洗練された類似品。有線テンキー付の安いMacキーボードに交換してみた(Satechi)

洗練された模倣品。有線テンキー付の安いMacキーボードに交換してみた。ガジェット
スポンサーリンク

自宅用Macのキーボードを新調しました。純正品ではなく、類似品(模倣品)です。

iMac、Macbookともに複数世代を使う10年以上のMacユーザーです。Macのキーボードの良さ・イマイチさは理解しています。Macのキーボードってまぁ見た目もよいし、打ち心地も悪くはないのですが、値段が高いわりによく壊れます。

キーボードのキーが沈まなくなったり、一部が反応しなくなったり、電源不良に陥ったりと理由は様々ですが、数年使っていると新たなハードウェア購入を促す一種のプログラミングのごとく….

壊れます(怒

現在使っているものもキーの打鍵がわるく、よく使うキーの沈みが甘くなっています。加えて、Bluetoothの旧型なのでしょっちゅう電池交換をしないといけない(最新は充電可能ですが)。

消耗品なので仕方ないのですが、いざ購入しようとするとやはりAppleさまの価格の高さに恐れおののきます。ということで、Amazonさんで似たような製品がないか、探して評判の良さそうなものを購入することにしました。

見た目が似ていて、今は純正品では購入することができない有線テンキー付きのMac用キーボードをレビューします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Satechi アルミニウム USB有線キーボード(Mac用)

Satechi(サテチ)とは

Satechi アルミニウム  Mac用USB有線キーボード
Satechi 公式サイト

名前自体ははじめて聞きました。アメリカ・サンディエゴにある会社のようです。公式サイトもあって、のぞいてみるとアップルの付属品関連に特化した製品を販売しています。アマゾンには、有線・無線のSatechi製品が結構取り扱われています。

ひとまずすぐに消えそうな製品ではないか…ということで記事にしています(苦笑

前にAirpodsの類似品購入して記事にしたんですけど、あっという間に消えてしまいました。レビュー書いたら、製品消えるとすごく悲しいので今度は長く市場に存在してくださいな。

仕様・スペック

Satechi Mac用USB有線キーボードスペック
ブランドSatechi(サテチ)
型番ST-AMWKS
カラー購入したのはシルバー
(ほかにスペースグレイ、ゴールド、ローズゴールドあり)
商品の寸法43cm x 12cm x 1cm
重量476g
対応製品
  • iMac Pro
  • iMac
  • Mac Mini 2018
  • MacBook Pro
  • MacBook Air
  • MacBook
  • MacOS v10.4 or later
  • 一部製品ではUSBタイプCからタイプAへのアダプタが必要
保証1年間
主な特徴
  • US配列
  • テンキー付き
  • 安心の有線接続
  • ホットキー・ショートカットキー付き
  • 洗練された模倣デザイン
  • Apple Mac用

Amazon上の評判・口コミ

概ね良い評価ではありますが、投稿コメントの多くが米国のものなんですよね。自動翻訳も含まれるのでしょうか。評価は良いもの、欠点を指摘するものもあるので参考にはなります。

Satechi Mac用USB有線キーボード・レビュー

Satechi アルミニウム  Mac用USB有線キーボード(商品画像)

画像 Satechi 有線 Macキーボード(Amazon)

外観

Satechi アルミニウム  Mac用USB有線キーボード(外箱)
外箱

洗練された類似品(模倣品)

開封の義ってやつ忘れました。とはいえ、箱とキーボードしか入ってません(説明書あったか?)

Satechi アルミニウム  Mac用USB有線キーボード(キーボードを取り出したところ)
キーボードを取り出したところ

言われないと気づかないかもしれない…(笑

Satechi アルミニウム  Mac用USB有線キーボード(純正のトラックパッドと並べても見た目よし)
純正のトラックパッドと並べても見た目よし

そのくらいよくできていますね。良い意味でアップル感が出ています。トラックパッドは純正品を使っていますが、並べてみても違和感がない。

キーはUS配列

まず、キーボードキーの配列はJISではなくUS配列になります。記号の位置が大きく変わります。調べましたが、サテチでJIS配列はないですね。JIS配列で格安をお探しの方は、iBUFFALOから製品が出ています。

テンキー付き

Satechi アルミニウム  Mac用USB有線キーボード(テンキーが付いています)
テンキーが付いています

テンキーの存在はひとによっては有難いのでしょうか。テンキーの分、スペースはとられますがデータ入力、会計処理をする人にとってはありがたい存在です。

安心の有線接続

Satechi アルミニウム  Mac用USB有線キーボード(MacMiniに接続してみた)
MacMiniに接続してみた

長らくBluetoothを使っていますが、今回あえて有線に戻しました。

旧型のMacキーボードは電池交換式です。私は使わないときに電源を切らないのでほぼ毎月電池交換を促されていました。電池交換ってわりとわずらわしいですよね。

また、キーボード自体はほぼ動かさないので、それであれば別にケーブルがあっても困らないかと思い有線タイプにしてみました。

使い方

速いレスポンスのシザースイッチキー

Satechi アルミニウム  Mac用USB有線キーボード(キーは少し高い感覚があるけれど打ちやすい)
キーは少し高い感覚があるけれど打ちやすい

キーには、レスポンスが早く静音性にすぐれたシザースイッチキーというものが採用されています。購入したての現在はキーの沈み込みがやや硬く感じますが、使っているうちにこれは変わっていくでしょう。

