やらないと経済的損失なふるさと納税。今年の分はお早めに(楽天がおすすめです)
ベストバイ!買ってよかったもの2020年

旅行に行けないトラベラーはコロナ禍で何を買った!?

テレワークで役立ちそうなアイテムが結構あるかも。

詳細はこちら

新たなアクセス方法!マニラ空港からUBE Express(エアポートバス)で移動してみた

UBE Express bus フィリピン

GW初日、ニノイ・アキノ国際空港(NAIA、マニラ空港)に到着してからマラテ地区への移動の記録です。最近の空港からの移動は、タクシーではなく、GrabCarを使っています。この日は、午後到着で時間もあり、以前から気になっていたシャトルバス(UBEエクスプレス)を試してみました。

スポンサーリンク

マニラ空港(NAIA) ターミナル3からの主なアクセス方法

ニノイ・アキノ国際空港(NAIA、マニラ空港)のターミナル3には、ANA便が到着します。主な移動手段は以下の通り。

  • 空港イエロータクシー:午後はやたら並びます。
  • クーポンタクシー:↑の3倍以上はぼられます。
  • Grabカー、またはGrabタクシー:良案。
  • 白いタクシー:到着階に行って捕まえることになりますが、午後はこちらも混んでいます。
  • UBE Express(エアポートバス、シャトルバス):今回トライ。

詳細は次の記事にまとめました。

UBE Express(エアポートバス、シャトルバス)とは

UBE Express BUSのホームページ

Air21というバス会社によって運営されているエアポートバス。UBEは、”The Ultimate Bus Experience”の略で、2年くらい前から運行しています。

ベンツのエンブレムがついた黒いバスで外から見る限りは高級感があります。座席は24席、乗車した時はSIMを購入したばかりで試してないですが、オンボードWiFiが備わっているようです。

スポンサーリンク

バスのルート

UBE Express マニラ空港からの路線図

▲ 空港からは、Mall of Asia方面、エルミタ方面、マカティ方面、パサイのバスターミナル方面の4路線。記載はこの通りなのですが、今回乗車した感じだと厳密にこの通りではないようです。空港からは来たバスに乗れば良いですが、ホテルなどから空港へのルートの場合は、予約が必要なようです。

運行時間

UBE Express の営業時間

チケットの販売場所と運行時間。

場所 時間
マニラ空港 ターミナル1 AM 8:00 – PM 10:00
マニラ空港 ターミナル2 AM 8:00 – PM 10:00
マニラ空港 ターミナル3 24時間
ロビンソン マニラ AM 6:00 – PM 10:00
パサイ地区 ヴィクトリー・ライナー 24時間
SMモール・オブ・アジア(SM Mall of Asia) PM 0:00 – PM 8:00

ターミナル3は、24時間のようです。本当でしょうか…にわかに疑いたくなります。

ヴィクトリー・ライナーというのは、バス会社のことでマニラからルソン島内の他のエリアへのバス乗り継ぎを行うことができます。

料金・運賃

150ペソ。通常料金は、300ペソと聞いていたのでプロモ中の模様。

予約

ubeexpress_hpmenu

HP上には、「Book Now」と予約ページを用意していたようですが、18年8月時点では利用ができないようです。彼らのことなので、ボタンだけ作って、予約システムは諦めたか、予約の運用が面倒になりやめたかのいずれかでしょうw

UBE ExpressのFacebookページ

▲ Facebookページも用意していますが、2017年11月を最後に更新が止まっています。メッセージの応答ステータスが「Very responsive」となっていたので、試しに質問を入れましたが返ってきません。

UBEエクスプレスに乗車してみた

外観

マニラ空港ターミナル3のベイ7

▲ ターミナル3を出たら、右手へ進む。Bay17あたりにバス停があります。

UBE Express バスの正面

▲バスの正面。ベンツのエンブレム。これってベンツなの?

