マレーシア航空でビジネススイートを堪能!A350-900で成田からクアラルンプールへ(搭乗記/MH71/JGC修行)

マレーシア航空でビジネススイートを堪能!A350-900で成田からクアラルンプールへ(搭乗記/MH71/JGC修行) マレーシア航空

マレーシア航空の最新鋭機材A350-900のビジネススイートに搭乗してきました。

時期的には、中国を発端とするコロナウィルス危険性への認知が日に日に増す2月中旬。

若干の心配はしつつも「まぁ、平気かな」と楽観的に行ってまいりました(このフライトから数週間後には日本人への視線がかなりキツくなってますが… 😨

ホーチミン(SGN)発券で往復ビジネスクラスで発券しました。クアラルンプール(KUL)経由ということで計4便のフライトです。JGC修行を考え始め調べてみると、KUL経由ほか東南アジア都市へのマレーシア航空フライトが割安なので発券することにしました。

今回のフライトも発券時は1,000ドルちょっとでした。

その後、有償アップグレードの誘いを受けていくらかBidしたら見事に当選してしまいました。ビジネスクラスからビジネススイートへの昇格。これもコロナウィルス様々でしょうか。

深夜便だったのであっという間に時間が過ぎてしまった感は拭えませんが、せっかくの上級クラスなので搭乗の様子を投稿します。

楽天Rebatesに希望する航空会社があるなら経由を忘れずに!

楽天Rebates(リーベイツ)は、楽天が運営するポイントバックサービスです。JAL、カタール航空、エティハド航空、ハワイアン航空(コロナ前はマレーシア航空、シンガポール航空も)など何社かのエアライン航空券の取り扱いがあります。リーベイツを経由して航空券を購入することで通常時1%楽天スーパーポイントがポイントバックされる仕組み。

キャンペーン時には通常時の数倍、高いところで10%程度のポイントバックがされることがあり、注目度の高いサービスです。Rebates会員登録してから30日以内に、Rebates経由で合計金額3,000円以上(税抜・送料別・クーポン、ポイント利用別) 購入すると500ポイントの楽天スーパーポイントを獲得できます。

\ 初回利用なら500ポイント獲得チャンス! /

参考 楽天Rebates(リーベイツ)の詳細はこちら

スポンサーリンク

フライト概要

この日のフライト行程
  • 1便目
    成田 〜 クアラルンプール(MH71)

    今回の投稿対象です。

  • 乗り継ぎ
    朝早過ぎだったので仮眠スペースへ

    乗り継ぎはかなり時間ありましたが、朝5時と早くまだ眠かったので空港内の仮眠施設「ウェルネススパ」で一休みしました(ブログ投稿するかも

  • 2便目
    クアラルンプール 〜 ホーチミンへ

    同じ機材、同じビジネスクラスの搭乗記は既に投稿済みです。

    関連記事 マレーシア航空 B737-800のフライト

日付 2020年2月中旬
時刻 22:28 – 05:06(定刻通り)
路線 MH71
成田 〜 クアラルンプール
機材 エアバスA350-900
マイル 4,173
Fly On ポイント 4,173

エアバス社A350-900機

マレーシア航空の所有機体は、本記事投稿時点(2020年初頭)でA350-900は6機となっています。

マレーシア航空は、2017年にボーイングB777-200ERを入れ替える形で6体のA359を導入、同社では初めてファーストクラスを提供する機材となりました。

2018年、マレーシア航空はそれまでに運用していたファーストクラスを廃止し、「ビジネススイート」へと名称変更を行いました。シートはファーストクラスのものをそのまま流用、ビジネスクラスはこれまで通りに設定されています。

参考 Traicy「マレーシア航空、ファーストクラス廃止 「ビジネス・スイート」に」

マレーシア航空A350-900座席構成
MAS/MH A350-900座席構成
クラス 奥行き 広さ 座席数
ビジネススイート 83インチ 23インチ 4座席
ビジネス 78インチ 22インチ 35座席
エコノミー
(エクストラ)
36インチ 18インチ 27座席
エコノミー 31-32インチ 18インチ 220座席

ビジネススイートの座席はA359機で4席、A380機で8席が設けられています。シートはもちろんフルフラットになります(ビジネスクラスも)。

「ビジネススイート」は、エアバス社のA350-900機とA380機で利用可能で専用チェックインカウンター、ファーストクラスラウンジへのアクセス、受託手荷物許容量50キロなどのサービスが提供されます。

