変換プラグ必須!ベトナムの電源・電圧・コンセント事情。

変換プラグ必須!ベトナムの電源・電圧・コンセント事情。トラベルハック
スポンサーリンク

海外で使う多機能な変換プラグを新調しました。プラグがいろんなタイプに変更できてUSBがたくさんあるやつです。以前のものを旅先で紛失してしまったので買いなおし。

この記事投稿からしばらくするとベトナムへ渡航します。ちょうどよいのでベトナムの電源プラグや電圧・コンセントに関する記事を投稿します。

ドンちゃん
ドンちゃん

日本の電化製品は使えるの?プラグはどんなタイプが必要になるの?

ベトナムでは変換プラグは必須アイテムの一つです。

広く使われているCタイプのプラグは日本のAタイプとは異なります。Aタイプと互換性があるコンセントもありますが、古いホテルだとプラグ形状が合わないタイプもあります。電源が使えないと本当に困るし、ホテルスタッフに貸し出しを依頼するにも英語すら伝わるのか不安な場面があります。

アマゾンで数多くの海外用の変換プラグの取り扱いがあります。一つあれば、多くの国で使えるので重宝します。

スポンサーリンク

ベトナムの電源プラグ・コンセント事情

日本より電圧が高いベトナム

ベトナムの電圧は220ボルト/50ヘルツが主流です。

電圧(V)周波数(Hz)
ベトナム220v50Hz(ヘルツ)
日本100v50Hz(ヘルツ)~60Hz(ヘルツ)

日本の電圧は100Vなので2倍以上の電圧となります。

電圧とは電気を流すピストンのような役割を持ちます。電圧が強いと多くの電流が流れ、弱ければ少なくなります。

電圧・電流の仕組みは水鉄砲に例えるとわかりやすい
電圧・電流の仕組みは水鉄砲に例えるとわかりやすい
  • ピストンを押す力が強ければ、電流の量が多くなります。
  • ピストンを押す力が弱ければ、電流の量が少なくなります。

日本の多くの電化製品は、100V設計なのでここに倍以上の電圧で電流が流れると故障する可能性があります。プラグの形状が合っているといって製品が許容できる電圧を見ずに、電化製品を使うのは得策とは言えません。

変圧器は必要か?

昨今は電圧が「100-240V」とユニバーサル設計なものが増えています。この表記を確認できる機器であれば、変圧器は不要となります。

スマートフォン、タブレット

手持ちでiPhone11、iPad Pro、Xperia10があります。いずれの充電器も「100-240V」対応でした。最近のものであれば、大丈夫だと思いますが念の為、充電器を確認することを薦めます。

ノートパソコン/Macbook

一般的に、ノートパソコンやMacbookに付随しているACアダプターは、様々な電圧に対応しているため海外でも使うことが出来ます。

デジタルカメラ

大抵のものは本体とは別にバッテリーチャージャーがあると思います。私は古いPanasonic DMC-G7を使っていますがバッテリーチャージャー自体は「100-240V」対応です。

ACアダプター

ACアダプターは商用電源を交流から直流に変えたり、電圧を変換したりする電子機器です。100V~240Vの商用電源が、安全な低電圧に変換され、ユーザーの取り扱う機器に低い電圧で電力が供給することができます。

プラグタイプ・コンセントの形状→基本はCタイプ

変換プラグ必須!ベトナムの電源・電圧・コンセント事情(電源ソケット)

ベトナムで使われているプラグタイプ・コンセントの形状は基本はCタイプです。そのほかにも以下のタイプが使われることがあります。

変換プラグ必須!ベトナムの電源・電圧・コンセント事情(ベトナムで使われている電源プラグ・ソケット・コンセント)
ベトナムで使われている電源ソケットタイプ

Cタイプの場合、日本のAタイプをさせることが多いのでうまくハマって電圧に問題がなかれば使うことができるはず…

と思っていたんだけど合わないホテルがあった(たまたま?

