中国国際航空(エアチャイナ) 搭乗4便、ビジネスクラス機内食を振り返る

中国国際航空の機内食まとめ 中国国際航空
スポンサーリンク

エアチャイナの北京から羽田行きビジネスクラス(復路)の搭乗記録を投稿します。と言っても往路とかぶる部分が多分にあるので、記録はそこそこに中国国際航空(エアチャイナ)のビジネスクラス機内食を振り返りたいと思います。

この便前日にエアチャイナに「欠航+12時間遅延」というとんでもない洗礼を受けました。機内サービスは良かったですし、機内食も一部で噂されているほどひどいものではなく、普通に美味しかったです。

ただ、強烈な遅延トラウマがまだ尾を引いているのでエアチャイナさんとは距離を置きたく、2019年は乗らないことでしょう…(苦笑

スポンサーリンク

エアチャイナ往復4便フライト行程

4便のフライトは次の通りです。この記事では復路最終便の模様を投稿します。

中国国際航空(エアチャイナ)往復4便

フライト概要(CA PEK-HND, CA181)

日付2018年 11月 27日(火)
時刻08:35-12:50
路線CA181 北京(PEK)-東京(羽田/HND)
機材Airbus A330-300
獲得マイル1,641
獲得PP2,041

機材

往路同様にエアバスA330-300でした。往路では気づかなかったのですが「エアバスA330-300」だと座席配列が2種類あるようです。

中国国際航空(エアチャイナ/エアバスA330-300 311席のタイプ)
エアバスA330-300 311席のタイプ。

ビジネスの座席が多いタイプ。

中国国際航空(エアチャイナ/エアバスA330-300 301席のタイプ)
エアバスA330-300 301席のタイプ。

ビジネスの座席が少ないタイプ。違いはどうやらビジネスクラスとプレミアムエコノミーの座席数が異なるようです。この後に掲載する写真を見る限り、私が搭乗したのは後者のタイプのようです、多分。

エアチャイナA330-300クラス別シート仕様
クラスピッチ広さシート数
ビジネス58インチ21インチ30席(フラットベッド)
プレエコ36-37インチ18インチ16席
エコノミー31-32インチ18インチ255席
スポンサーリンク

早朝の北京首都国際空港(PEK)

いやぁ… 朝早かった。なんでこの便にしてしまったのか。「欠航+12時間遅延」の影響でフライトを変更したのですがあまり深く考えずに朝早い便にしてしまいました。火曜日、到着はお昼なので仕事に間に合うわけでもないのでもっと遅い便にしておけばよかったと後悔しています。

中国国際航空(エアチャイナ)の遅延の影響で北京で1泊してあてがわれたホテル
遅延の影響で北京で1泊してあてがわれたホテル

▲ エアチャイナに無料手配してもらったホテルは四つ星以上の良いホテルでした。朝食付きだったのですが朝食前にホテルを出る必要があったので結局ご飯にありつけず。もうちょっと時間を取ればそのホテルの宿泊記もブログに投稿できたのに…

色々テンパっていました。

チェックイン

北京首都国際空港の建物内 電子案内板
北京首都国際空港の建物内 電子案内板

チェックインはスルーでした。前日のホーチミンでのチェックインの際に北京からのチケット分の紙航空券も入手済み。保安検査場を抜けるのみでした。

北京首都空港内のマップ、ゾーンでいくつかに別れている

▲ ただ、北京首都国際空港はやたら広いです。最初の入り口から国際線の搭乗口までC〜Eのエリア3つの移動なのでこの空港を使う機会がある人は早め早めの行動を心がけましょう。

北京首都国際空港の国際線ターミナルにある大きく見事な花瓶
国際線ターミナルにある大きく見事な花瓶

▲ ラウンジまで行く途中の様子。Eエリアの中心には見事で巨大な花瓶がありました。

北京首都国際空港の国際線ターミナルの免税店エリア、正面にファーストクラスラウンジがある。
免税店エリア、正面にファーストクラスラウンジがある。
北京首都国際空港の国際線ターミナルファーストクラスラウンジへ繋がるエスカレーター
ファーストクラスラウンジへ繋がるエスカレーター

▲ 入りそびれたファーストクラス・ラウンジ。

ラウンジ

北京首都空港エアチャイナのビジネスクラスラウンジ
エアチャイナのビジネスクラスラウンジ

今回、ビジネス利用だったので往復ともに従順にビジネスクラスラウンジに立ち寄っています。

… しかし、どうやらファーストクラス・ラウンジにも入れるようです。これ、帰国して知りました。これからエアチャイナを利用する方はもれなくビジネス、ファースト両方のラウンジを立ち寄れるように旅の予定を組んだ方が良いです。

