2019年に買ってよかったもの10選+2(旅行&ガジェット)

年の瀬ですね。

イチロー・上原が引退し、令和元年となり、天皇陛下がおかわりになり、消費税が増税。色々あったものです。私はあまり変化がありませんが、購入したものくらいは整理してみました。

詳細はこちら

【レビュー】カラフルボックスで彩るブログ生活。評判通りのコスパ×安心品質。

4.5
カラフルボックス・レンタルサーバー契約からワードプレス・インストールまでを簡単4ステップで説明レンタルサーバー

しばらく前から新興のレンタルサーバー【カラフルボックス】を使っています。このブログはMixhostを使っていますが、2つ目のブログにカラフルボックスを選んでみました。

ブログは2つ目とまだまだ中堅レベルですが、本業として通信業界に身をおいているのでサーバー選びについては一般の人に比べて知識は明るい方です。本業は企業向けB2B、カラフルボックスはコンシューマー向けB2Cを含めてビジネススタイルが異なるものの同業他社です。

ネットワークやサーバー周辺の運用に日頃から携わっている観点より今回利用した【カラフルボックス】のメリット・デメリットをレビューとしてお伝えします。

結論から言うと、これからワードプレスブログを始める方にオススメできるレンタルサーバーです。

柔軟・快速・簡単!
初心者にオススメのレンタルサーバー

30日間の無料お試しができる
スポンサーリンク

カラフルボックスとは

カラフルボックスの運営会社 カラフルラボ
株式会社カラフルボックス ポリシー

カラフルボックスは、株式会社カラフルラボが提供するレンタルサーバーサービスです。カラフルラボは、設立が2018年1月~とまだまだ新興の部類ですが、攻めのビジネススタイルがネットで話題の企業です。

その名の通りサーバーを貸し出すサービスのこと。一般的にはウェブサーバーやメールサーバーを独自に立てたい人が使います。レンタルサーバーは、「ワードプレスでブログを始めたい」という人には必須のサービスです。

アメブロ、はてなブログ、livedoorブログ、LINEブログなど星の数ほどブログサービスはありますが、趣味だけでなく収益化も視野に入れるのであればワードプレスでブログを作ることをオススメします。理由は次の通り。

  • ブログサービスでは広告が貼れないことも…ワードプレスは制限なし
  • ブログサービスに比べて出来ることが圧倒的に多い
  • ブログサービスに依存しないのでサービス停止の影響は受けない
  • 結局ブログサービスで結果を出す人はワードプレスへ移行する
  • 利用者が多いので日本語のノウハウがインターネット上にあふれている

このブログではMIXHOSTを使っていますが、他のレンタルサーバーも試してみたくネットやツイッター上の口コミや評判もすこぶるよかったので今回使うことにしました。

カラフルボックスの特徴

カラフルボックスの特徴(柔軟なプラン移動、安定した高速表示、簡単操作のコンパネ)
カラフルボックスの特徴

カラフルボックスはワードプレスブログを始める上で求められる機能がそろっています。価格は安いですが、標準的なレンタルサーバーに求められる機能は十分です。

ここではこれからブログを始める初心者向けにカラフルボックスの特徴を絞ります。次の通りです。

  1. 価格が抜群に安い、プラン変動も自由
  2. Webの表示が抜群に速い
  3. サーバー管理に簡単UI「cPanel」
  4. 無料SSLが標準で提供される
  5. ドメイン購入もシームレス
  6. クリック数回ワードプレスが動き出す
  7. 全プランで自動バックアップ機能あり

価格が抜群に安い、プラン変動も自由自在

価格というのは特徴であり、機能でもある。

私自身、職場ではサービスの価格設定を行うことがあります。

低コストでのサービス提供を実現するにはその過程で様々な仕組みの簡略化や自動化が必要。今回、サーバーの契約からワードプレスが動き出すまでが非常に簡単でした。

簡易化された仕組みあってこその低コストの実現といえます。

プランは一度決めたら固定というわけではなく、より上位のプランへの移動も可能。スモールスタートしてアクセスが増えて、心もとなくなればボタン操作でスペックアップが可能。

ブログの成長に合わせてサーバーの料金プランを変更できるカラフルボックス
小さく初めてステップアップしちゃう

私はとりあえず一番安いプランではじめてみました。ブログ2つ目ということと、このブログほど最初は力を入れられないので、まずは小さく始めたいという私にとって都合が良かった。小さくスタートして後々ステップアップ。

