Osmo Mobile2 そろえておくと便利なアクセサリー 5選

Osmo Mobile2 アクセサリーガジェット
スポンサーリンク

Osmo Mobile2を購入してまもなく半年くらいです。今度ベトナムに旅行予定があるので色々アクセサリーを買い揃えているところです。

ジンバルは便利なんだけど、ちょっとずつ「何か」が足りないガジェットでもあるので、「Osmo Mobile2を買ったら欲しいアクセサリー」をまとめてみました。 購入済みのものや、検討中のものが含まれます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Osmo Mobile 2に足りないアクセサリーを考えてみる

保管しづらい、純正ケースは誰も持ち歩かない

Osmo Mobile2 外箱とケース

純正ケース」といってよいのか単なる包装のひとつ(?)なのか知らないけれど、発砲スチロールのイマイチ感が漂いすぎるハードケース。スーツケースに入れても場所をやたらとるので、とてもじゃないけど持ち運べないです。

手持ちだけではなく、時には固定して撮影したい

DJI Osmo 延長ロッド
DJI Osmo用の三脚

Osmo Mobile初代には三脚穴がなく、純正の延長棒と三脚が必要でした。または、Osmo Base(ベース)と呼ばれる卓上に置く「奇妙な」アクセサリーが必要でした。普通に三脚穴つければよいだけなのに、なんだか悪意にみち溢れた設計ですね…

三脚があると撮影の幅が広がりますよね。タイムラプスはどちらかというと固定してとったほうが良いかな。特にモーション・タイムラプスのときは。 固定したモーション・タイムラプスは一度ツイートで流しています。ちょっと最後の方がピントずれ起きいるのはご愛嬌。

持ち歩きの際に落とさない「安心」が欲しい

ストラップのイメージ

Osmo Mobile2はストラップがついてないです。なにかの拍子にジンバルを落とすと壊れる原因になりそう。特にモーターがついているところは繊細なつくりなので外的な衝撃でバランスとか悪くなったら後悔間違いなし。ストラップで「安心」を求めたい。

そういえばGoPro余っている。これ使えないの?

Osmo Mobile2 用に GoPro 余ってませんか

あまり使っていませんがGoPro Hero5を持っています。手振れ補正がついていますが、手振れ補正をONにすると画角が狭まります。(ブレ部分を切り取るので仕方ないですね) GoProってそんなに大きいものでもないし、せっかくならジンバルに取り付けて活用したいですよね。

もっと広角に、もっと望遠に。デジタルズームじゃ満足できない

カメラレンズがたくさん

Osmo Mobile2には、デジタルズームがついています。大抵の用途はこれでよいでしょう。でももうちょっと広角で撮影したい、望遠は画質の劣化なく録画したいということであればスマホの外付けレンズがあってもよいかも。

もっと良い音で録画を追求したい

マイク

動画なら「音」も重要なコンテンツ。どうせなら良い音で撮影したい。

そう、要するにこれらが足りないモノ。

  1. ジンバルを収納、保管するためのケース
  2. ジンバルを固定するための三脚
  3. ジンバルを落とさないようにするための肩掛け/リストストラップ
  4. GoProをジンバルでも活用するためのアダプター
  5. スマホに取り付けるレンズ
  6. もっと良い音で録音するための外部マイク

この中で、外部マイクは断念する結果となりました。

Osmo Mobile2には、外部マイクを取り付けるためのインターフェースが「ない」です。

後はスマホに取り付ける方法が考えられますが、スマホを横にしてジンバルに取り付けると充電口がふさがれます。

したがって、市販のスマホ用マイクは取り付けることができない。 ポートレートモード(縦)のみだと用途が狭まるので金額を考えると投資は「ない」という結論に至りました。

 

スポンサーリンク

 