エアチャイナのビジネスクラス・ラウンジについては次の記事にしています。

搭乗

北京首都国際空港の国際線ターミナル搭乗口付近 流線型の窓が特徴的
搭乗口付近 流線型の窓が特徴的

▲ 空港のこういう流線型の建物は見るとワクワクします。

機内への搭乗と座席

復路2便目は遅れなく定刻通りの搭乗開始となりました。行きはあまり座席の写真を取っていなかったので、いろんな角度で撮影し直しました。

中国国際航空(エアチャイナ)CA181便 搭乗した直後の様子
搭乗した直後の様子
中国国際航空(エアチャイナ)CA181便 自分の座席を上からパシャり
自分の座席を上からパシャり

▲ 座席はフルフラットになります。

中国国際航空(エアチャイナ)CA181便 座席設備がわかりやすいように上からパシャり
中国国際航空(エアチャイナ)CA181便 隣の座席を真横から
中国国際航空(エアチャイナ)CA181便 座席正面を向いて
中国国際航空(エアチャイナ)CA181便 ウェルカムドリンクとモニター
ウェルカムドリンクとモニター

▲ もうなんだか旅の気分が抜けつつあったので、オレンジジュースで我慢しました。

4回食した機内食、一番美味しかったのは?

フライト自体は安定して、往路と比べても特に代わり映えするものでもなかったです。

復路2便目の機内食も含めて中国国際航空(エアチャイナ)の機内食をおさらいします。

中国国際航空(エアチャイナ)の機内食、1食目(中華風のお粥)
1食目(中華風のお粥)

▲ 往路1便目(羽田から北京の機内食)。中華風のお粥を頼みました。朝の便だったのでお粥かアメリカン・ブレックファーストが選べる内容でした。味は薄かったですね。

中国国際航空(エアチャイナCA903)の機内食、2食目(タイカレー)
2食目(タイカレー)

▲ 往路2便目(北京からホーチミンの機内食)。ホーチミンへ行くということでアジア飯のタイカレーをチョイス。これが一番美味しかった。カレーはちょっと甘めではありますが、鶏肉が多くボリューミーでしした。

中国国際航空(エアチャイナ)の機内食、2食目の付け合わせのマリネ
2食目の付け合わせのマリネ

▲ 付け合わせのサーモンもマリネ風で一工夫。機内食でサーモンを味わうのは初めてかもしれない。

中国国際航空(エアチャイナCA904)の機内食、3食目(リゾット)
3食目(リゾット)
中国国際航空(エアチャイナ)CA904便の機内食

▲ 復路1便目(ホーチミンから北京の機内食)で食べたビーフが入ったリゾット。

少し複雑な味で個人的にはあまり美味しくなかった。食事のメニューは写真付きではなく、口頭での選択だったのでどちらが良いのかキャビンアテンダントさんに聞きました。リゾットがおすすめとのことでしたが、個人的には微妙だった…

中国国際航空(エアチャイナCA181)の機内食、4食目(アメリカンブレックファースト)
4食目(アメリカンブレックファースト)

▲ 復路2便目(北京から羽田の機内食)。見たままのアメリカン・ブレックファースト。期待を裏切らないというか見たままの味です。

中国国際航空(エアチャイナCA181)の機内食、4食目で付いていたクロワッサン

往路1便目もそうですが、焼きたて風のパンを配ってくれます。クロワッサンは美味しかったです。

こんな感じの4便機内食ですがベスト1はタイカレー。

中国国際航空(エアチャイナCA903)の機内食、一番美味しかったタイカレー
一番美味しかったタイカレー

最後に

11月のフライトの最終便を残したまま、はや2ヶ月。ようやく最後の便を投稿し、宿題を終えた気分です。SFC修行国際線組の鉄板とも言えるエアチャイナの格安ビジネスクラス。

ラウンジに4回立ち寄れて、4回食事を楽しめて、フライト構成によっては北京観光もできちゃう。はっきり行ってコストパフォーマンスは抜群のはずなのですが、私の場合は「欠航+12時間遅延」でなんとも言えない感想です。

まぁ、良い経験かと。これから修行される方、みなさん頑張ってください。

↓同じ便の往路ビジネスクラス。

中国国際航空
スポンサーリンク
ご覧いただき感謝です。記事の品質がブースト的に向上するボタンは次の通りです。
このブログを購読してみる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログの購読はこちら

バジェットな旅行記ロク、主に東南アジアを中心とした旅行ブログです。

ブログ投稿は週に2, 3回です。写真多め、見やすい記事をお届けします。

快眠へ導くネックピロー5選セゾンゴールドAMEXの解説記事
バジェットな旅行記ロク
タイトルとURLをコピーしました