通勤から解放、しかし失われる生活代謝

新型コロナウィルスの弊害で緊急事態宣言が発動、ホワイトカラーはテレワークで通勤から解放されたものの、その一方で通勤による生活代謝が失われています。何もしないとヤバイ...

お役たちグッズ・サービスまとめ

コロン島少し慣れたらプライベートツアーで船を独り占め

フィリピン

コロン島旅行の3日目。コロンタウンに点在するツアー会社で、プライベートツアーを手配し、離島巡りへ行ってきました。コロン島を遥かに通り越し、1時間半以上船に揺られながら到着したビーチは絶景。日本円で一人7,000円程度で専用の船が手配できます。

changbeer
changbeer

自分専用(2名)の船を貸し切り。船長、若者2名が旅をヘルプ♪

スポンサーリンク

コロンタウンでのツアー手配

コロンタウンの中心街

コロンタウンには、町のいたるところにツアー会社があります。団体ツアーは、時間の縛りが出て早朝出発、夕方17:00頃に帰着の内容が多いです。午前中は、ゆっくりしたいとか、コロンタウンを回ってから午後に離島巡りを組み込みたい、という場合にはツアー会社とプライベートツアーを交渉します。

どこに行ったら良いかわからない場合

どこのツアー会社にも、パックツアーがあります。これらと同じものを選択すると良いでしょう。ただし、Coron Island Tourは、コロンタウンからも近いし、一番ポピュラーなので人も多いです。もっと、人がいないところでのんびりしたい場合は、違う内容のツアーか、少し遠出したほうが良いでしょう。

以下の料金は団体ツアー料金なので、プライベート手配の場合は値段が上がります。概ね、2倍を見ておいたほうが良いでしょう。

  • Coron Island Tour (1,600ペソ前後):Kayangan Lake, Twin Lagoon 他
  • Island Escapade Tour (1,700ペソ前後):Malcapuya Island, Banana Island, Bulog Dos Island
  • Reef & Wrecks Tour (1,500ペソ前後):Lusong Gunboat, Lusong Coral Garden, Pass Island

行きたい場所が決まっている場合(プライベートツアー)

特定の場所が決まっていて、そこまで費用を切り詰めなくて良い場合は、プライベートツアーで船を貸し切るのも「アリ」です✨

その目的地周辺から行きたい島をいくつか選択することも出来るようです。出発する時間にもよりますが、3〜5つの島で、一人3,500〜4,000ペソとかだと思います。

船を貸し切るメリットは次の通りです。

  • 団体での行動に縛られる必要がない。
  • 親しい人(恋人など)との時間を大事にできる。
  • 行きたい時間に行動できる。(寝坊できます)

私は、今回が初回のコロン島旅行なので土地勘はないので、パックツアーと同じもので、「Island Escapade Tour」を選びました。二人で、7,000ペソ。これで、船は自分たち専用になります✨

スポンサーリンク

今回訪れる島々(Island Escapade Tour)

場所がわかっていないので仕方ないのですが、かなり遠い場所のようです。船で片道、1時間半以上は揺られていました。

  • Malcapuya Island
  • Banana Island
  • Bulog Dos Island

遅めの朝食

昨日は、朝早かったので今日は遅めの9:00起床。なかなか起きない連れを1時間以上かけ、若干キレ気味?に起こして、朝食に出かける。ホテルには、食事をできる場所がないので、コロンタウンへ。

コロンタウンの欧米カフェ Buzz Express

▲ コロンタウンのBuss Express。値段は高いのですが、食事がまぁ美味しいのと、何よりクーラーが効いているのでここに来ます。

コロンタウンの欧米カフェ Buzz Expressでの食事

コロンタウンの欧米カフェ Buzz Expressでの食事

▲ タンパク質と糖質を補給します。

プライベートツアーによる離島巡り

コロン島プライベートツアーで借りた船

コロン島プライベートツアーで立ち寄った最初の島

▲ 今回使用した船。小型船で5〜6人前後用でしょうか。船長と若者二人が旅をサポート。

コロン島プライベートツアー Malcapuya island resort

コロン島プライベートツアー Malcapuya island resort

コロン島プライベートツアー Malcapuya island resort

▲ Malcapuya Island 1時間半船に揺られて、最初に来た島。海が透き通り、白い砂浜が綺麗なビーチ。

コロン島プライベートツアー Banana Island

▲ Banana Island 周辺のバナナ島。ここは砂浜は少なくて結構砂利が多い。この周辺では、食事ができる場所のようです。冷たくはなかったけどビールを頂きました。

