生活の質・QOLが上がったサービス2020年(体型維持、自己啓発、資産運用まで)
やらないと経済的損失なふるさと納税。

21年も半分を過ぎました。

計画的に寄付していきましょう(楽天がおすすめです)

詳細はこちら

新千歳空港で温泉も使える「エアターミナルホテル」滑走路側の部屋にステイしてみた(宿泊記)

ホテル宿泊記

新千歳空港のターミナル内にある「エアターミナルホテル」に宿泊してきたので記録投稿します。

札幌は1年ちょっとぶりですね。前回も空港から外へは出ずにその日のうちに東京に戻っています。今回もスルーしようか考えましたが、空港内のホテルや温泉があったことを思い出してステイすることにしました。

空港に宿泊ってちょっとワクワクしますよね。

スポンサーリンク

宿泊概要(新千歳空港「エアターミナルホテル」)

日付 2021年5月
ホテル名 エアターミナルホテル
住所 〒066-0012
北海道千歳市美々
ターミナルビル内 3階 新千歳空港
宿泊タイプ シングルルーム(滑走路ビュー)
(朝食と温泉が無料サービスのスタンダードプラン)
宿泊日数 1日
価格 10,800円(消費税込)
価格に対する満足度 4.0

GW明けしばらくしてからの宿泊になります。価格は空港内ということで市内より少し高いのでしょうか。朝食と温泉が使えて、部屋から飛行機が見えるという付加価値を考えれば、この程度は許容範囲かもしれません。

ホテルについて

当初は、現国内線ターミナルビルの開業時に三井観光開発(現・グランビスタ ホテル&リゾート)が「三井アーバンホテル新千歳空港」としてオープン、その後一度の名称変更を行い、2011年からは丸瀬布観光公社が「エアターミナルホテル」としてホテル事業を引き継いでいます。

宿泊した感想

なかなか行動制限も多いので本来の評価ができない時期ですね。

本来、朝夕で温泉を堪能できるようなのですが、行った時は新千歳温泉側で早朝営業が行われていませんでした。また、夜(19時すぎ)はレストランの多くがクローズされていました。

良いところ
  • 空港直結で移動の手間なし
    • 出発階・到着階からアクセス可
  • 新千歳空港温泉が使える
  • 滑走路側なら飛行機が見える
    • 見晴らしは部屋の位置に左右されそう
  • 基本的に朝食が含まれている
残念なところ
  • それなりに老朽化している
    • 多少のレトロ感で◯
  • (コロナ禍影響下では)
    • 朝風呂利用ができなかった。
    • 周辺店舗の閉店時間が早い。コンビニでも21時半にしまっていた。

ロケーション

場所は新千歳空港の中です。国内線ターミナルビルの1階到着ロビー、2階出発ロビーのどちらからでもホテル入り口にアクセスできます。

到着であれば、移動の手間はありません。翌朝出発でも保安検査場まですぐなので遅れる心配はありません。

予約

楽天トラベル経由で予約しました。

海外だとAgodaをよく使いますが、現在では国内宿泊が中心となっており、楽天をよく使うようになりました

いつの間にやら楽天経済圏に片足を突っ込んでいるようでしてSPU+1倍を獲得するために機会があれば楽天を通して宿泊するようにしています。

上記はちょうどお買い物マラソンをやっていたときのポイント倍率。生活必需品を楽天で買うようにしています。倍率上がったところでふるさと納税をやると20%以上のポイントバックが得られちゃいます。

当ブログ記事 肩肘はらない楽天ふるさと納税のやり方

評判・口コミ

口コミは良好ですね。やはり窓から飛行機が見える、立派な温泉に入れるという付加価値が高いホテルです。朝食については、「いまひとつ…」というコメントも見られて私も同意する部分があります。北海道らしい料理はそれほどなかったですね。

私のように到着で使うというよりは、翌朝早いから宿泊するという方が多いようです。

宿泊記(新千歳空港「エアターミナルホテル」)

ホテル入り口

ホテルはJAL側にあり、出発・到着階のそれぞれからアクセスが可能です。

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(到着階のホテル入り口)
到着階のホテル入り口
新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(出発階のホテル入り口)
出発階のホテル入り口
新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(手頃な値段でランチビュッフェが行われている)

