ホーチミン・サイゴン川で朝食クルーズに参加、水上バスから見える街の風景

ホーチミン・サイゴン川で朝食クルーズに参加、水上バスから見える街の風景 ベトナム

ホーチミン渡航の際にサイゴン川の朝食クルーズに参加してきたのでご紹介します。

現地の観光を調べるとよく目にするサイゴン川クルーズ。鉄板のアクティビティの1つなんでしょうね。

ドンちゃん
ドンちゃん

そうよ、一度は参加しなさい

いつか参加したいな…と思っていました。

基本、ひとり旅が多いのでディナー・クルーズ(ナイト・クルーズ)とか規模の大きいものはちょっと敷居高いと思いつつ、なんとなくKlookアプリを見ていたら朝食クルーズは規模が小さそうでコレならいいかなということで申し込み。

結果、運が良かったのか船は貸切となりました。

サイゴン川が綺麗な運河かどうか…という問題には触れませんが、適度に蛇行してベトナム・ホーチミンの街並みを効率よくみれることは誰しも否定しないでしょう。

のんびり気分転換、天気もよく見晴らしの良いクルージングとなりました。

\ スマホアプリなら前日でも予約できる /
スポンサーリンク

ホーチミン水運の拠点・サイゴン川

サイゴン川(Saigon River)は、インドシナ半島東南部を流れる川の1つです。上流はカンボジアまで遡ります。ホーチミン市内ではところどころで大きく蛇行し、同市内7区付近でドンナイ川と合流してニャーベー川となり、サイゴン港から南シナ海に流れ込みます。

ホーチミンにとってサイゴン川は水運の拠点、水の供給源にもなっており重要な役割があります。

サイゴン川クルーズ乗り場へのアクセス

サイゴン川クルーズなら朝食からディナーまで(ドンコイ通りから近いフェリースポット)
ドンコイ通りから近いフェリースポット。ここからサイゴンスカイデッキまで歩いて移動できる距離です

多くの旅行者は、ホーチミン1区近辺に滞在することが多いと思いますが、サイゴン川の乗り場の1つは徒歩でアクセスすることが可能です。

ホーチミン見所の1つサイゴン川クルーズ

現地オプショナルサイトをいくつか見る限りでは、ディナー・クルーズ(ナイト・クルーズ)がポピュラーなようです。

船のタイプ・時間帯も様々(朝・昼・夜)

私が乗ったような小さなボートから大きなクルーズ船、あるいは日本の屋形船のようなタイプもあります。料金は高くてもUSD100くらいまで、安い物であればUSD20くらいから参加出来そうです。

予約方法

サイゴン川クルーズなら朝食からディナーまで(ドンコイ通りから近いフェリースポットで見られた観光メニュー)
ドンコイ通りから近いフェリースポットで見られた観光メニュー
サイゴン川クルーズなら朝食からディナーまで(かなりの蛇行。フェリースポットも点在しているようです。)
かなりの蛇行。フェリースポットも点在しているようです。

私はほとんど考えずにKlookアプリを通して予約してしまいましたが、現地予約も可能です。

英語は通じるのかな、ベトナム語だとちょっと無理ですね…

食事が提供されるツアーが多いので、予約なしよりは可能であれば事前予約しておきたいところです。

スマホで予約できるタイプの現地オプショナルアプリであれば、前日予約はできるようです。

現地オプショナルサイトのクルーズ取り扱い

人気のアクティビティのようで、いろんなサイトで取り扱いがあります。

ベルトラ で取り扱いのあるサイゴン側クルーズ
ベルトラ で取り扱いのあるサイゴン側クルーズ

▲ まずは、日系の現地オプショナル旅行会社のベルトラ。ベルトラの売りはやはり日本語での観光ができることに尽きると思います。サイゴン側クルーズは27USDからありました。

ベルトラは単体よりも他の観光との抱き合わせでツアーを作っています。

こちらはKKday(ケーケーデイ)という現地オプショナル旅行会社。Klook同様にスマホから予約ができます。ツアーの説明を日本語でみれるのが便利。前日予約ができない感じでした。