カラフルボックス初期費用

全プラン共通(BOX1-BOX8)
  • 無料(3ヶ月以上の契約の場合)
  • 2,000円(1ヶ月契約のみの場合)

カラフルボックス料金表(全て月額料金)

プランの変動は、サーバー動作とデータ転送量の様子を見ながら調整する予定です。プランは全部で8種類、これからワードプレスで始めるなら個人利用向けのBox1, またはBox2が良いでしょう。長期契約すればするほど価格がお得になります。

料金と仕様抜粋(BOX1~BOX4)
 BOX1BOX2BOX3BOX4
36ヶ月毎の契約
長期契約でお得
480円880円1,480円1,980円
24ヶ月毎の契約
長期契約でお得
540円980円1,640円2,180円
12ヶ月毎の契約
長期契約でお得
580円1,060円1,780円2,380円
6ヶ月毎の契約640円1,160円1,940円2,580円
3ヶ月毎の契約680円1,240円2,080円2,780円
1ヶ月契約720円1,320円2,220円2,980円
商用利用OK
再販OK
お試し期間30日
ディスク容量30GB150GB200GB250GB
vCPU1個3個4個5個
メモリ1GB4GB6GB8GB
転送量目安/月1TB2TB3TB4TB
料金と仕様抜粋(BOX5~BOX8)
 BOX5BOX6BOX7BOX8
36ヶ月毎の契約
長期契約でお得
2,980円4,980円6,980円13,980円
24ヶ月毎の契約
長期契約でお得
3,280円5,480円7,680円15,380円
12ヶ月毎の契約
長期契約でお得
3,580円5,980円8,380円16,780円
6ヶ月毎の契約3,880円6,480円9,080円18,180円
3ヶ月毎の契約4,180円6,980円9,780円19,580円
1ヶ月契約4,480円7,480円10,480円20,980円
商用利用OK
再販OK
お試し期間30日
ディスク容量300GB350GB400GB500GB
vCPU6個7個8個12個
メモリ10GB12GB16GB32GB
転送量目安/月5TB6TB7TB8TB

Webの表示が抜群に速い

ブログで速さは正義である。みんな大好き早いレンタルサーバー。

サーバーからPCやスマホのクライアントへWeb画面を表示するソフトウェアのことを「Webサーバーソフトウェア」と呼びます。長年、この分野でのソフトウェアとしてはApacheが使われてきました。

カラフルボックスでは、Apacheではなく「LiteSpeed」という次世代Webサーバーソフトウェアを採用しています。

カラフルボックスにワードプレスを入れてGoogleのPage InsightsでWebパフォーマンスをしているGIF画像
安くても確かなパフォーマンス

上記はGoogleのPage InsightsというWeb速度のパフォーマンスを計測するサイトです。カラフルボックスでインストールしたワードプレスにCocoonテーマを入れて一通りの初期設定を終えたところです。

このあと必須プラグインやスクリプト類を入れると多少パフォーマンスが落ちますが、それはどのサイトも同じ。価格がこれだけ安いレンタルサーバーでこのパフォーマンスは文句なし。

サーバー管理に簡単UI「cPanel」

難しいサーバー管理をよりやさしく。簡単UI「cPanel」。

カラフルボックス では世界標準のコントロールパネル「cPanel」付属
世界標準のコントロールパネル「cPanel」付属

「cPanel」は複雑なサーバー管理を簡単なUI操作で実現できる世界で人気のあるコントロールパネルです。

サーバーの管理ですから込み入ったことをやろうとすると多少なりとも専門的な知識が必要ですが、ワードプレスでブログをやる上で行う操作は数種類だけですね。

コンパネから行う基本操作
  • ワードプレスをインストールする。
  • サーバーの稼働状況、ディスク容量、転送量を見る。
  • メールの設定を行う。
  • ドメインを管理する。

無料のSSLが標準で提供される

昔はメンドウだったSSL化。簡単さに衝撃を受けた。

カラフルボックスなら無料SSLが標準提供される、しかも超簡単に設定できる
無料SSLが標準提供される、しかも超簡単に設定できる

SSLって「http://」が「https://」に変わるやつです。見た目だと鍵マークがあるやつとないやつ。

これ何が出来て何がよいか、っていうと通信経路上でコンテンツが暗号化されます(外部から見えなくなる)。グーグルさんもSSL化は推奨していて検索エンジンで上位に出す上で1つの要因になります。

掘り下げると話しがすごく難しいので割愛しますが、ウェブにSSLを導入する手続きって以前はすごくメンドウでした。でもカラフルボックスだと手続きが簡単です。

というか気付かないかも…w

カラフルボックス のcPanel上のワードプレスのインストール画面
cPanel上のワードプレスのインストール画面

コントロールパネルからワードプレスをインストールするときに、ドメインを「http://」「https://」で始まるものから選べます。後者を選んでSSL設定が完了。

カラフルボックスでは、無料SSLが標準提供されます。

有料のSSL証明書もカラフルボックスで購入できます。より高い信頼性のあるSSL認証局からお墨付きを貰えばサイトの信頼性は高まります。

無料のSSL証明書だと不安だという方は有料のSSL証明書も検討はありだと思います。カラフルボックスではSSL証明書を購入するため、わざわざ他社サイトを見る、別の新しいアカウントを作る必要がないのは利用者にとって利便性が高いですね。

参考 カラフルボックスで取り扱いのあるSSL証明書

ドメイン購入もシームレス

ドメイン購入もカラフルボックスでひとまとめ、分かりやすい。

ドメインの購入ってレンタルサーバー会社によっては、別会社で購入する必要があったりします。会社が違うからそのためにアカウントをつくって別の決済をする。ブログを始めるのに敷居が高いのに、手続きが煩雑。

カラフルボックスでは、ドメイン購入はオプションとしてマイページから簡単に購入できました。安いもので99円~取得、更新も同じマイページでできるみたい。楽ですね。

参考 カラフルボックスのドメイン取得・管理

ドメインは安いものを探すと「99円」とかあるのですが要注意。

ドメインのページを見て翌年以降の更新料を見ておくことをオススメします。このサイトがMixhostで手配し、「.site」を購入しましたが高かった… ある種のトラップなので見た目の価格よりは更新費用でドメインを決めた方が良いです(経験談)

WordPressが簡単にインストールできる

クリックは数回、ワードプレスが動き出す。

サービス契約、独自ドメインの取得など事前作業があるものの、ワードプレスのインストールはボタンを数回クリックするだけで終わります。黒い画面(コマンドプロンプトみたいな)で難しいコマンドを入力するようなことはないのでご心配なく。

全プランで自動バックアップ機能あり

勝手にバックアップしてくれている。復元もコンパネ簡単操作。なんか東京と大阪でバックアップ連携もしている。

カラフルボックスの地域別自動バックアップ機能(無料)

バックアップは料金体系に限らず、すべてのプランに含まれています。標準で「過去14日分」の自動バックアップが行われます。誤った操作などしてしまったら「cPanel」コンパネからの操作で復元ができます。

また、カラフルボックスでは2つ拠点(リージョン)を持っているので、拠点間バックアップも適用されます。これ、すごいですね。俗にいう、BCP対策がサービスとして提供されています。

東京、または大阪のいずれかのデータセンターが何らかの自体で動かなくてももう片方でレンタルサーバーを動かすことが出来ます。個人レベルで大げさなような気がしますが、手厚い保険が提供されているというイメージです。

事業継続計画(じぎょうけいぞくけいかく、英語: Business continuity planning, BCP)とは、災害などの緊急事態が発生したときに、企業が損害を最小限に抑え、事業の継続や復旧を図るための計画。事業継続と復旧計画(Business Continuity & Resiliency Planning, BCRP)とも呼ばれる。

Wikipedia: 事業継続計画(BCP)

公式 カラフルボックスの特徴

カラフルボックスの安定性やいかに

ツイッター界隈を見ていると、皆さん大好き「安定性」の話。

正直なところ、相当な規模でブログをビジネス化出来ていない限り、気にする必要もないとは思うものの、せっかくなのでカラフルボックスの安定性を検証してみました。

実際に監視してみた

冒頭で話したとおり、ネットワークやサーバー周辺の運用に日頃から携わっています。安定性を知りたいなら監視するのが論より証拠。ということで実際に監視してみました。実際に監視して評価するという記事はほかにはあまりないかも。

監視は以下3点の確認です。

  • レンタルサーバーちゃんと動いてる?(死活監視=定期PING)
  • Web(https)ちゃんとアクセスできるよね?(Webポートの稼働監視)
  • メールもちゃんと受信できるよね?(メールポートの稼働監視)
カラフルボックスとMixhostレンタルサーバー監視状態
レンタルサーバー監視状態

▲ カラフルボックスとMixhostのサーバを監視始めました。

カラフルボックス vs Mixhost 5番勝負継続中(2019年3月中旬〜)

4月21日 21:26 MIXHOSTサーバーで障害検知。
4月21日 21:26 MIXHOSTサーバーで障害検知

先陣を切ったのはMIXHOSTさんでした。緊急メンテナンスとのことですが、緊急すぎるし日曜日の21時付近はこのブログでもっともアクセスが多いのでわたし的に障害扱い。

8月10日 14:21 カラフルボックスで障害検知。

契約から5ヶ月後。ようやくカラフルボックスでもHTTPSアクセス障害を確認しました。

レンタルサーバーの稼働率は業界平均以上

カラフルボックスにこっそりとレンタルサーバーの稼働率を聞いてみました。

まず、前提としてサーバーというのは “絶対に停止しないということはありえない” ということをご理解頂きたい。いつかは障害で止まることがあるし、人為ミスが起こる可能性も否定できない。

したがって、レンタルサーバー会社の可用性レベル(稼働率)をどの程度許容できるかがレンタルサーバー選択の基準の一つになります。

結論としては、公開できるSLA(サービスレベルアグリーメント)はないとのこと。ただ、サービス開始以来、障害でレンタルサーバーは停止した実績はまだなく実質100%の稼働率とのことでした。

可用性レベルと実際の停止時間
稼働率年間停止月間停止
99.50%43.8時間3.65時間
99.90%8.76時間43.8分
99.95%4.38時間21.9分
99.99%52.56分4.38分
99.999%5.256分26.28秒

個人的にはコンシューマー向けのサービスであれば、4ナイン(99.99%)あれば十分素晴らしいと言えます。

トリプルナイン(99.9%)だと不安定を感じはじめるレベルだと思います。5ナインはコンシューマー向けではオーバースペック、金融や医療系システムで求められる可用性レベルです。

なぜか、MIXHOSTを煽るカラフルボックスさんw

知る人とぞ知る情報ですが、カラフルボックスといえば昨年末にMixhostと激しいスペックアップ競争を行ったことで話題となり、一気に知名度をあげました。

突然始まったMIXHOSTとカラフルボックスのスペックアップ競争
突然始まったMIXHOSTとカラフルボックスのスペックアップ競争

私もそれまでは「名前くらいは知っている」程度だったのですが、カラフルボックスの超攻撃スタイルのビジネス戦略に少しずつ興味を惹かれます。

は!売◯行為じゃなくて宣伝が目的か!

魅力と惜しい点

ここからは実際にカラフルボックスを使った者として、その魅力と惜しい点をご紹介します。数が多いとので「これから始める人」に向けたメリットとデメリットです。

メリット

金額が安い。月額480円~ブログを始められる

カラフルボックス なら安く手軽にワードプレスブログが始められる
重い腰をあげてブログを始めれば…そこには。

もうこれにつきますね。MIXHOSTも以前は安いプランがあったようなのですが、現在は880円〜のプラン開始(12ヶ月だと980円)になっています。ブログ始めた頃なんてアクセスないんだし、スペックも低くて全然OK。

ブログのアクセスアップに応じて徐々にプランをあげていくのが理想的、ということで安いプランが存在して、かつそこから柔軟にプラン変更できるというのは初心者の方にとって非常に好都合。

公式 カラフルボックスの料金詳細

契約開始からワードプレスが動くまでが簡単

非常に簡単、驚きました。

Mixhostよりも簡易化されています。無料のSSL証明書でよければなんだかわからないというかSSL設定をしているという意識なく終わります。

やる気になれば10分でワードプレス立ち上げられます。

私自身、このブログを始めるまで何年もの月日が経ちました。モタモタと月日が過ぎていった。重い腰をあげたのに、手続きが煩雑で進まない… そういうサービスでは心が折れます。

カラフルボックスは簡単でした。

  • ステップ1
    レンタルサーバーの契約
  • ステップ2
    独自ドメインの取得
  • ステップ3
    ネームサーバーの設定
  • ステップ4
    ワードプレスのインストール
    あとはブログを書き始めるだけ

