時短で感じる世界遺産の街。ペナン島・ジョージタウンを半日観光。

スポンサーリンク
ペナン島半日観光のアイキャッチ マレーシア

ペナン島のジョージタウンを観光してきました。半日観光とはタイトル付けしていますが、ちょっと中途半端になってしまった観光。時間があまりなかったので世界遺産としてユネスコ登録されているジョージタウンや、街一番の高台、ペナンヒルを少し回ってきました。

記事内、現地通貨で表記することがあります。

現在、 1マレーシアリンギット(MYR) = 円です。1万円を両替すると、 リンギットになります。

よく使う通貨・紙幣

  • 5リンギット:
  • 10リンギット:
  • 20リンギット:
  • 50リンギット:
  • 100リンギット:

更新日時: (自動取得データ)

 

スポンサーリンク

ペナン島のジョージタウン

ジョージ・タウン地区の人口は約40万人。近年は住宅・商店・ホテル・病院・官公庁などの都市基盤もしっかりしており、マレーシアでは首都クアラ・ルンプールに次ぐ第二の都市となっている。また、ペナン島はリゾート地であり、この地区が観光の拠点となっている。

引用:  Wikipedia

観光を案内してもらったドライバーによると、ペナン島内の人種の60%は中華系、30%がマレー系、残りの10%程度がインド系との話しでした。

ちなみに、ドライバーさんは中華系。ホテルの受付は、マレー系、インド系の方が多かったように記憶しています。

空港からジョージタウンへの移動

ジョージタウンの正確なエリア(範囲)がちょっと定かではないのですが、ペナン島の北のほうに位置します。ペナン国際空港からは車で30分程度で移動が可能です。

 

スポンサーリンク

 

ホテルで観光手配

到着した当日は、夕方だったので大した観光はせず。翌日は、午後にクアラルンプール戻りの予定だったので午前中にジョージタウンを観光することにしました。

ホテル・ペナガ受付

ホテル・ペナガでガイド手配(250MYR/人)

ジョージタウンのことはストリートアートの写真を少し見た程度であまり予習しておらず、観光効率をあげるためガイドを雇いました。

この時は現地ホテルでツアーを手配したのですが、Klookと言うサービスだと事前手配できます。この旅行以後に知りました。

Klookのカーチャーターだと上記のホテル手配より幾分やすいです。ガイドは英語。

「Klook」ペナン島ガイド付きカーチャーター・プラン

アプリで簡単予約

Klookについては次の記事で使い方などをまとめました。

ジョージタウンの半日観光

ジョージタウン半日観光

フライトが14時だったので、8時半~11時半の3時間で2つだけ観光スポットを回りました。ドライバー兼ガイドにペナン島についていろいろ教えてもらいました。

ガイドとのやりとりは、英語。

マレーシア人の英語は、発音に独特なクセもなく理解しやすいですね。日本人で多少、英語を学ばれた方であれば大体コミュニケーションがなりたつのではないでしょうか。

街を彩るストリートアート(アルメニアン通り)

ジョージタウンのシンボルとも言えるストリートアートは、アルメニアン通りに多くあります。この周辺は、世界遺産としてユネスコ登録されているそうです。

ジョージタウンのストリートアート

▲ 多分、この自転車のアートが一番有名。後部のシートにちょこっと乗れます。観光客が多く、写真をとるタイミングがなかなか取れませんでした。

ジョージタウンのストリートアート4

▲ 獅子舞?

ジョージタウンのストリートアート3

▲ どこだろう…

ジョージタウンのストリートアート2

▲ この人は、猫好きなので…

ジョージタウンのストリートアート5

▲ 針金のアート。

ジョージタウンで見かけたおじさま

▲ 途中で見かけたおじさま。写真撮るのはちゃんとOKもらいました。写真撮られることに免疫ありすぎの模様。

 

スポンサーリンク

 

ケーブルカーで行くペナンヒル

ペナン島 ペナン・ヒルのトロッコ風景

ペナンヒルは、ペナン島で一番高い場所。

ジョージタウンの中心地より西に6km程度はなれたところにあります。ペナンヒルは、多くの丘の総称で一番高い丘で海抜 833mだそうです。

歩いて登山の必要はなく、専用のケーブルカー「Penang Hill Railway」があるのでそれに乗って、頂上に行くことができます。

ペナンヒルの入り口付近

▲ ペナンヒルの入り口付近です。

▲ ケーブルカーの運賃です。スタンダード(大人)の方で支払いました。見方がわかりづらいですが、往復で30マレーシアリンギットです。

ペナンヒル上の方

▲ ペナンヒルの上に上がると、こんな感じの通りがあります。

ペナンヒルの建物

▲ ちょっと良さげな建物があります。この辺でお茶したり、食事したりできます。でも台湾の九分の方が観光スポットとして魅力かなぁ。

ペナンヒルからの風景

▲ ちょっと鮮明ではないですが、ペナンヒルからの風景です。ペナン島の街が一望できます。

最後に

正直なところ、充分な記事にするだけの観光をしておらず少し後悔。ストリートアートももっと沢山あったようですね。お連れさんにも言われてしまいましたが、旅する前に予習してなさすぎ。

より良い観光をする上で、現地の多少の予習が必要と痛感しました… Orz

「Klook」ペナン島ガイド付きカーチャーター・プラン

アプリで簡単予約

▼ 2018年夏のマレーシア旅行記は次のまとめ記事に集約しています。

タイムラインで振り返るマレーシア旅行記まとめと費用(ペナン島 & クアラルンプール)
2018年8月は、ANA SFC修行中。年明け早々に東京〜クアラルンプール行きのプレミアムエコノミーを手配。タッチするだけの渡航は嫌だったので、4泊の予定を組みマレーシア旅行(ペナン島、クアラルンプール)に行きました。旅程、観光・ツアー内容...
  • 旅程
  • 観光・ツアー内容
  • 移動手段
  • 宿泊先
  • 旅費

などポイントを記載しました。

マレーシア
スポンサーリンク
ご覧いただき感謝です。記事の品質がブースト的に向上するボタンは次の通りです。密かに喜んでいます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バジェットな旅行記ロク
タイトルとURLをコピーしました