UBE Expressバスを側面から

▲バスの側面。UBE Expressのロゴ。

車内の雰囲気

UBE Express バスの内部(シート)

▲ 座席の風景。24席あります。

UBE Express バスのつり革

▲ つり革もあるので立ち乗りにも対応。

UBE Express バスのシート座席座った様子

▲ 座席は…飛行機のエコノミーよりは広いです。でも殺風景。

UBE Expressバスには台座がついている

▲ テーブルを広げることができます。座席のリクライニングを試みるもよく分からない。

UBE Expressバスの運賃

▲乗車後に、料金を支払います。

マラテへの移動

UBE Expressバス 座った座席から正面を見た様子

▲ ということで、ロビンソンルートで、マラテ方面からに移動してみました。乗車は、乗った時は一番乗りで、人がある程度集まったら出発という感じ。時間通りなのかな… 出発の時で数名程度。

UBE Expressバス停車中。ビクトリライナーのバス車庫付近

▲ 午後のT3を後にした後、しばらく進みパサイのヴィクトリライナーのバス停に到着。ロビンソンルートにそんなバス停ないじゃないか… リクエストすれば、途中で降ろしてくれる模様。

って、ここで私以外の全員が下車してしましました(苦笑

ここから各バス停にストップしていくはず…

・・・

・・・

・・・

いや・・・

・・・

・・・

どんどんエルミタ方面へ

・・・

・・・

・・・

ネットワールドホテルとか、、ダイアモンドホテルとか止まるんでしょ、、←気配なし。

・・・

・・・

・・・

マラテ ロビンソンプレイス

▲ ロビンソンマラテに到着ww はやっ!!

スポンサーリンク

最後に

とりあえず、目的地に着くにはつきました。NAIAターミナル3の午後は、タクシーにしても、Grabカー使うにしてもかなり時間がかかります。今回、UBEエクスプレスに乗ってみました。

乗車の時間が微妙だったのか、人が集まった上での移動開始なのかわかりませんが、30分くらい待たされました。でも、他の交通手段を使ったとしても到着時間に対して差はなかったと思うと、今回に関しては使ってよかったのかな?乗車する人が多くて、寄り道が多いとさらに時間がかかるかもしれないですね。

HP記載の情報通りの運行になっていないので、急いでいる場合は、運転手、スタッフによく聞いた方が良いでしょう。

ニノイ・アキノ国際空港については下記の記事でまとめています。

マニラ空港 非公式ガイド(ニノイ・アキノ国際空港)
ニノイ・アキノ国際空港(NAIA)、通称マニラ空港は、2011年〜2013年までSleeping Airportsで「世界最悪空港のワースト1位」になりました。現在は、各ターミナルの改良工事が進み評判は改善されています。この空港についてまと...
フィリピン
スポンサーリンク
\ 記事が役に立ったらシェア!/
このブログを購読してみる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
圧倒的な取扱量と使いやすさ!
Klook.com

klookは、香港に本社を置く現地オプショナル販売サイトで案件の取扱量ではアジア最大です。2014年に設立されて日本のソフトバンクも出資しています。およそ日本人が行く地域であれば、旅の初めから終わりまで、観光や現地体験アクティビティなど種類も豊富です。

サイトの日本語化が進みつつあり、使い勝手が少しずつよくなっています。思い立った時にスマホで予約、前日や当日飛び入りでのアクティビティ参加もでき便利です。アクティビティはこのランキングでは最安レベルです!

  • ベルトラよりも取扱量は豊富
  • ウェブサイト、スマートフォンサイトの完成度が高い
  • ポイントプログラムも充実
  • 体験談の量ならNo.1
台湾から日本へ嬉しい刺客→KKday!
kkday-image

台湾発の新興現地オプショナル販売サイトです。東南アジアのアクティビティ取扱量ではベルトラに負けず劣らず、SNSでの発信力に強みあり。スマホでの親和性が高く、ライバルはKlookか。ツアーの言語は選択制、日本語がたまにないことあり。

サイトの使い勝手は現在はKKday>Klookで日本語化については一日の長があります。価格的にはKlookよりも若干だけど高い傾向がある感じ。

  • ウェブサイト、スマートフォンサイトの完成度が高い
  • SNSでの発信力はNo.1
  • ポイントプログラムも充実
  • 体験談が豊富
旅はベルトラ。

ベルトラは世界中のツアー・アクティビティを安心して予約できる専門サイトです。さすがの特化サービス、HIS/JTBよりもきめ細かなサービスに対応しつつ、対応する国々、アクティビティ数は正直圧巻の一言。スマホサイトの利便性が上がったら向かうところ敵なし。

日系なので外資のKlook, KKdayよりは値段はやや高め。それでも安心の日本語サービスが売りです。初めて行く国、言葉に不安があるひとはベルトラを選べば間違いないでしょう。

  • 取扱量が豊富、世界150カ国
  • アクティビティ数13,000件以上
  • 会員数200万人
  • 体験談がとにかく多い。
  • 旅のエキスパートによるサービスあり
バジェットな旅ログ
タイトルとURLをコピーしました