ビジネススイート座席仕様
  • 1-2-1座席編成、全席通路へ直接アクセス
  • プライバシードア付きの合計4席
  • 座席ピッチ83インチ、幅23インチ(約58cm)
  • フルフラットベッド83インチ(約210cm)
  • シートの硬さを調整するエアクッション
  • パーソナライズされたラウンジ位置
  • 独立して調整可能なレッグレスト
  • 個別の24インチモニター
    • 静電容量式タッチスクリーン
    • マルチタッチジェスチャー
    • ビデオハンドセット
    • ワイドスクリーン
    • LEDバックライト付き(高精細1080p)
  • 115V AC電源とUSB 2.0ポートを装備

ビジネススイートは有償UGで獲得

今回のマレーシア航空チケットは有償で発券しました。

マレーシア航空からの座席アップグレードオファー

ホーチミンからクアラルンプール経由で成田ルートでビジネスクラス4便に搭乗でき、往復で1,000ドルちょっとの価格。これで十分に安いし満足していたのですが、その後、マレーシア航空さんから「MHUpgrade」、有償アップグレードのオファーをもらいます。

多くの航空会社が導入している所謂、「PlusUpgrade」の仕組みを使ったもので、オークション形式で上位クラスを入札(Bid)して成功すればひとつ上のクラスを体験できます。

2019年はフィリピン航空(PR)、シンガポール航空(SQ)、そして今回のマレーシア航空でアップグレードの機会を得ました。SQは失敗、PRは一度アップグレードに成功しています。

マレーシア航空MHUpgradeの入札ゲージ

▲ 特徴的なゲージメーターで入札金額を決める様子。何回かやった感じだと人気機材なら入札額を高く、不人気・閑散期なら入札額を低くしていくのが良いような気がします。

有償してまで上位クラスを?とのご意見もあるかもしれませんが、まぁブログのネタにもなるし、良い体験にもなる。

入札に成功すれば当然、追加の課金も発生しますが、失敗してもクレカチャージされないのでちょっとしたゲーム感覚です。考え方によっては上位クラスを分割払いにしているとも考えられなくない。

成田空港にて

カウンターチェックイン

マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記()

▲ 早めの3時間前に空港に到着。それでも結構人がいました。チェックインカウンターは3クラスに別れていたので、遠慮なくビジネススイートのカウンターでチェックインさせてもらいました。

AAラウンジに別れを告げる

ラウンジは、マレーシア航空のFクラスということで心の中で「ひょっとしてJALダイヤラウンジ使えるのかな…」とワクワクしていたのですが、案内されたのはサクララウンジでした… Orz

いちおう、同じワンワールドのアメリカン航空、カタール航空のラウンジにも入れるみたいなので2020年3月中に閉鎖が確定しているアドミラルクラブに先に入り、その後サクララウンジへと移りました。

AAラウンジは閉店間際だったのでフードはあまりなかったです。お昼くらいに行くと、食事は充実しています。シチューが絶品、時間帯によってはJALカレーも食べられます(もう閉まるけど

搭乗記

優先搭乗

ほぼ定刻通りに搭乗です。

マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(小さいけどペトロナスツインタワー が写っている粋だね)
小さいけどペトロナスツインタワー が写っている粋だね
マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(A359のフロントマスクがイケメンな件について)
A359のフロントマスクがイケメンな件について
マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(ファーストクラス❤️)
ファーストクラス❤️(そういう扱い)

▲ なんちゃってとはいえ、ファーストクラス扱いのようです。

機内の様子

マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(本日のお座席です)
本日のお座席です

▲ 本日はA359先頭右端の「1K」をいただきました。個室感ありありで興奮度が増します。

マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(たった4席しかないビジネススイート!)
たった4席しかないビジネススイート!
マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(個室感ありあり)
個室感ありあり

▲ めったに乗れるものでもないので色んな角度から撮影します。

マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(扉を閉めると個室感が増します)
扉を閉めると個室感が増します
マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(シート横にはちょっとした収納スペースがある)
シート横にはちょっとした収納スペースがある
マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(シートコントローラー類)
シートコントローラー類
マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(機内安全のしおりやら機内誌)
機内安全のしおりやら機内誌
マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(ウェルカムドリンクといえばシャンパンです)
ウェルカムドリンクといえばシャンパンです

アメニティ類

マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(パジャマもらいました)
パジャマもらいました
マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(ノーブランド?ヘッドホン)
ノーブランド?ヘッドホン
マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記()