Osmo Mobile2 そろえておくと便利なアクセサリー5選

外部マイクを除いて、そろえておきたいアクセサリーをご紹介します。

軽量ソフト/ハードケース

ジンバルの保管、収納時の取り回しの悪さを改善すべく、軽量ソフトケースを購入しました。

Osmo Mobile2 ストラップ付きケース 実際に入れた様子

持ち方が肩がけにできたり、ストラップで手にぶら下げて持てたり使い勝手は良いです。

軽くて持ち運びやすい

このポーチタイプの軽量ケースは、次の記事にしています。

Osmo Mobile2 持ち運びに便利なストラップ付きケースを入手
Osmo Mobile2 を購入してしばらくたちます。純正のハードケースはやや使いづらいため、サードパーティの軽量ソフトケースを購入しました。ストラップがついて持ち運びに便利なポーチ型ケースをご紹介します。

軽量なミニ三脚

Osmo Mobile2では三脚穴がつきました。一般的な一脚、三脚は取り付けられます。元々マンフロットのミニ三脚を持っていました。ちょっとした固定用途ならこれで十分。

Osmo Mobile2 にスマホを取り付けた2

マレーシア旅行に行った時に持って行きました。ピンクモスクで有名なプトラ湖でクルージングする機会があり、Osmoで動画を摂ってみました。こういう時に小さくても三脚がある便利です。

ミラーレス一眼でも使いやすいミニ三脚

 

便利な肩掛け/リストストラップ

購入したポーチタイプの軽量ケースは、ポーチに入れていればストラップで持ち歩けます。ケースから取り出すと、ストラップはないので安いやつを付け足しました。

三脚穴がふさがってしまいますが、撮影しないときに手首にぶら下げておけば良いので楽です。

ピークデザインを持っている人はそのまま流用可能です。

GoProアダプター

アクションカムの類は、Osmo Mobile2にアダプターを介して取り付けられるという記事やYoutubeを見たので、値段も高くないのでひとつ買ってみました。

この手のアダプターは中華モノだとは思いますが、アマゾンで検索するとたくさん出てきます。販売実績が豊富な出品者を選ぶようにしましょう。

正直なところ、Osmo特有の機能はほとんど使えないのでジンバル特性のみがメリットって感じ。また、時間があるときに記事にする予定です。

スマホに取り付けるレンズ

クリップ形式でサクッと取り付けられるAkingerのレンズ。広角、魚眼、マクロレンズなどがセットになっています。価格もそれほど高くないので、Osmoでの利用に限らず使い道がありそうです。

最後に

 

 

以上、「Osmo Mobile2を買ったら欲しいアクセサリー」のご紹介でした。動画を撮影するにはとても便利なジンバル。持ち運びにしても、撮影にしても快適さを求めたいですよね。また、アクセサリーを購入したら記事にしたいと思います。

 

Osmo Pocketが出ましたね… これはかなりの物欲をそそられます。

まぁ、Osmo Mobile 2はスマホが変わっても使えるわけだし誘惑に負けずしばらく使います。Osmo Mobile 2はPocketの価格三分の一、今持っているスマホカメラを利用できるという強みがあるわけですし。

スポンサーリンク
Amazonで買い物するならギフト券チャージがお得!

アマゾンのギフト券チャージをご存知でしょうか。そのまま購入するよりもチャージしたギフト券経由で品物を購入すると【お得】になります。

ギフト券チャージにはいくつかのチャージ方法がありますが、おすすめは現金経由です。チャージするたびに最大2.5%のポイントがもらえます。

アマゾンを使う多くの人が入会するAmazonプライム会員。お得すぎる会員特典は多岐に渡り、ギフト券メリットもその一つとなります。

初回チャージならさらにお得!

1,000円のポイントがもれなくもらえるキャンペーンを実施中です。

\ 初回チャージなら 1,000円もらえちゃう♪ /

チャージはコンビニ・ATM・ネットバンキングで

ガジェット
スポンサーリンク
ご覧いただき感謝です。記事の品質がブースト的に向上するボタンは次の通りです。
このブログを購読してみる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログの購読はこちら

バジェットな旅行記ロク、主に東南アジアを中心とした旅行ブログです。

ブログ投稿は週に2, 3回です。写真多め、見やすい記事をお届けします。

バジェットな旅行記ロク
タイトルとURLをコピーしました