▲ ランチビュッフェは、空港内であることを考えると良心的な価格なのかもしれません。時期によっては1000円以下のこともあったようです。

ロビー・館内

ロビーに入ると由緒ある雰囲気が漂います。

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(天井が高いホテルフロント)
天井が高いホテルフロント
新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(天井が高いホテルフロント)
新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(古い壁掛け時計)

▲ 今どき、こういう大きな時計は珍しいですね。

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(手書きの空港見取り図)

▲ 手書きの空港見取り図、レトロ感があり目に止まりました。

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(北海道内の観光案内)
新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(道内への電車時刻表)
道内への電車時刻表

▲ ロビー付近には道内への電車やバスの時刻表がありました。

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(ホテルは3階から5階の構成)

▲ 客室は3階から5階にあります。エレベーターの雰囲気が昔の職場のものと似ているので入って一瞬でメーカーがわかりました(苦笑

客室

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(部屋へと長く続く廊下)
部屋へと長く続く廊下

▲ ホテルの外観が見えないので部屋数がどのくらいあるのかわかりづらいのですが、結構奥の方まで歩きました。

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(客室の入り口)
客室の入り口
新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(客室)

▲ 部屋は20平米くらいかな。

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(客室)

▲ どことなく東横インの空気感があります。

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(客室の壁に掛けられた絵)
新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(客室)
新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(客室のソファとテーブル)
新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(客室のベッド)
新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(客室にある浴衣)
新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(ベッド横のローテーブル)

▲ レトロで歴史を感じるインターフェースです。どのくらい前に作られたんだろう。

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(客室のデスクチェア)

▲ デスクの電源周りも年季が入っています。

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(出発便の予定テーブル)

▲ 部屋のテレビから出発便の予定テーブルを見ることができます。偏向報道ばかりの番組よりこっちつけてBGMがあれば、私は十分に満足です(笑

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(朝方ベッドから見た客室、太陽光が強く差し込む)

▲ 翌朝、ベッドからの写真です。妙に明るくて思わず撮りました。カーテン閉めておかないと太陽光がすごく目が覚めてしまいます。

客室からの風景

エアターミナルホテルは、客室を駐車場側と滑走路側で選ぶことができます。

駐車場を眺める趣味はないので、滑走路側をホテルプランで選択しました。これを楽しみに宿泊される方も多いようです。

私の部屋は窓両端に柱があってちょっと見えづらかったです。機会があれば、また見えやすい部屋を期待してチャレンジしてみます。

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(客室の窓からの風景)
客室の窓からの風景

▲ 眼下にはスカイマークの航空機が翌朝のフライトに向けて駐機していました。

新たな航空機が来ると、部屋にエンジン音が聞こえてきますが、それはそれである種の心地よさも感じます。

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(客室の窓からの風景)
新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(客室の窓からの風景)

▲ コロナ禍ということで航空機の慌ただしさがないですね。ミニ三脚を忘れてしまい、タイムラプスは今回撮れず。

ツイッター投稿で見かけた中より、コロナ前の活発な様子がわかるものを引用します。

シャワールーム(バスルーム)

部屋に比べるとバスルームは新しい雰囲気です。間違いなくリノベーションされています。

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(シャワールーム・バスルーム・洗面所)
新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(シャワールーム・バスルーム・洗面所)
新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(シャワールーム・バスルーム・洗面所・ウォシュレットトイレ)
新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(シャンプー、ボディーソープ、コンディショナー、ハンドソープ)
新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(アメニティ類)
アメニティ類

無線LAN(WiFi)

滞在しているときは特に不便感じませんでした。圧倒的に人がいないせいかもしれませんが…

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(WiFiスピード)

新千歳空港温泉

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(新千歳空港温泉のチケットや部屋の鍵)
新千歳空港温泉のチケットや部屋の鍵

▲ 温泉パスはパウチに入ったものと、紙のチケットの2種類渡されました。パウチのものはチェックイン日に消化する必要があります。紙チケットはホテル側の計らいで翌年3月末まで使えるものが渡されました。