一通りのスペック確認を終えた頃に、マレーシア航空さんのご担当者さんが挨拶に来てくれました。

MH-CAさん
MH-CAさん

ミスター・チャンビア。本日、私が担当します。

マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(マレーシア航空CAさんの華やかな制服)
写真は許可もらいました。
マレーシア航空CAさんの華やかな制服

機内食・ドリンク

マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(機内食メニュー)
機内食メニュー

▲ メニューはもらいつつも特別食(低糖質ミール)になっていました(いや自分でそうしたワケだけど

前菜はお決まりのサテー

マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(再びシャンパン)
再びシャンパン
マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(マレーシア航空の前菜といえばコレ!)
マレーシア航空の前菜といえばコレ!

▲ 数あるブログを見ても、マレーシア航空ビジネスクラス以上の前菜といえばこのサテー。右のソースは、見目は辛そうですが実は粗いたピーナッツを甘めに和えたソースです。

インドネシア、マレーシア、シンガポール、フィリピン、タイなどの東南アジア諸国で広く食べられている串焼き料理で日本人の口には「絶対に」合います。

マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(なんか色々来たぞー)
なんか色々来たぞー

サテーで就寝前は終わるかと思いきや次から次へと出てきました。

マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(どうやらキャビアらしい)
どうやらキャビアらしい
マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(これが上流階級で食されているキャビアというものか)
これが上流階級で食されているキャビアというものか

▲ お洒落にキャビアが出てきました。記憶を辿ってもおそらく初めてですね。魚介独特のクセがあるので何回か食べないと慣れなそう… ガーリックトーストは美味しかった。

メインとデザート

マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(低糖質ミールは本当に軽めの食事)
低糖質ミールは本当に軽めの食事

▲ 就寝前は終わりかと思いきや、一気に攻め立ててくるマレーシア航空。

どうやら、目覚めの食事ではなく就寝前に全て終わらせるオペレーションのようです。ラウンジでも相当量食べているので苦しい…

しかし、そんなことを私は予測していたのか、食事は低糖質の特別食を選んでいました。本当に軽い感じで、飲んだ後のラーメン感覚で食べてしまいました…

マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(食後のデザート)
食後のデザート

機内コンテンツ

マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記()

▲ 機内コンテンツはほとんど見なかったですね。

今思うと、この後で空港でかなりの時間を過ごしたので映画の一本でも見ておけばよかった。

マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記()

フルフラットとパジャマでお休み

マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記()

▲ MHさんのパジャマ。これって持って帰っちゃダメなんですかね?w(返却しました)

着心地はよかったです。スウェット風で身動きも楽。飛行機でパジャマで寝れるなんてほんと贅沢。

マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(Aspinal of Londonアメニティー)
Aspinal of Londonアメニティー

▲ 色々食べたので歯を磨いて寝ます。

マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(シートをフラットにしました)
シートをフラットにしました
マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記(ここは自宅か)
ここは自宅か

着陸

食事したら本当に寝ていただけ。そんなフライトでした。

欲をいえばもう少し時間が欲しいw

マレーシア航空A350-900ビジネススイート搭乗記()

終わりに

東京からの便なので、ファーストクラスラウンジは使えませんでしたが、フライトそのものは快適でした。逆の路線であればゴールデンラウンジ・ファーストクラスエリアに入れますよね。いつか、潜入を願いたいところです。

そういえば、マレーシア航空は資金源が怪しいという報道を昨年みかけ、現在はコロナ旋風が吹き荒れる日々。ワンワールドでMHなくなると悲しいのでなんとか堪えてもらいところです。

楽天Rebatesに希望する航空会社があるなら経由を忘れずに!

楽天Rebates(リーベイツ)は、楽天が運営するポイントバックサービスです。JAL、カタール航空、エティハド航空、ハワイアン航空(コロナ前はマレーシア航空、シンガポール航空も)など何社かのエアライン航空券の取り扱いがあります。リーベイツを経由して航空券を購入することで通常時1%楽天スーパーポイントがポイントバックされる仕組み。

キャンペーン時には通常時の数倍、高いところで10%程度のポイントバックがされることがあり、注目度の高いサービスです。Rebates会員登録してから30日以内に、Rebates経由で合計金額3,000円以上(税抜・送料別・クーポン、ポイント利用別) 購入すると500ポイントの楽天スーパーポイントを獲得できます。

\ 初回利用なら500ポイント獲得チャンス! /

参考 楽天Rebates(リーベイツ)の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました