぁ…

8月、9月とフライトが続きます。

タイトルとURLをコピーしました