2019年に買ってよかったもの10選+2(旅行&ガジェット)

年の瀬ですね。

イチロー・上原が引退し、令和元年となり、天皇陛下がおかわりになり、消費税が増税。色々あったものです。私はあまり変化がありませんが、購入したものくらいは整理してみました。

詳細はこちら

カラフルボックスのPHPが古い。安全なバージョンアップ方法。cPanelから楽々GUI操作。

カラフルボックスのPHPが古い。安全なバージョンアップ方法。レンタルサーバー
スポンサーリンク

サブサイトでカラフルボックスを使っています。

こちらのサイトほど頻繁には更新しておらず、月に1〜2投稿と超ゆるめな運用です。カラフルボックスを契約したらPHPのバージョンが5点台。トラップにはまりました。JetPackにバージョンが古いと怒られたので、コントロールパネル(cPanel)からバージョンアップさせました。安全なGUI操作♪

JetPack
JetPack

PHPのバージョン古くね?安全じゃないからハッキングされるよ。

チャンビア
チャンビア

まじすか。って言ってもアクセスがまだ大したことないw

気づいてから数ヶ月放置するほどのいい加減さですが、記事投稿予定がそれほどないのでようやくやることにしました。

スポンサーリンク

PHPとは?

超ざっくり。

PHP は、Webアプリケーションを開発するためのプラットフォームで、現在最も多く使用されているオープンソース・ソフトウエアの1つです。ワードプレス自体がPHPで動いているのでPHPはとても大切です。

PHPが古い時にワードプレス上で出る警告

カラフルボックスのPHPが古い。安全なバージョンアップ方法(JetPack上のPHPエラーメッセージ)
JetPack上のPHPエラーメッセージ

サイトが安全ではないバージョンの PHP を実行していることを検出しました。

PHP とは何ですか ? サイトにどう影響しますか ?

PHP は WordPress の開発や保守に使用されているプログラミング言語です。PHP の新しいバージョンはより高速で安全なため、アップグレードするとサイトのパフォーマンスに良い影響を与えます。

バージョンアップさせるのは本来メンドウ

TechAcademyの記事とかみましたが、黒い画面上でのコマンド操作が必要なようです。

チャンビア
チャンビア

やだよ、休暇中に。触らなーい

カラフルボックスにおけるPHPバージョンアップ方法

調べたところ、cPanelから操作できるみたい。なのでGUI操作で安全にバージョンをあげることができます。

カラフルボックスのPHPが古い。安全なバージョンアップ方法(まずはコントロールパネルへログインしよう)
まずはコントロールパネルへログインしよう

▲ まずコントロールパネル(cPanel)にログインします。パスワード忘れた人はメールアドレスを次のキーワードで調べたメールの中にあるはずです。

「カラフルボックス+設定完了通知」

カラフルボックスのPHPが古い。安全なバージョンアップ方法(コントロールパネルのログイン情報を忘れたらメールを探しましょう)
コントロールパネルのログイン情報を忘れたらメールを探しましょう

▲ このメールはとても大事なのでメモ帳やKeep、Pocketなどに入れておくと良いと思います。また、システムへのログインに慣れるために定期的にログインしてパフォーマンス関連の「帯域幅」「Awstats」など見るように習慣づけると良いと思います。

カラフルボックスのPHPが古い。安全なバージョンアップ方法(コントロールパネル「cPanel」上の操作)
コントロールパネル「cPanel」上の操作

▲ ログイン後、真ん中より下部にある「ソフトウェア」→「MultiPHP マネージャー」を探します。

カラフルボックスのPHPが古い。安全なバージョンアップ方法(MultiPHP マネージャーを操作します)
MultiPHP マネージャーを操作します

▲ 「MultiPHP マネージャー」を開いたところ、どうやらPHPのバージョンは5点台とかなり古かったようです。現在はバージョン7.xなので2世代前ですね。カラフルボックスさんのトラップにハマっていました。

カラフルボックスのPHPが古い。安全なバージョンアップ方法(どのPHPバージョンにしようか...)
どのPHPバージョンにしようか…

▲ でどこまでバージョンアップさせようかと思案。

カラフルボックスのPHPが古い。安全なバージョンアップ方法(php7.3は安全らしい)
php7.3は安全らしい

▲ 本家PHPサイトを確認したところ、PHP7.3ですでに安定バージョンのようなのでこれにすることにしました。ソフトウェアのバージョンは、先行的な開発用途に試験バージョンが公開されることがあります。私は開発をしたいわけではないので、安定バージョンを選びます。

ちなみに、この記事投稿時点でメインの本ブログは7.0を使用していました。サブブログ側に新しい方を使わせて様子をみてみようと思います。複数運営していると規模の小さい方で試験的なことがやりやすい。

カラフルボックスのPHPが古い。安全なバージョンアップ方法(MultiPHP マネージャー上での実際のPHPバージョン操作)
MultiPHP マネージャー上での実際のPHPバージョン操作

▲ 「MultiPHP マネージャー」から実際にバージョンをあげます。

  1. 契約しているレンタルサーバーを選択します。
  2. 上げたいPHPバージョンを選択します。
  3. 最後に適用を押します。
カラフルボックスのPHPが古い。安全なバージョンアップ方法(バージョンアップ成功!)
バージョンアップ成功!

▲ 無事にバージョンが上がると「成功」メッセージが出ます。

カラフルボックスのPHPが古い。安全なバージョンアップ方法(PHPバージョン変更を確認した)
PHPバージョン変更を確認した

▲ 「MultiPHP マネージャー」上のバージョンも変更されました。

カラフルボックスのPHPが古い。安全なバージョンアップ方法(JetPack管理画面からもエラーが消えました)
JetPack管理画面からもエラーが消えました

JetPackの管理画面に戻るとエラーが消えていました。サイトにも正常にアクセスすることができました。

このブログはMIXHOST運用です。サブはこちらに比べるとかなりサイトスピードが遅かったのですが、てっきり安い料金のせいかと思っていました。PHP上げたらこのブログ並みになりました。

もっと早くやればよかった…

おしまい

ということでメモがてらの記事投稿でした。意識しないと普段はコントロールパネル「cPanel」はなかなか触りません。定期的に触れて慣れるようにしたいですね。

JetPack
JetPack

バージョンアップおめでとう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました