エアアジア搭乗記(AK6125/LCC) | ペナン島をあとにしてアラルンプール戻り

AK6125アイキャッチ エアアジア
スポンサーリンク

LCCのエアアジア(AK6125)の搭乗記録を投稿します。ペナン島に少しだけ旅行してクアラルンプールの戻りの便に、エアアジアを利用しました。午前中にジョージタウン観光をしていたため、フライトは午後の便です。

記事内、現地通貨で表記することがあります。

現在、 1マレーシアリンギット(MYR) = 円です。1万円を両替すると、 リンギットになります。

よく使う通貨・紙幣

  • 5リンギット:
  • 10リンギット:
  • 20リンギット:
  • 50リンギット:
  • 100リンギット:

更新日時: (自動取得データ)

 

スポンサーリンク

フライト概要(エアアジア: AK6125)

日付2018年 8月 13日(月)
時刻14:06-15:05(定刻どおり)
路線エアアジア AK6125 ペナン島(PEN) – クアラルンプール(KUL)
機材Airbus A320
価格610.56 MYR(購入時:16,500円くらい)
(2名、往復で15kgの荷物オプション×1)

 

エアアジアA320の座席

 

エアアジアA320のシート仕様

Source: エアアジア

▲ 機材は、エアバスA320。座席数は186席あります。そのうち、ちょっとだけ座席が広く、優先搭乗が可能なホットシートが42席あります。

航空券の手配

エアアジアの公式サイトから予約しています。

普段は航空券価格の比較サイトを見ながら価格比較を行い最安で利便性が高いフライトを探しています。航空会社直接、または航空券予約サイトはその時々で使い分けています。

Skyticket(スカイチケット)

わかりやすいインタフェースでスマホアプリから予約しやすいのが「Skyticket(スカイチケット)」です。数多くの航空会社と提携しているので目的の航空会社以外でお得なチケットが見つかることがあります。

スカイチケット 格安航空券・ホテルをお得に予約

スカイチケット 格安航空券・ホテルをお得に予約

Adventure,Inc.無料posted withアプリーチ

\ LCCもたくさん見つかる /

公式 驚きの価格!海外格安航空券 スカイチケット

Surprice(サプライス )

HISを親会社にもつ「Surprice(サプライス )」では、LCCを含めた主要な航空会社のチケットを一括比較してくれて、検索の手間が省けます。

その時々で、料金に差があることが多いので必ずチェックしています。週末になると¥2,000〜¥3,000引き程度のクーポンを配布していることがあります。

\ 旅の価格に驚きを/

公式 サプライス

航空券の料金明細

チケットは、1週間くらい前に購入しました。便も多いので当日でも購入できるかも知れません。

分類項目金額
Flight
(フライト料金)
ゲスト x 2438.00 MYR
klia2 fee
(KLIA2ターミナル利用料)
6.00 MYR
Passenger Service Charge44.00 MYR(旅客サービス料)
BIGメンバーディスカウント-20.00 MYR
RSC
(何かのサービス料)
4.00 MYR
Add-ons & Fees
(追加サービスおよび手数料)
Travel Insurance x 2
(旅行保険)
42.56 MYR
Processing Fee x 2
(支払手数料)
32.00 MYR
Checked Baggage 15kg x 2
(受託預入手荷物 15kgまで)
64.00 MYR
GST/Service Tax
(諸税)
138.56 MYR
合計金額610.56 MYR

ペナン国際空港

ペナン国際空港

ペナン国際空港は、少し前のフィリピンのマクタン・セブ国際空港のように、もっとこじんまりした空港を想像していました。実際に使ってみるとそんなことはなくて、それなりの規模を持っていますし、清潔感のある空港でした。

マクタン・セブ国際空港を少しディスっていますが、最近あらたに国際線用のターミナル2ができまして、リゾートっぽく生まれ変わっております。次の記事でご紹介しています。

 

神々しく降臨!マクタン・セブ国際空港(MCIA)新ターミナル2 | コンセプトはリゾート空港
マクタン・セブ国際空港(Mactan-Cebu International Airport: MCIA)のターミナル2が、約3年の工事を経て6月7日に開設、7月1日から稼動を開始したようです。今後は、ターミナル1が国内線、ターミナル2が国際線の住み分けになるとのこと。

 

スポンサーリンク

 

ホテルから空港までの移動

行き(ペナン国際空港から市内)は、クーポンタクシーを利用しましたが帰りは、Grabカーを利用しました。クーポンタクシーに比べて約半額でした。

ペナン島は、Grabが比較的簡単に拾えますのでタクシーよりはGrabを使ったほうが旅のコストを抑えることが出来ます。

空港の様子、混雑状況

月曜日のフライトでしたが、それなりの混雑状況でした。クアラルンプール〜ペナン間は、マレーシア内でもっとも混雑する国内線のフライトではないでしょうか。座席もおおむね満席に近かったと思います。

搭乗レポート(エアアジア:AK6125)

搭乗

定刻通りの搭乗、そして離陸となりました。便数の多いペナン〜クアラルンプールの路線ですがテキパキしてますね。

エアアジア AK6125 搭乗

エアアジア AK6125 搭乗2

エアアジア AK6125 搭乗3

▲ 搭乗は歩いて機内へ。エアアジアの青空と対比するような赤が印象的です。

座席

エアアジア AK6114 シート

▲ 座席はLCCなのでやはり狭いですが、1時間なのでガマン。

エアアジア AK6114 セイフティ・インフォメーション

▲ セイフティ・インフォメーションのシートは使い古されています。

ドリンク・機内食

行き同様ですが、1時間しかないフライトなので何も注文しませんでした。

着陸

KLIA2 到着ゲート付近

▲ 遅延もなく、ランディング。お連れさんがいるのであまり徘徊はできませんでしたが、KLIA2はもう少し回って見たかったです。

 

スポンサーリンク

 

クアラルンプール国際空港(KLIA2)から市内への移動

KLIA2から市内へは、やはりGrabを使いました。ひとりならKLIAエクスプレス+LRT/MRTのほうが若干やすいかもしれません。二人だったので利便性を考慮するとGrabが断然便利。

東南アジアの移動ではもう必需品、Grabアプリのメリットは次の記事でご紹介しています。

東南アジアの移動手段として神すぎるGrabアプリを使うメリット
東南アジアの主要配車サービスであるGrab。何年か前から使っていてすっかりお世話になっています。この神すぎるアプリ、ブログを始めた今、その良さをあらためて振り返ってみたいと思います。アプリを使う上でのちょっとしたコツも書きますね。

今回のマレーシア旅行で使ったGrab全18レグ(若干タクシー込み)を次の記事でまとめています。

Grabアプリ移動記録、相場感が一目でわかる - マレーシア 2018年8月
2018年 8月にSFC修行を兼ねたマレーシア旅行に行って来ました。自分一人ならバス、MRT/LRTをメインに移動するのですが、今回はもう一人いたためGrabでの移動をメインにしてみました。結構な回数を乗ったので、移動内容、距離、運賃(料金)とともにログとして記事投稿します。

最後に

エアアジア短距離フライトの搭乗記でした。ペナン島は少し消化不良の旅になってしまいました。でも、最近は日本人の移住先として人気のようですね。

少しだけ、賃貸物件を見たのですがどこもかしこも100平米案件がゴロゴロしていました。物価もそれほど高くないようですし、今から検討しましょうかw

▼ 2018年夏のマレーシア旅行記は次のまとめ記事に集約しています。

タイムラインで振り返るマレーシア旅行記まとめと費用(ペナン島 & クアラルンプール)
2018年8月は、ANA SFC修行中。年明け早々に東京〜クアラルンプール行きのプレミアムエコノミーを手配。タッチするだ...
  • 旅程
  • 観光・ツアー内容
  • 移動手段
  • 宿泊先
  • 旅費

などポイントを記載しました。

エアアジア
スポンサーリンク
ご覧いただき感謝です。記事の品質がブースト的に向上するボタンは次の通りです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
快眠へ導くネックピロー5選セゾンゴールドAMEXの解説記事
バジェットな旅行記ロク
タイトルとURLをコピーしました