変換プラグ必須!ベトナムの電源・電圧・コンセント事情(サイゴンプリンスホテル は日本のプラグが使えなかった)
サイゴンプリンスホテル は日本のプラグが使えなかった

グェンフエ通り沿いの日本人にも人気のサイゴンプリンスホテルを以前利用しました。そこのプラグ形状はCタイプでした。日本のAタイプも入るはず…と思い、挿すと入らない(コンセントも古かったせいか)

周辺の電気ショップでCタイプのプラグを二つ買いましたが、一つは不良品、もうひとつはなんとか使えました。大抵のものは現地で買えばよいという考えがあるものの、二つに一つの粗悪品にあたってしまうのではちょっと考えさせられます。

一つあると重宝!海外用の多機能変換プラグ

アマゾンを探すと数多くの変換プラグが売られています。私が選ぶときの軸はこんな感じ。

海外用の多機能変換プラグ選び方
  • 100-240V, 50Hz/60Hz対応
  • 対応国が多いもの
  • プラグタイプが豊富なもの
    (行きそうな渡航国は最低カバーしておく)
  • コンパクトで持ち運びやすいもの
  • USBが豊富だと超便利
  • 価格は2,000円前後

アマゾンで探すと取り扱いブランドが数多くちょっと迷います。Amazonチョイスになっていたり、レビュー数が多く評価の高いものを選ぶとよいでしょう。私はスポンサープロダクトになっていることが多く、評判も良かった「Evershop」というブランドで購入しました。

売れている製品はこの「Evershop」と同じような特徴を持ちます。

写真はタップ(クリック)で拡大、スライドできます。

世界150カ国対応の電源変換プラグ。ベトナムでももちろん使える(かわいいポーチ付き)
かわいいポーチ付き
変換プラグ必須!ベトナムの電源・電圧・コンセント事情(アマゾンで探すと色々な変換プラグがあります)
アマゾンで探すと色々な変換プラグがあります

参考 アマゾン「海外 変換プラグ」検索結果

同じようなものがたくさんあるので、デザインや予算から選ぶと良いと思います。

変換プラグ必須!ベトナムの電源・電圧・コンセント事情(機能性が高く複数台の充電も一挙にできる)
機能性が高く複数台の充電も一挙にできる

▲ 旅先での使い勝手も抜群。複数台のスマートデバイスを一挙に充電できます。

ヘアドライヤー

海外で使うドライヤーは世界対応タイプか、現地で買ったほうが良い
海外で使うドライヤーは世界対応タイプか、現地で買ったほうが良い

消費電力が大きいわりに持ち運びやすいヘアドライヤー。ついつい海外にも持っていきたくなります。

私はかつてカナダ・バンクーバーに留学していたことがありますが、その際に日本から持ち込んだヘアドライヤーをそのまま使ってしまい壊したことがあります。一般的に、ヘアドライヤーは消費電力が大きいので日本のものをそのまま海外で使おうとするのはNGです。

ドライヤーのようなモーター内蔵機器は消費電力の3倍程度を賄う変圧器が必要となり、旅行に持っていくには現実的ではありません。

中堅以上のホテルであればドライヤーが備わっているか、ホテルスタッフに言えば貸し出してくれます。ただし、製品自体は粗雑なことが多いので、ヘアースタイルを気にする女性は海外対応のドライヤーを一つ持っていくと良いと思います。

ドライヤーやヘアアイロンにこだわりのある女性は、現地で購入するか海外対応のものを持っていくことを薦めます。多くは低電圧・高電圧を切り替える仕組みのようです。

まとめ

ベトナムの電源プラグや電圧・コンセント事情についてまとめてみました。電源の変換プラグは旅行者にとっては鉄板のトラベルグッズです。紛失しやすいので、そこそこの値段で品質が良いものを選びたいところです。

Amazonで買い物するならギフト券チャージがお得!

アマゾンのギフト券チャージをご存知でしょうか。そのまま購入するよりもチャージしたギフト券経由で品物を購入すると【お得】になります。

ギフト券チャージにはいくつかのチャージ方法がありますが、おすすめは現金経由です。チャージするたびに最大2.5%のポイントがもらえます。

アマゾンを使う多くの人が入会するAmazonプライム会員。お得すぎる会員特典は多岐に渡り、ギフト券メリットもその一つとなります。

初回チャージならさらにお得!

1,000円のポイントがもれなくもらえるキャンペーンを実施中です。

\ 初回チャージなら 1,000円もらえちゃう♪ /

チャージはコンビニ・ATM・ネットバンキングで

トラベルハック
スポンサーリンク
ご覧いただき感謝です。記事の品質がブースト的に向上するボタンは次の通りです。
このブログを購読してみる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログの購読はこちら

バジェットな旅行記ロク、主に東南アジアを中心とした旅行ブログです。

ブログ投稿は週に2, 3回です。写真多め、見やすい記事をお届けします。

バジェットな旅行記ロク
タイトルとURLをコピーしました