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(ホテル案内)
ホテル案内

▲ 見取り図がテーブルに置いてあります。ホテルがある場所から温泉までは結構な距離があります。

営業時間はコロナ禍ということで流動的な部分があるかと思います。最終入場の時間はチェックイン時にフロントより案内されます。

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(ターミナル中央の商業施設密集地帯)
ターミナル中央の商業施設密集地帯
新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(温泉は上の階にある)
温泉は上の階にある

▲ 新千歳空港のエントランス。

空港でお風呂に入るのは、ちょうど1年前くらいの羽田空港のファーストキャビン以来だと思います。ファーストキャビンもあれ以来、長らく休業状態でしたが最近になって営業を再開しているようなのでまた顔を出そうと思います。

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(新千歳空港温泉の看板)
新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(新千歳空港温泉のフロント)

▲ フロントではタオルと浴衣をもらえます。時間も遅かったので私はタオルだけもらいました。

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(新千歳空港温泉の大浴場へ続く回廊)
大浴場へ続く回廊

▲ この後は、浴槽へと向かいます。

最近は「サウナで整う」ことも趣味にしているのですが、この日は食事の後だったので控えました。浴槽は内風呂と露天があって開放感あるものでした。

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(ホテル近くのコンビニも早々にクローズしてしまう)

▲ 温泉出たら21時半、コンビニはすでにクローズとなっていました。その動きは事前に察知していたので、お酒は入手済み。

朝食

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(上の階から朝食会場を眺める)
上の階から朝食会場を眺める
新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(朝食会場の入り口、ランチビュッフェもここで行われる)
朝食会場の入り口、ランチビュッフェもここで行われる
新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(コロナ対策ありの朝食会場)
コロナ対策ありの朝食会場

▲ マスク、手袋、体温をチェックした上でのビュッフェ形式の朝食となります。テーブル間は間仕切りも用意されていて、緊張感のある雰囲気でした(苦笑

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(この日の朝ごはん)

▲ この日の朝ごはん。普通に美味しいのですが北海道らしさがもうちょっと欲しかったかなぁ…と。

新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(もうちょっと北海道っぽいものが欲しい)
新千歳空港「エアターミナルホテル」ブログレビュー(カレーとサバ)

まとめ

新千歳空港のターミナル内にある「エアターミナルホテル」のご紹介でした。

温泉いいですね、チケットを一枚もらっていることですし、機会を見つけてCTSに来てサ活に励みたいと思います。空港ホテルの滑走路ビューもまた別の角度を試しに立ち寄ろうと思います。

そういえば、成田空港でも滑走路が見えるホテルにステイしたことがありました。

ホテル宿泊記
スポンサーリンク
\ 記事が役に立ったらシェア!/
このブログを購読してみる
スポンサーリンク
思考ゼロで使ってしまうAgoda、やっぱここ
agoda-square-banner

Agodaは私がもっとも使うホテル予約サイト。

もう10年以上使っている。操作インターフェースに慣れたというのもあるのだけれど価格で調べると結局アゴダが安くて使ってしまう。繰り返し使うことでクーポンも定期配布にされるので虜になってしまう。どうやら私は、「Agoda VIP」らしいw

最近は民泊や空港〜ホテル間の送迎も強化しており、ホテル選びするならまずアゴダは目を入れるべきサイト。

航空券とタイミング合わせるなら有無を言わずにエクスペディア

航空券と一緒にホテルを予約する場合は迷わずエクスペディア!

エア割最強です。フラッグシップキャリア・ベトナム航空の往復+四つ星で予約して55,000円 とかで行けます。普通におかしい金額。

口コミの投稿数はアゴダに劣りますが、それでも利用者数は多いです。ホテル料金はアゴダといい勝負ですが、相対的にはアゴダの方が安い気がします。エア割条件に合えば即ゴーです。

10泊止まるとなんと1泊タダ「Hotels.com」

Hotels.com は世界最大級のオンライン宿泊施設予約サイト。

ここの魅力は10泊止まるとなんと1泊タダになってしまうこと。ここ最近のホテルでは、アゴダの次に使うようにしています。アゴダより若干高い印象。金額が近い時はリワード10泊を目指すためここを使います。

アプリが使いやすいのは気に入っています。

スポンサーリンク
バジェットな旅ログ
タイトルとURLをコピーしました