直前予約ならKlookアプリが便利

旅行の事前検討をあまりやらないオサボリな私は、前日に予約を入れました。こんな時にいつもお世話になるのはスマホアプリ「Klook(クルック)」です。値段的にもベルトラ、KKdayに比べると割安です。

サイゴン川クルーズなら朝食からディナーまで(Klookで取り扱いのあるサイゴン川クルーズ)
良心的な価格ながら前日OKという神っぷり

参考 Klookで取り扱いのあるサイゴン川クルーズ

▲ 私は右上の小さなボートツアーを予約しました。画像アップロードして気付きましたが、同じタイプでサンセット(夕日)のものもあるんですね。

Klook(クルック)でベトナム観光を探す場合は、言語を英語にした方がツアーの表示量が増えます。日本語はまだまだ強化中なようです(頑張れ)。

サイゴン朝食クルージング

サイゴン川クルーズなら朝食からディナーまで(前日でもサクッと予約できる)
前日でもサクッと予約できる

ツアーの条件

  • 48時間前までの無料キャンセル
  • モバイルか、紙のバウチャー
  • 2時間のツアー
  • ガイドは英語
  • グループツアー
  • ホテル送迎なし(オプションで選択可能)

ツアーの特徴

  • 2時間のサイゴンクルーズでホーチミンシティを異なった視点で眺められる
  • 豪華なベトナムクルーズボートで印象的なスカイラインの風景を楽しむ
  • ベトナムスタイルのローカルな朝食
  • テント有りなのでちょっとした小雨程度であれば出撃しちゃいます

所要時間と料金・価格

2時間のツアーで5,000円未満(為替によります)。

実際の観光

ホテルピックアップ

オプションでホテルのピックアップが可能です。

  • 時間:AM7:30-7:45
  • 場所:ホーチミン1区、3区
    (サービスエリア外の場合は現地集合)

ピックアップ場所に制限があり、1区または3区のみとなります。

滞在した4区のコンドミニアム
(エアビで予約した)
滞在した4区のコンドミニアム
(エアビで予約した)

今回、私はAirbnbで予約した4区コンドミニアムに滞在していました。ホテルではないので場所を説明するのも億劫なのでよく知っているサイゴンプリンス ホテルまで来てもらいました。

乗り場へ移動

1区からボート乗り場まで移動します。車で15分くらい北に行った場所でした。

サイゴン川クルーズなら朝食からディナーまで(ボート乗り場に到着)
ボート乗り場に到着
サイゴン川クルーズなら朝食からディナーまで(案外、緑豊だね)
案外、緑豊だね
サイゴン川クルーズなら朝食からディナーまで(ボート目的の同じ旅行者がちらほらと)
ボート目的の同じ旅行者がちらほらと
サイゴン川クルーズなら朝食からディナーまで(え、こんな大きいの乗るの?)
え、こんな大きいの乗るの?

▲ 帽子かぶったお姉さんがガイドです。最初にあった時に「今日はあなた一人よ」と言われます。なんだか大きなクルーズ船が目の前に現れ、ちょっと驚きます。

サイゴン川クルーズなら朝食からディナーまで(やはりボートは小さかった...)
やはりボートは小さかった…

▲ と思ったら奥へと進み、乗るのはこっちの小さい方でした(笑

そうだよね、クルーズ船じゃ予約するときの写真と全然違うしね。

ボート乗り込み、出発

サイゴン川クルーズなら朝食からディナーまで(ボート船内、リラックスできそうな感じ)
ボート船内、リラックスできそうな感じ
サイゴン川クルーズなら朝食からディナーまで(ずーっとボート奥のシートに座ってました)
ずーっとここに座ってました。
サイゴン川クルーズなら朝食からディナーまで(ボート船内)

ローカルな風景とともにバインミーな朝食

サイゴン川クルーズなら朝食からディナーまで(見た目は結構アメリカンなブレックファースト)
見た目は結構アメリカンなブレックファースト

▲ あてがわれた朝食です。見た瞬間「全部は食べられないなぁ…」となりました(苦笑

バインミーがあったのでそれをメインにしつつ、他をおかずに半分くらい食べました。

サイゴン川クルーズなら朝食からディナーまで()
サイゴン川クルーズなら朝食からディナーまで(鉄板のバインミー)
フランスパンなんてベトナムでしか食べません
鉄板のバインミー(パクチー効いていました)
サイゴン川クルーズなら朝食からディナーまで(食後のデザートはフルーツ)
食後のデザートはフルーツ
サイゴン川クルーズなら朝食からディナーまで(庶民的な風景)
庶民的な風景
サイゴン川クルーズなら朝食からディナーまで(経済活動の拠点なようで結構な船が行き来します。)
経済活動の拠点なようで結構な船が行き来します。
サイゴン川クルーズなら朝食からディナーまで