キーピッチ、キーストロークはメーカー側での情報開示が見当たらないので正確な数字はわかりませんが入力している感覚では純正品と大差はありません。

タッチしている感覚としては、少しキーの押し下げ範囲が純正よりも広いような気がします。とはいえ、押しづらいというわけではなく、タイピング感覚としては快適です。

有線ケーブル(USB-Aタイプ)付属

Satechi アルミニウム  Mac用USB有線キーボード(安定のUSB-A接続)
安定のUSB-A接続

使っている、2018年のMacMiniはUSB-A、USB-Cどちらもインターフェースがあります。旧型デバイスをお使いでUSB-Cインターフェースがない方にはありがたいUSB-Aタイプの接続です。

有線でのキーボード接続ならどちらでも良いでしょうね。

ホットキー・ショートカットキー付き

Satechi Mac用USB有線キーボード ホットキー(左から)
Escホットキーなし
明るさを下げる
明るさを上げる
スポットライト検索
Mission Control
デスクトップを片付ける操作
アプリの切り替え
前のトラック
再生/一時停止
次のトラック
ミュート
音量ダウン
デバイスを取り出す

▲ 私はMacMini+外部モニター環境で作業します。明るさのボタンが効かないですね。Macbook、iMacなどであれば動くんだと思います。

Caps Lock オン・オフ

Satechi アルミニウム  Mac用USB有線キーボード(Caps Lockがオンの状態)
Caps Lockがオンの状態

CAPSキーはTabキーの下にあります。不意にCaps Lockをオンにしてしまった時はテンキーの「cut」キー上のLEDが点灯します。消えればCaps Lockはオフ。

日本語変換

英字配列のキーボードです。

Satechi アルミニウム  Mac用USB有線キーボード(Macキーボードとスペースキー周辺を比較)
Macキーボードとスペースキー周辺を比較

▲ 通常、「英数」変換がスペースキーの左側、「かな」変換がスペースキーの右側にあります。英字配列だとこの「英数」「かな」の両キーが存在しない。どうやって変換するか。

ググるといくつか方法があるらしいのですが、ソフトウェアを入れずに変換する方法は、

「Ctrl + スペースキー」

です。入力していると現在どちらの状態かわからなくなることがあるので、その時は画面右上上部を見るようにしています。右上に視線を運ばずに確認する方法はないものか…

とネットを探していたらCaps Lockを日本語切り替えにできるようなのでやってみました。

Satechi アルミニウム  Mac用USB有線キーボード(CAPS LOCKを日本語・英字切り替えにする設定画面)

▲ Macの右上の方に↑みたいなメニューがあります。「あ」とアイコンがあるところから日本語の環境設定を開きます。

Satechi アルミニウム  Mac用USB有線キーボード(CAPS LOCKを日本語・英字切り替えにする設定画面)
CAPS LOCKを日本語・英字切り替えにする設定画面

▲ 元の設定「Caps Lock」から「オフの時に英字を入力」という設定に切り替えます。

とりあえず、これで普段は全く使わないCAPSLOCKキーを日本語切り替えとして使うことができます。この変換自体はすぐになれます。元のCTRL+スペースキーよりは断然こちらの方が扱いやすいです。

メリットとデメリット

良いところ
  • 見た目、ほぼApple
  • キーの打ち心地が良い
  • 安心のテンキー付き
  • 電池交換しなくて良い
残念なところ
  • 英字配列が克服できない人は辛い
  • 日本語変換がやりづらい(解決)
  • Enterキーが小さい
  • deleteキー周辺のプリントスクリーンを間違えて押しやすい

まとめ

実はこれ以外にも東プレの製品もやはり気になっていました。

純正品の2倍の値段と素晴らしい価格帯ですが、職場では東プレ REALFORCEを使っていた時期もあり打ちやすさはよく知っています。製品名からわからないように「Mac」を取り外してくれれば、職場でこっそりと購入させるのですが(笑

Satechi Mac 有線キーボードはこんな人におすすめ

もう何度となくMacのキーボードを交換して、値段の割に壊れやすいアップルのキーボードが若干ムカついている。英字配列は問題ない、見た目さえMacらしさを維持していればそれでいいじゃないか。

という方々。

こっちは東プレ。うーん高い。

スポンサーリンク
Amazonで買い物するならギフト券チャージがお得!

アマゾンのギフト券チャージをご存知でしょうか。そのまま購入するよりもチャージしたギフト券経由で品物を購入すると【お得】になります。

ギフト券チャージにはいくつかのチャージ方法がありますが、おすすめは現金経由です。チャージするたびに最大2.5%のポイントがもらえます。

アマゾンを使う多くの人が入会するAmazonプライム会員。お得すぎる会員特典は多岐に渡り、ギフト券メリットもその一つとなります。

初回チャージならさらにお得!

1,000円のポイントがもれなくもらえるキャンペーンを実施中です。

\ 初回チャージなら 1,000円もらえちゃう♪ /

チャージはコンビニ・ATM・ネットバンキングで

ガジェット
スポンサーリンク
ご覧いただき感謝です。記事の品質がブースト的に向上するボタンは次の通りです。
このブログを購読してみる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログの購読はこちら

バジェットな旅行記ロク、主に東南アジアを中心とした旅行ブログです。

ブログ投稿は週に2, 3回です。写真多め、見やすい記事をお届けします。

バジェットな旅行記ロク
タイトルとURLをコピーしました