ということの顛末は次の通りです。シラフなら30分で終わります。

分からないことがあればチャットで気軽に聞ける

平日の日中は、公式ページ覗くとチャットが使えます。昼休みとかはクローズっぽいですがほぼ平気。いくつか質問を投げていますが、きちんと答えてくれます。

スマホで作れるか聞いてみました。この時はスマホで全部やろうかと思いましたが、結局メンドウなのでやめました(苦笑

全ての操作をスマホでワードプレス作れますか?(無茶な質問

えぇ…お調べします。

はい、ご安心ください。スマホでもワードプレスが設定できます。作れるはずです(心の声:パソコンの方が早いぞー)

メールの返信は優先度を落としているようで回答までは1営業日くらいかかることがありました。この辺り、使い分けでしょう。

デメリット

電話でのサポートは上位プランのみ

カラフルボックスの電話サポートはBOX7から
カラフルボックスの電話サポートはBOX7から

個人で選ぶプランは電話サポートなし。これをどう捉えるか、初心者さんにとっては悩みどころ?チャットで聞けるし、メールでも聞けます。電話で聞けない人には困るのであればちょっと短所。

人的コストを抑える手段なので、コストを抑えるためのトレードオフでしょうね。

各種管理ツールが分かりづらい・見づらい

カラフルボックスが採用するAWSTAT(ちと古い)
カラフルボックスが採用するAWSTAT(ちと古い)
カラフルボックス帯域幅の管理画面
カラフルボックス帯域幅の管理画面

これ、Mixhostもだけどね。多分、他社も同レベルなのでカラフルボックスに限ったデメリットではないのですが、もう少し洗練された解析ツールはないのだろうか。

使っているツールとして10年以上前からあるものだと思います。私も運用側のプロなのでこの手のツールはいくつもみてきました。でもこれって一般の人が見るツールじゃないです。細かすぎてどこをみて良いか難しい。

次のようなことが簡単にわかるとエクセレント。

  • 契約しているサーバープランは十分なパフォーマンスを出せているか
  • プラン変更が必要な時期にさしかかっているのか

デメリット少なかったので少しわがままですね。多分他社も同じです。

【最強コスパ】カラフルボックス×無料WPテーマ「コクーン」

ブログでは、無料のワードプレステーマを使っています。有料ではなく、無料。ここでコクーンの魅力まで話しだしてしまうと記事の終わりが見えないので、それはCocoonテーマをレビューした別の記事で

何が言いたいかというと、「コストを抑えてブログを始めたい」という人にとってこのカラフルボックスと無料ワードプレステーマ「コクーン(Cocoon)」の組み合わせは他に例がないほど相性が良いから。

有料のワードプレステーマを購入すれば、その分初期投資が増えます。でもこの組み合わせであれば、月額ランチ代以下でブログが始められる。

以下は、ブログ運営の試算です。

ワードプレス月額運営費用の概算
WPテーマテーマ価格サーバー代合計月額換算
SANGO10,800円6,960円17,760円1,480円
Stork10,800円6,960円17,760円1,480円
JIN14,800円6,960円21,760円1,813円
アフィンガー14,800円6,960円21,760円1,813円
Cocoon0円6,960円6,960円580円
  • 別途ドメイン費用が必要。カラフルボックスでドメイン取得可能。最安で99円~。
  • 12ヶ月利用を想定した表です。36ヶ月ならサーバー代は月額480円~。

カラフルボックスに興味を持たれている方であれば、ブログ運営のコストを抑えたいという思いをお持ちだと思います。コクーンとの組み合わせ、安くて控えめに言って最高です。

ドンちゃん
ドンちゃん

コクーンとの組み合わせで、一日20円くらい。

この記事もコクーンの標準機能を使って書いていますので同じ使い方をすれば誰でもこんな見た目の記事が作れちゃいます。

まとめ

カラフルボックスでは現在「レンタルサーバー10%OFFキャンペーン」を行っています。

サーバーの無料トライアルから有料にアップグレード時にプロモーションコードを使うと、10%オフとなります。

一番安いBOX1を1年間契約すると...
通常(1年間)キャンペーンなら
BOX1プラン6,960円(580円x12ヶ月)6,264円(522円x12ヶ月)

通常価格でも安いのにキャンペーンでさらに安くなる。期間限定なので、ブログを始めたい方はこのキャンペーンを利用しない手はありません。

キャンペーン期間2019年12月31日まで
プロモーションコード
(クーポンコード)
7DFYDRV5

プロモの適用方法はこちら

柔軟・快速・簡単!
初心者にオススメのレンタルサーバー
クレジットカードはなくても始められる
タイトルとURLをコピーしました