▲ Bulog Dos Island 最後に訪れた島。ここもビーチが綺麗でした。少し小高い丘があって、そこからの眺めがよかったのですが、写真・動画は紛失…. Orz

スポンサーリンク

最後に

選んだ場所が遠かった… かなりの時間を船上にいた感じ。ビーチはすごく綺麗なので、のんびりした方は早めに出発して楽しむと良いでしょう。

iPhone + Osmo Mobile2で、絶景タイムラプス動画を結構撮影したのに、この翌日にマカティでタクシーにおき忘れて紛失します。DJIアプリからクラウドへの保存してなかったので全て消滅… いいんです、また来ます。その時は、ドローンも持っているかなぁ..(希望)

コロン島(ブスアンガ島)旅行まとめ

2018年コロン島を訪れた記録は、旅行記まとめのページに集約しています。

  • 移動手段
  • 日程の組み方
  • 現地の費用(予算、コスト)
  • 宿泊施設
  • 搭乗記
  • ツアー、アイランドホッピング

などを集約しました。お時間ある際にご覧いただければ幸いです。

おすすめ
コロン島現地観光ツアー選び方
コロン島現地観光ツアー選び方
フィリピン・コロン島の現地観光オプショナルツアーの解説記事。スマホから予約できちゃいます。
コロン島の旅行記。海の透明度えぐいよ。
コロン島の旅行記。海の透明度えぐいよ。
3泊4日のモデルプランがわかるかな?
コロン島プライベートツアーはこんな感じ
コロン島プライベートツアーはこんな感じ
団体の2倍程度を支払うと船が借りられます。
コロン島に来たらカヤンガン湖ほか必須
コロン島に来たらカヤンガン湖ほか必須
団体で回る定番ツアーの旅行記です。
コロンタウン半日観光
コロンタウン半日観光
ブスアンガ 島に来たらまずはコロンタウンを回ってみましょう
フィリピン
スポンサーリンク
\ 記事が役に立ったらシェア!/
このブログを購読してみる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
圧倒的な取扱量と使いやすさ!
Klook.com

klookは、香港に本社を置く現地オプショナル販売サイトで案件の取扱量ではアジア最大です。2014年に設立されて日本のソフトバンクも出資しています。およそ日本人が行く地域であれば、旅の初めから終わりまで、観光や現地体験アクティビティなど種類も豊富です。

サイトの日本語化が進みつつあり、使い勝手が少しずつよくなっています。思い立った時にスマホで予約、前日や当日飛び入りでのアクティビティ参加もでき便利です。アクティビティはこのランキングでは最安レベルです!

  • ベルトラよりも取扱量は豊富
  • ウェブサイト、スマートフォンサイトの完成度が高い
  • ポイントプログラムも充実
  • 体験談の量ならNo.1
台湾から日本へ嬉しい刺客→KKday!
kkday-image

台湾発の新興現地オプショナル販売サイトです。東南アジアのアクティビティ取扱量ではベルトラに負けず劣らず、SNSでの発信力に強みあり。スマホでの親和性が高く、ライバルはKlookか。ツアーの言語は選択制、日本語がたまにないことあり。

サイトの使い勝手は現在はKKday>Klookで日本語化については一日の長があります。価格的にはKlookよりも若干だけど高い傾向がある感じ。

  • ウェブサイト、スマートフォンサイトの完成度が高い
  • SNSでの発信力はNo.1
  • ポイントプログラムも充実
  • 体験談が豊富
旅はベルトラ。

ベルトラは世界中のツアー・アクティビティを安心して予約できる専門サイトです。さすがの特化サービス、HIS/JTBよりもきめ細かなサービスに対応しつつ、対応する国々、アクティビティ数は正直圧巻の一言。スマホサイトの利便性が上がったら向かうところ敵なし。

日系なので外資のKlook, KKdayよりは値段はやや高め。それでも安心の日本語サービスが売りです。初めて行く国、言葉に不安があるひとはベルトラを選べば間違いないでしょう。

  • 取扱量が豊富、世界150カ国
  • アクティビティ数13,000件以上
  • 会員数200万人
  • 体験談がとにかく多い。
  • 旅のエキスパートによるサービスあり
バジェットな旅ログ
タイトルとURLをコピーしました