▲ 前半は長閑のどかな風景、川を蛇行して進んでいくと都市的な風景に切り替わります。

今回は写真は程々に動画をとっていました。いくらかタイムラプスでとってつなぎ合わせ、1分ほどにまとめてますので、雰囲気がお分かりになるかと。

ホーチミン・サイゴン川で朝食クルーズに参加、水上バスから見える街の風景

到着

最後は、ドンコイ通りから徒歩数分の場所でおろしてもらえます。言えば、ホテルまで送迎もしてもらえますが日中であれば歩いて周辺を観光するのがおすすめです。

サイゴン川クルーズなら朝食からディナーまで(スカイデッキからサイゴン側の眺め)
スカイデッキからサイゴン側の眺め

▲ Klookはアクティビティ利用後に写真付きのコメントレビューを入れるといくらかポイントバックされます。写真なしで30pt、写真ありで80pt。ポイントは次回以降のツアー予約時に使うことができます。

まとめ

ということで、早起きをしてサイゴン川朝食クルーズに参加した話でした。値段も手頃、時間帯も朝から夜までと融通が利く観光なのでホーチミンに行くならぜひ参加したいアクティビティの1つです。

次回以降は友人でも誘ってディナー・ナイトクルーズに参加してみたいですね。

ホーチミン観光ならサイゴン川クルーズはおすすめ!
ベトナム
スポンサーリンク
\ 記事が役に立ったらシェア!/
このブログを購読してみる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
圧倒的な取扱量と使いやすさ!
Klook.com

klookは、香港に本社を置く現地オプショナル販売サイトで案件の取扱量ではアジア最大です。2014年に設立されて日本のソフトバンクも出資しています。およそ日本人が行く地域であれば、旅の初めから終わりまで、観光や現地体験アクティビティなど種類も豊富です。

サイトの日本語化が進みつつあり、使い勝手が少しずつよくなっています。思い立った時にスマホで予約、前日や当日飛び入りでのアクティビティ参加もでき便利です。アクティビティはこのランキングでは最安レベルです!

  • ベルトラよりも取扱量は豊富
  • ウェブサイト、スマートフォンサイトの完成度が高い
  • ポイントプログラムも充実
  • 体験談の量ならNo.1
台湾から日本へ嬉しい刺客→KKday!
kkday-image

台湾発の新興現地オプショナル販売サイトです。東南アジアのアクティビティ取扱量ではベルトラに負けず劣らず、SNSでの発信力に強みあり。スマホでの親和性が高く、ライバルはKlookか。ツアーの言語は選択制、日本語がたまにないことあり。

サイトの使い勝手は現在はKKday>Klookで日本語化については一日の長があります。価格的にはKlookよりも若干だけど高い傾向がある感じ。

  • ウェブサイト、スマートフォンサイトの完成度が高い
  • SNSでの発信力はNo.1
  • ポイントプログラムも充実
  • 体験談が豊富
旅はベルトラ。

ベルトラは世界中のツアー・アクティビティを安心して予約できる専門サイトです。さすがの特化サービス、HIS/JTBよりもきめ細かなサービスに対応しつつ、対応する国々、アクティビティ数は正直圧巻の一言。スマホサイトの利便性が上がったら向かうところ敵なし。

日系なので外資のKlook, KKdayよりは値段はやや高め。それでも安心の日本語サービスが売りです。初めて行く国、言葉に不安があるひとはベルトラを選べば間違いないでしょう。

  • 取扱量が豊富、世界150カ国
  • アクティビティ数13,000件以上
  • 会員数200万人
  • 体験談がとにかく多い。
  • 旅のエキスパートによるサービスあり
バジェットな旅ログ
タイトルとURLをコピーしました