テレワークでも体型維持!ヘルシー系の宅食が超便利(詳細はクリック)
楽天でふるさと納税するとお得すぎる件について

今年も残り数ヶ月... ふるさと納税おすみですか?

今年から楽天ふるさと納税に切り替えたわけですが、えらいお得でした...

詳細はこちら

初めてのブスアンガ島、まずはコロンタウンをツアーで半日観光。

Mt_Tapyas2 フィリピン

マニラからATR機材セブゴーに搭乗して、パワワン地方はブスアンガ島にやってきました。

マニラやセブ島からブスアンガ島にくる場合は、到着が午後になるケースが多いです。到着の時間からアイランドホッピングに出るのは少し遅くなってしまいます。

私の便もご多分にもれず午後到着。ということでこの日はまず、ブスアンガ島中心部である「コロンタウン」を知ることからはじめました。

行く前に色々調べたのですが、日本の大手旅行会社はもちろんのこと、現地オプショナル会社の取り扱いもほとんど見られず、現地で何をするか悩みました。

情報源を英語に切り替えたら、Klook(クルック)という現地オプショナル販売サイトを見つけることができました。幸いにして、Klook(クルック)にブスアンガ島コロンタウンを半日で回れるツアーがあったので試してみることにしました。

\ スマホで手軽に現地オプショナル手配 /
スポンサーリンク

ブスアンガ島中心部である「コロンタウン」

ブスアンガの空港に降り立ち、ホテル行きのバンに乗ってコロンタウンへ。ブスアンガ島の中だけどコロンタウン。ブスアンガ島の主要機能がこの小さい町の中に集約されています。以下のマップは観光案内所でもらえるコロンタウンの地図です。

ブスアンガ島のコロンタウンマップ

コロンタウンはそれほど大きくないので、半日あれば町のほとんどは回れると思います。ただ、GWのこの時期はかなりの気温に、凄まじい日差しでした。街中を徒歩で歩くのはちょっとよろしくない感じでした。

町の観光案内所

ブスアンガ島のコロンタウン半日観光ツアー(コロンタウン内の観光案内所)
コロンタウン内の観光案内所

▲ 町のいたるところに観光案内所があります。言葉は英語が通じたり通じなかったり。写真もあるので指差しで通じたりします。

ブスアンガ島のコロンタウン半日観光ツアー(ツアーパッケージはどこも似たり寄ったり)
ツアーパッケージはどこも似たり寄ったり

▲ ツアーパッケージは、いくつかパターン化されています。グループツアーはパッケージから選択、オリジナルなら船を借りて好きな場所に行けたりもします。今回、両方経験しました。

コロンタウン半日観光ツアー

ツアーはアプリで手配

今回のツアーは、「Klook」と言う海外現地オプショナルツアーを手配できるアプリを使いました。PCからでもスマホからでも予約できます。スマホアプリを入れておけばバウチャーになります。

Klookで手配できるブスアンガ島コロンタウンの半日ツアー
ブスアンガ島のコロンタウン半日観光ツアー
ブスアンガ島のコロンタウン半日観光ツアー

参考 コロンタウン半日観光

所要時間4時間半のツアーにして料金は1,000円ちょっとです。手頃な値段でガイドが雇えて便利です。

ツアーの条件

  • 48時間前までならキャンセル無料
  • モバイルか、紙のバウチャー
  • ツアー時間は4時間半
  • 英語のツアー
  • グループ参加
  • ホテル送迎あり

ツアー内容

コロンタウンを半日で廻る
  • 3:30pm-4:00pm
    ホテルピックアップ

    私が行った時はグループにはならず、私たち1グループのみとなりました。なので、トライシクル1台のみで回ることになりました。

  • 一つ目
    お土産さんを廻る

    中心部に商店街のようなお土産屋が立ち並んでいます。足りないものがあれば買い足せます。

  • 二つ目
    Lualhati Park

    これと行った特徴が…w

  • 三つ目
    Cashew Factory(カシュー・ファクトリー)

    町の特産品です。おつまみで食べると止まらなくなります。

  • 四つ目
    St. Agustin Church

    フィリピン人は敬虔なカトリック教徒です。

  • 五つ目
    Mt.Tapyas(マウント・タプヤス)

    町の象徴です。登るのはちょっと大変。

  • 六つ目
    Maquinit Hot Spring(マキニット温泉)

    町から少し離れています。トライシクルが必ず必要。

  • 7:30pm
    ホテルに到着

持っていくべきもの

ツアーの後半に温泉に行きます。

  • 水着
  • 換えの服装
  • タオル
  • 水・飲み物(途中でも買えます)

実際の観光(半日)

トライシクルでやってきた町のガイド

ブスアンガ島のコロンタウン半日観光ツアー(タガログ語ばかり話す男性ガイド)
タガログ語ばかり話す男性ガイド

ガイドはトライシクルでホテルまでやってきました。

GWのこの時期のコロン島は湿度と気温の高さで、日中歩けたものではありません。必ず、トライシクルや、レンタルバイクを利用しましょう。

タウンツアーの前半は、ホテル周辺の土産物屋だったり、港の説明。

たまたま利用したホテルが港と土産物屋のすぐ近くだったので、これはなくてもよかった…(コロンタウン郊外に宿泊する場合は、聞いておいたほうが良いです)

カシュー・ファクトリー

ブスアンガ島のコロンタウン半日観光ツアー(町の特産品のカシューナッツ)
町の特産品のカシューナッツ


コロン島ではカシューナッツが特産品になっているようです。店舗でいくつか購入しましたが、お酒のつまみとしてかなり優秀でした。店舗自体はとても小さいですね。

San Agustin Church(サン・アグスティン教会)

この名前の教会はマニラにもあります。そしてそちらは世界遺産となっています。

ブスアンガ島のコロンタウン半日観光ツアー(San Agustin Church(サン・アグスティン教会))
San Agustin Church(サン・アグスティン教会)
ブスアンガ島のコロンタウン半日観光ツアー(San Agustin Church(サン・アグスティン教会))
教会の内部

Mt.Tapyas(マウント・タプヤス)

ブスアンガ島のコロンタウン半日観光ツアー(Mt.Tapyas(マウント・タプヤス))
Mt.Tapyas(マウント・タプヤス)

カタカナ表記しづらい名前のコロンタウンで有名な山。コロンの港からそれほど遠くな場所にあります。標高200mほど、700+α段数のコンクリートの階段で頂上まで上がることができます。

ブスアンガ島のコロンタウン半日観光ツアー(Mt.Tapyas(マウント・タプヤス))
Mt.Tapyas(マウント・タプヤス)

ただ、一つ一つの階段は段差が大きいので登るにしても降るにしても大変でした。特に降りるときに膝や関節に負担がかかるため、おり終わることには足がガクガクしていました…(苦笑)

コロンタウンの中心部からなら近いのでトライシクルつかまえればすぐに行ける距離感です。

Maquinit Hot Spring(マキニット温泉)

ブスアンガ島の森林の中にある温泉です。マングローブに取り囲まれた風景は、まさにパワースポットであり、アイランドホッピングで疲れた体の癒しとなります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

チャンビア(@changbeer76)がシェアした投稿

入湯には料金がかかります。デイツアーに含まれていたため、きちんと確認していませんが、200ペソ程度かと。温泉の入湯、移動の往復で2時間以上はかかりました。

アクセス
  • コロンタウン中心部からは距離あり
  • トライシクルで片道30分くらい
  • トライシクルは往復で交渉した方が良い
営業時間 8:00〜22:00まで
(夜はものすごく暗くなるので早めにいくのがオススメ)

最後に

初めてのコロン島。右も左も知らない中、タウンツアーの利用は正解でした。町の見所がわかった感じ。また、行くことがあるか…(いや、行きたいけど)その時はもう少し効率的に、町の中を振る舞えそうです。

\ スマホで手軽に現地オプショナル手配 /

コロン島(ブスアンガ島)旅行まとめ

2018年コロン島を訪れた記録は、旅行記まとめのページに集約しています。

  • 移動手段
  • 日程の組み方
  • 現地の費用(予算、コスト)
  • 宿泊施設
  • 搭乗記
  • ツアー、アイランドホッピング

などを集約しました。お時間ある際にご覧いただければ幸いです。

おすすめ
コロン島の観光、アイランドホッピングツアーの探し方
コロン島現地観光ツアー選び方
フィリピン・コロン島の現地観光オプショナルツアーの解説記事。スマホから予約できちゃいます。
コロン島の旅行記
コロン島の旅行記。海の透明度えぐいよ。
3泊4日のモデルプランがわかるかな?
コロン島プライベートツアーはこんな感じ
団体の2倍程度を支払うと船が借りられます。
コロン島に来たらカヤンガン湖ほか必須
団体で回る定番ツアーの旅行記です。
Mt_Tapyas2
コロンタウン半日観光
ブスアンガ 島に来たらまずはコロンタウンを回ってみましょう
フィリピン
スポンサーリンク
\ 記事が役に立ったらシェア!/
このブログを購読してみる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
圧倒的な取扱量と使いやすさ!
Klook.com

klookは、香港に本社を置く現地オプショナル販売サイトで案件の取扱量ではアジア最大です。2014年に設立されて日本のソフトバンクも出資しています。およそ日本人が行く地域であれば、旅の初めから終わりまで、観光や現地体験アクティビティなど種類も豊富です。

サイトの日本語化が進みつつあり、使い勝手が少しずつよくなっています。思い立った時にスマホで予約、前日や当日飛び入りでのアクティビティ参加もでき便利です。アクティビティはこのランキングでは最安レベルです!

  • ベルトラよりも取扱量は豊富
  • ウェブサイト、スマートフォンサイトの完成度が高い
  • ポイントプログラムも充実
  • 体験談の量ならNo.1
台湾から日本へ嬉しい刺客→KKday!
kkday-image

台湾発の新興現地オプショナル販売サイトです。東南アジアのアクティビティ取扱量ではベルトラに負けず劣らず、SNSでの発信力に強みあり。スマホでの親和性が高く、ライバルはKlookか。ツアーの言語は選択制、日本語がたまにないことあり。

サイトの使い勝手は現在はKKday>Klookで日本語化については一日の長があります。価格的にはKlookよりも若干だけど高い傾向がある感じ。

  • ウェブサイト、スマートフォンサイトの完成度が高い
  • SNSでの発信力はNo.1
  • ポイントプログラムも充実
  • 体験談が豊富
旅はベルトラ。

ベルトラは世界中のツアー・アクティビティを安心して予約できる専門サイトです。さすがの特化サービス、HIS/JTBよりもきめ細かなサービスに対応しつつ、対応する国々、アクティビティ数は正直圧巻の一言。スマホサイトの利便性が上がったら向かうところ敵なし。

日系なので外資のKlook, KKdayよりは値段はやや高め。それでも安心の日本語サービスが売りです。初めて行く国、言葉に不安があるひとはベルトラを選べば間違いないでしょう。

  • 取扱量が豊富、世界150カ国
  • アクティビティ数13,000件以上
  • 会員数200万人
  • 体験談がとにかく多い。
  • 旅のエキスパートによるサービスあり
バジェットな旅ログ
タイトルとURLをコピーしました